Nuutajarvi Glass Village

私が最初にこのヌータヤルビビレッジに入ったとき、散歩途中の初老の紳士が声をかけてくれました。彼は誰か話し相手を見つけたかったらしく、いくらか立ち話をしました。かれはまだこのビレッジに住んでおり、もちろんガラス工場の”デイリーグラス”部門で仕事をしていたとの事です。早速、カイ・フランクオイヴァ・トイッカたちと仕事をした事があるか?と聞いたところ、彼らは”アートグラス”部門に在籍していたとの事で、彼の上司は違う人だったようです。

彼の話によると、ヌータヤルビではピークであった1950年代〜60年代、約300人の従業員が働き、この村に住んでいたようですが、今は30人程になったよようで、そのほとんどがオイヴァ・トイッカの鳥を製作しているようです。彼は、昔の時代をとても懐かしんでいてノスタルジーな気持ちになっていたようです。。もっと話をしていたら、その当時の話ももっと聞けたかもしれません!

ガラスをブローする工程は工場のなかで決まった時間にみる事ができます、ただ、私たちが訪問したのは新年ということもり、工場は休みでした。しかし、もし行く機会があれば是非足を運んでもらいたいと思う場所です。

写真も何点か追加したいと思います。これらの建物はすべて1850年代に作られたもので、現在も使用されています。最後の写真にはNuGoというコミュニティのショップ写真が見る事ができると思いますが、NuGoはヌータヤルビで働くインディペンデントのグラスアーティストのコミュニティです。私はここでいくつか小さなお土産を買いましたが、彼らアーティストをサポートことが出来き、売っているものもかわいいものばかりですので、是非行ってみてください。

ヌータヤルビの歴史はこちらから、このグラスミュージアムについてはこちらから前の記事を参考にしてください。それではまた!

Nuutajarvi Glass Village

When I first came to the Village, I was approached by an elder gentleman who was on his daily walk. He seemed enthusiastic to talk, so we ended up chatting away. He told me he still lives in the Village, and that he used to work in the glass factory, in the “daily glass” department. I of course immediately asked him whether he used to work under Kaj Franck and Oiva Toikka, but he told me Franck and Toikka were in the Art glass department, and his superiors were different.

The older gentlemen told me that Nuutajarvi used to have 300 people living and working there at it`s peak in 1950s and 60s, and it used to be a whole thriving community. These days the factory has about 30 employees, most of whom are working on Oiva Toikka`s Birds. He seemed quite nostalgic and little bit sad to see that the Village is not the same as it used to be. Oh, what kind of stories he must have had! I wish I had had more time to talk to him!

Glass blowing can be seen at the factory at dedicated times, but unfortunately as we visited Nuutajarvi just after New Year, the factory was closed that day. I definitely recommend seeing the glass blowing in live action, it is a fascinating process.

Here are a few photos that I snapped of the Glass Village buildings, many of which date from 1850s and are still being actively used today. In the second photo you can see a shop of a community called NuGo, which is a community of independent glass artists working in Nuutajarvi. We grabbed a few cute souveniers from the NuGo shop so definitely have a look! It is a great way to support the village artists as well.

Please read more about Nuutajarvi`s history here, and about the Glass Museum here.

IMG_7701 1000IMG_7727 1000IMG_7728 1000IMG_7732 1000IMG_7749 1000 IMG_7754 1000