カステヘルミについて (About Kastehelmi)

オイヴァ・トイッカによって1964年にデザインされたカステヘルミはフィンランドの中で最も愛されているデザインの一つです。

Dewdrop露のしずくを意味する’カステヘルミ’はフィンランドの自然の一風景-日の当たる夏の朝、真珠のように葉の上で輝く露のしずく-からインスピレーションを受けています。

カステヘルミシリーズはオイヴァ・トイッカの直面した技術的なチャレンジから生まれました。オイヴァはこのように述べています。

「カステヘルミはもともと露のモチーフを持った普通の皿でした。私はプレスされたガラス作品に継ぎ目が残っていることに悩まされており、それを何とか隠したいと思ったいました。そしてその継ぎ目を、次にはガラス全体を一連の真珠で隠そうとしたことからカステヘルミは生まれたのです」

彼の実験的試みはガラス素材を通る対応の光をとても美しく見せる事のできる全く新しいサーフェス(表面)の構造を作り出しました。
またカステヘルミはオイヴァの働き方を表した作品です:彼は比較的少しのスケッチしか描かない代わりに、ガラス吹きの職人とともに問題を解決するため非常に長い時間を現場で過ごしていたのです。

カステヘルミは1964年に発表され瞬く間に成功を収めます。最初はプレート(お皿)だけでしたが、すぐに様々な大きさのボールやカップ、クリーマー、シュガーボール等のセットに発展します。
オリジナルのヴィンテージカステヘルミのカラーにはクリア・ディープグリーン・ディープブラウン・ターコイズがあり、それらは1988年まで生産されました。

イッタラは2010年にカステヘルミを買収します。新しいプロダクションはオリジナルとは色々な点で異なっています。リプロダクションのモデルでイッタラは新しい型を使っており、露のしずくのフィーリングはオリジナルと比べよりシャープになっています。オリジナルは手で触ってもよりソフトなフィーリングになっています。リプロダクションはサイズも大きくなっており、さらにカラー展開も異なります。新しいカラーにはアップルグリーン(オリジナルのディープグリーンより明るい)、ライトブルー(オリジナルのターコイズより明るい)、サンド(オリジナルのディープブラウンより明るい)となっています。最近では新しいライトピンクとイエローのサービングボールも発表しました。

ヴィンテージカステヘルミは貴重になっています。私もオリジナルカステヘルミの光の通り方が大好きです。ぜひ私たちのオンラインショップでカステヘルミのコレクションを見つけてください!

Kastehelmi, designed by Oiva Toikka in 1964, is one of the most loved design classics in Finland. The name “Kastehelmi” (Dewdrop) drew inspiration from Finnish nature – in sunny summer mornings you can see dewdrops’ shining on leafs like a string of pearls.

The series was born out of a technical challenge that Oiva Toikka was faced with. “Kastehelmi was originally just a dish with a dewdrop motif. It happened because I was annoyed with the seam marks left on pressed glass objects that I wanted to hide somehow. Then I got the idea of covering the seams with a string of pearls, and then the whole dish”, tells Oiva Toikka about the birth of the classic. The experiment resulted in a totally new surface structure that emphasized the beauty of sunlight going through glass material. Kastehelmi represents a typical Oiva Toikka working method; he drew relatively few sketches, but instead he used to spend long hours working with glassblowers at the factory trying to find new solutions to a certain problem.

Kastehelmi was launched in 1964 and it became an instant success. In the beginning there was just one plate, but soon Kastehelmi grew into a whole series including plates and bowls of various sizes, cup, creamer and sugar bowl as well as serving dishes. The original vintage Kastehelmi colors included clear, deep brown, deep green, and turquoise. The original series was produced until 1988.

Iittala brought Kastehelmi back into production in 2010. The new production is very different from the original vintage in many ways. In the reproduction models Iittala uses new molds, and the feeling of the “dewdrops”, the little round balls on the surface, are much sharper compared to the original ones. Vintage Kastehelmi feels much softer when touching with a finger. The new plates and bowls are bigger in size too. In addition, the reproduction colors are different: the new colors include “apple green” (much lighter than original deep green), light blue (lighter than the original turquoise), sand (much lighter than the original deep brown). Recently I found out that Iittala has even added light pink and yellow colors for the little serving bowls.

Original, vintage Kastehelmi pieces are true treasures. I love the way light goes through them. Please have a look at our vintage Kastehelmi collection at Aikapaikka online shop.

Sources: Nuutajarvi – 200 years of Finnish Glass.

Oiva Toikka

Oiva Toikka

Original brown Kastehelmi

Original brown Kastehelmi

Original clear Kastehelmi

Original clear Kastehelmi

Original Kastehelmi turqoise

Original Kastehelmi turqoise