スポンサー

Glass Design from Finland, the Land of Forests and Lakes




みなさん、こんにちは!

先週末、六本木ミッドタウンにあるサントリーミュージアムで開かれている’森と湖の国フィンランドデザイン展’に行ってきました!2013年の1月20日まで開かれているようなので、興味のある方や週末の午後時間がある人はぜひ行ってみる事をおすすめします。

デザイン展ではアルバアイノ・アルトカイ・フランクタピオ・ヴィルッカティモ・サルパネバオイヴァ・トイッカのデザインを中心にヌータヤルビ、リーヒマンラッシ、イッタラなど、約150点のアイテムが展示されていました。展示のテーマは’タイムレスデザインプロダクト’という事で18世紀後半から現代までのフィンランドの美しく、シンプルな普段使いのグラスアイテムが展示されていました。

展示品の写真撮影はもちろん禁止されていますが、一部展示については撮影OKだったためブログに添付します。とても楽しめる展示でした。すこしでも写真で雰囲気が伝わればと思います。

突然ですが、数日後にはフィンランドに帰省します!!
次のブログは、サウナに入って、フィンランドの昔ながらのクリスマス料理を食べてから更新します!

アンナ

Glass Design from Finland, the Land of Forests and Lakes

Last weekend we went to see the ongoing exhibition “Glass Design from Finland, the Land of Forests and Lakes” in Suntory Museum of Art at Roppongi Midtown. The exhibition runs until Sunday 20th January 2013, so if you are looking for something to do on a weekend afternoon, I can highly recommend paying a visit.

The exhibition showcases about 150 glassworks mostly from Nuutajarvi, Riihimaen lasi and Iittala featuring works from masters such as Alvar and Aino Aalto, Kaj Franck, Tapio Wirkkala, Timo Sarpaneva and Oiva Toikka. The purpose of the exhibition was to showcase “timeless design products”, and the beauty and simple aesthetics of everyday glass items from late 18th century until today.

Even though take photos is not allowed in the exhibition itself, it was nice that the organizers had created some areas where photographing is allowed. So here are a few shots that I managed to take – I hope you enjoy them.

I will be flying to Finland for Christmas and New Year`s in a few days, so next time I will be blogging after a long-awaited visit to sauna and a few plates of traditional Finnish Christmas foods. Can`t wait!

 

Finnish glass6 copy Finnish glass2 copy Finnish glass3 copy Finnish glass4 copy Finnish glass5 copy