アラビア パラティッシ Arabia Paratiisi

アラビア パラティッシ Arabia Paratiisi

アラビアのパラティッシは1969年にビルガー・カイピアイネンによってデザインされ、アラビアの中で最も有名で人気のでたシリーズです。その個性的なパターンは人々に特別なムードを与えてくれます。ビルガーはその才能からイラストレーションのキングと呼ばれており、その作品は創造的エキゾチックなものばかりでした。彼の作品は常に退屈なデザインとの戦いでした。

パラティッシをデザインする前にビルガーはたくさんのフルーツや木、花々のモチーフを描いていました。彼は後にこのパラテッシのデザインのインスピレーションを受けたのは23歳の時にポリオにかかった時だったと述べています。彼の友人は病気に伏しているビルガーを訪ね、フルーツをお見舞いにもってきました。ビルガーはこのフルーツはとても貴重で大切に思え、食べることをためらいました。そしてこのフルーツをパターンに加える事にし、後のパラティッシのデザインとなるのです。

パラティッシは白い表面に描かれます。オリジナルのシリーズのトレー・ボール・プレートの形は全て楕円でした。またパラティッシ(パラダイス)は白と黄色のパートから構成されており、白いアイテムはEeva(イブ)そして黄色い部分はAaatami(アダム)と呼ばれ、聖書にならっているのです。

そして、白と黒のパラティッシは北欧の冬を意味しています。このシリーズは単独で使われるために作られておらず、常に白やプレーンな色のお皿と組み合わせる事によってそのデザインが引き立つように意図されています。

オリジナルのパラティッシは1974年まで生産され、その後、技術的な理由からいくつかの変更を受けながらも1988年まで同シリーズは生産されました。オリジナルの特徴であった楕円形は全て円形になり、素材はより近代的なマイクロウェーブプルーフ、ディッシュウオッシャープルーフのもとへと変更されていくのです。

パラティッシは今も生産されています。面白い事に2009年に発売されたルノ(Runo)シリーズはパラティッシの形をベースに作られています。ルノシリーズはパラティッシの伝統と個性を受け継いでいます。

Birger Kaipiainen

Birger Kaipiainen

Runo

Runo

Arabia`s Paratiisi service, designed by Birger Kaipiainen in 1969, is a hugely popular Arabia classic. It`s strong and vibrant pattern brings people instantly in a good mood. Birger Kaipiainen has often been called as the “king of illustrators”, whose work is characterized by imaginary and exotic motifs. Fighting boredom was most important for Birger in his work.

Before Paratiisi, Birger was drawing a lot of fruit, tree, bird and flower motifs. The designer himself tells that he got the inspiration for Paratiisi pattern when he fell ill with polio at the age of 23. Birger`s friends brought him fruits to cheer him up during the sick days, and he was so glad at this thoughtful gesture. Birger said that the fruits were so precious that he did not dare eat them – instead, he decided to make them into a pattern, which later on became Paratiisi.

Paratiisi was born onto a white surface. The original shape of the service trays, bowls and plates was oval. The original Paratiisi (=Paradise) series included also white and yellow parts –white items were called Eeva (=Eve) and yellow items Aatami (=Adam) as a reference to the Bible. Black and white Paratiisi depicts the Nordic winter. Paratiisi dishes were never intended to be used alone; the idea was that they should be combined with plain colored dishes to emphasize the strong pattern.

The original Paratiisi service was produced until year 1974. The seriesi was taken back into production in 1988, with certain changes due to technical reasons. The original oval shape of the plates was changed into round, and the material was changed into a more modern version that was both microwave and dishwasher proof.

Paratiisi is still in production today. Interestingly, Arabia’s new series Runo (launched in 2009) is based on the same shape as Paratiisi. Runo series continues the Paratiisi tradition with vibrant, strong illustration as the key element.

Sources: Avotakka (December, 2009). Avotakka (September, 2012).
Vintage Paratiisi picture source: Designforum