ミラノ トリエンナーレについて(Milan Triennale)

ミラノ トリエンナーレについて(Milan Triennale)

Aikapaikkaのブログではフィンランド人のデザイナーたちがミラノのトリエンナーレで賞を取ったという記事がよく出てきます。でもミラノのトリエンナーレとは何?と思われている方も多いと思うのでそれについて書きたいと思います。

ミラノトリエンナーレは非常に有名なイタリアのミラノで開催される国際的なデザイン・美術展覧会であり3年に一回開催されます。最初のトリエンナーレは1933年にミラノで開催されました。フィンランドはアルヴァ・アールトアイノ・アールトが受賞をしているように1930年代から参加しています。しかしながらその後始まる戦争のため長らくフィンランドは参加する事ができませんでした。

フィンランドのデザイナーたちは1951年のトリエンナーレから再び参加し、驚異的な25個の賞を獲得します。タピオ・ヴルッカラは個人で3つの賞を獲得しました。一つはガラス、もう一つはポリウッドデザイン、最後は写真にあるような展示会用の建築です。海外のメディアやプレスは1951年のフィンランドの展示を褒め称え、これまでに見たことのないとても謙虚で洗練された展示であり、フィンランド人は決してやりすぎではないが、彼らの展示は非常に高いクオリティーと洗練さを持っていると評しました。これらの思慮深い展示はフィンランドデザインのあり方をよく表していると思います。

そしてフィンランドのサクセスストーリーはその次の1954年に開かれたトリエンナーレでも続きます。フィンランドデザイナーたちは6つのグランプリを獲得し、タピオ・ヴィルッカラは建築・彫刻・そしてアートガラスの作品で受賞をしています。ヨーラン・ベックのアルネグラスシリーズは金賞を受賞し、カイ・フランクは名誉ディプロマを受け取ります。イッタラの若いデザイナーであったティモ・サルパネヴァはランセット(lancet)を含むアートガラスの作品でグランプリを獲得します。サルパネヴァはその次の1957年のトリエンナーレでも受賞を続け、ガラスと建築2つの部門でグランプリを受賞します。

1951年、54年そして57年のトリエンナーレはフィンランドデザインの歴史に非常につながりが深い展覧会です。これらのトリエンナーレを通してフィンランドデザインは国際的に注目を浴びるようになり、

同時に多くのフィンランドデザイナーが国際的なスターダムに上がり、「フィンランドデザインの黄金時代」の誕生でもありました。

現在のTriennale di Milano(http://www.triennale.it/it/) もイタリアのもっとも重要な文化機関であり、インダストリアルデザインと建築の中心的役割を果たしています。

Aarne by Goran Hongell

Aarne by Goran Hongell

Lancet by Timo Sarpaneva

Lancet by Timo Sarpaneva

Tapio by Tapio Wirkkala

Tapio by Tapio Wirkkala

In my articles, I often refer to successes that Finnish designers accomplished in the Milan Triennales. But what were these Triennales exactly? I thought I better write a bit more about them.

Milan Triennale (Triennale di Milano) was a famous international industrial design exhibition that was held every three years. The first Triennale was held in Milano in 1933. Finland took part in the exhibitions already in 1930s when for example Alvar and Aino Aalto were awarded. But then the war years came and the long recovering period afterwards did not make it possible for Finland to attend the event for several more years to come.

Finnish designers returned to exhibit in the 1951 Milan Triennale with almost an unpredicted rate of success with a total of 25 awards. Tapio Wirkkala received three personal awards; one in glass, one in plywood design, and one for Finland`s exhibition architecture (see picture above). Foreign press praised Finland`s 1951 exhibition as follows: “Out of all of the sensations that we have seen in this industry, this exhibition is the quietest and the purest”. “The Finnish don`t go overboard, but their exhibition items have great quality and refined taste. This rather understated but profound exhibition tells something important about Finnish character”.

The Finnish success story continued in the next Milan Triennale in 1954, where Finnish designers grabbed six Grand Prix wins as well as many other medals. In 1954, Tapio Wirkkala was awarded again for his exhibition architecture, his sculptures and his art glass. Aarne glass series by Goran Hongell received a gold medal, and Kaj Franck received an honorary diploma (diplome d`honneur). Iittala`s designer, young Timo Sarpaneva, was awarded with a Grand Prix for his art glass series (including Lancet). Sarpaneva continued his winning streak in the next 1957 Triennale, where he received two Grand Prix wins, one for his glass and one for his exhibition architecture design.

The 1951, 1954 and 1957 Milan Triennales are inevitably linked to the Finnish Design history. It was through these Triennales that many of the international experts became interested in our design. It was also through these Triennales that many Finnish designers (Sarpaneva, Wirkkala,..) rose to international stardom, and the concept of “Golden Age of Finnish Design” was born. Today Triennale di Milano is one of Italy`s most significant cultural institutions and an active center for industrial design and architecture.

Sources: Avotakka Vintage (winter, 2012).
Lasintekijoiden tarinoita Iittalasta. Nuutajarvi – 200 years of Finnish Glass.