アラビア キルタ&テーマについて – About Arabia Kilta & Teema‏

“バラバラのテーブルウェアーを一掃する事ができる” これはカイ・フランクが1953に発表されるキルタのアイデアを思い付いたときに出てきた表現です。この感嘆の表現の裏には戦後フィンランドの現実がありました。当時はすべてが不足しており、大切な素材を無駄にする事はできませんでした。またそこには多機能(マルチファンクショナル)で手の届く価格のテーブルウェアーの強いニーズがあったのです。

他のテーブルウェアとのコンビネーションやスタッカビリティー(収納性)は1950年代のキッチンはとても小さく、お皿も小さなキャビネットに収める事が必要でしたので非常に重要でした。

キルタが登場する以前の比較的裕福な家庭でのテーブルウェアの理想的な使い方はとても大きなお皿ですべて同じシリーズで統一されている事でした。しかし、キルタによってこれはことごとく覆されました。他のシリーズとのコンビネーションが推奨され、マスプロダクションにより価格は安く抑えられました。根底にあるアイデアは美しい日常使いのアイテムはすべての人々が使う事ができ、一部の裕福な家庭にのみに制限されるべきではないということでした。

キルタは確かにトラディショナルな観点からするとフルセットのテーブルウェアでないかもしれませんが、それはむしろ個々のアイテムのコレクションであり、他のシリーズと組み合わることを意味していました。1958年のカタログでキルタはホワイト・ブラック・ブルー・グリーン・イエローからなる37のアイテムを持っていました。

人気のあったキルタは1974年に生産をストップします。それは人気や需要がなくなったわけではなく、生産の技術的な問題からでした。そしてキルタを愛する多くの人はこの事実のため途方にくれたのです。しかしながら幸運なことにアラビアはキルタの生産を1981年に新しいテーマという名前で再開します。

新しいテーマはより近代的な仕様を持っていました。素材はよりモダンなものへ変更され、新しい生産技術のためその形とカラーも変更されました。オリジナルのキルタと比べて、テーマは一回り大きく、そのエッジはよりシャープになっており、それらの変更はカイ・フランクによってなされたのです。そしてそのシリーズの名前の由来についても長い間、議論がありました。カイは当初ティーミ Tiimi (= team) とチームワークの重要さを訴えるためのネーミングを行いたかったのですが、最終的にはTeemaの名前が付きました。

2005年にテーマはイッタラブランド下での販売となりました。そしてヘイッキ・オリロヴァがカイ・フランンクのオリジナルデザインを丁寧に踏襲し、テーマに新しい製品を追加します。アラビアの新しいシリーズである24h、ABC、KoKo、Oma & Neroはすべてキルタの伝統に基づいて生産されているのです。

キルタはフィンランドだけではなく、国際的にも有名になりました。キルタのデザインはそのこれまでとは真逆のコンセプトを示したことで、神話になりつつります。キルタは食事をサーブすることだけではなく、残りものをどう保存するか等、人々の食習慣にまで影響を及ぼしたのです。このようにカイ・フランクのもっとも重要なデザインの本質はキルタシリーズに凝縮されています。カイは不必要なすべてのものを排除し、もっとも必要なものだけを残すことを本質とし、その多機能性、コンビネーション、価格のよさ、そしてスタッカビリティー(収納性)はアラビアの重要なプリンシプル(基本原則)となり今日の成功の礎となるのです。

Kilta

Kilta

Teema

Teema

Kilta

Kilta

Nero

Nero

 

KoKo

KoKo

Oma

Oma

24h

24h

ABC

ABC

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“Blow up the multi-pieced tableware sets”, was Kaj Franck`s expression when he got the idea for Kilta (1953). Behind this exclamation was the reality of post-war Finland – there was lack of everything and precious materials could not be wasted on unnecessary products. There was a strong need for multi-functional and affordable tableware that had fever pieces. Combinability to other existing tableware was a must, as well as stackability – kitchens in 1950s were very small, and dishes needed to be stored in tiny cabinets.

Before Kilta, a tableware service in rich households was ideally very large with all the pieces coming from exactly the same series. With Kilta this thought was totally revised – combinability to other series was encouraged. Mass-production meant that prices could be kept low. The idea was that beautiful every day items should reach everybody and not be a privilege of only the rich. “We need a new perspective into human existence and it cannot be based on material ownership”, said Kaj Franck.

Kilta was in fact not a full tableware service in a traditional sense, but more likely a collection of individual items that were meant to be combined with pieces from other series`. In the 1958 catalogues Kilta included 37 individual pieces with colors being white, black, blue, green and yellow.

Production of hugely popular Kilta was ended in 1974 – not because of lack of demand, which was strong as ever, but due to production technical reasons. Loyal Kilta-customers were deeply devastated. Luckily Arabia took Kilta back into production in 1981 under a new name Teema.

Many things were changed in the new Teema series. Material was changed into a more modern one, and due to new production techniques shapes and colors were changed too. Compared to the original Kilta, Teema items were bigger in size and had sharper edges. Kaj Franck himself designed all changes. There was some controversy of the name though; Kaj originally wanted to name the series as Tiimi (=team) as he wanted to emphasize the importance of teamwork, but eventually Teema (=theme) was chosen.

In 2005 Teema was changed again and it started to be sold under Iittala brand. Heikki Orvola designed a few additional Teema pieces, carefully honoring Kaj Franck`s original design principles. Arabia`s newer series 24h, ABC, KoKo, Oma and Nero are all built on Kilta`s tradition.

Kilta is a unique design phenomenon not only in Finland but internationally too. Kilta has become almost a myth in design circles; it represented a fully new concept that was totally opposite of what had been seen before. Kilta changed not only the way of serving food, but also the way people stored leftover food. It had an impact even on eating habits.

All Kaj Franck`s most important design principles are culminated in the Kilta series. Kaj Franck took everything unnecessary out of his designs, leaving only what was most essential. Kaj`s principles of multi-functionability, combinability, affordability, and stackability quickly became Arabia`s key principles that have led the company to the success where it is today.

Sources: Arabia – keramiikka, taide, teollisuus (Designmuseum).
Avotakka (June, 2011). Deko (June, 2011).