アラビア ステンシル カップについて About Arabia Stencil Cups

アラビア ステンシル カップについて

ポップアートにインスパイヤーされたアラビアのステンシルカップはフィンランドのみならず国際的に人気のあるカップのひとつです。そのカラーとレトロなデザインパターンはコレクタブルなアイテムになってきています。あるコレクターは1つないしは2つの色のみを集め、またある人は一つのパターンだけを集めたり、それら全てを集めるコレクターまで存在します。またステンシルカップはディスプレイ用にも最適であり、シェルフをとても美しく魅せてくれます。ステンシルのファンはお客が訪れたときには一人一人に異なったパターンのカップでもてなしを行い、ユニークなテーブルセッティングでゲストに特別なもてなしを行います。

このブログに載せた写真は1970年代始めにアラビアの工場で撮られたものです。写真に映っている女性はヨーラン・ベックによって1969年〜73年にデザインされたステンシルカップのポップなパターンを制作しています。ステンシルカップの生産工程は次のようになっています。

  1. デザインパターンのテンプレートがカップの表面に置かれる。
  2. そのテンプレートには穴が開いており、スプレーにてパターンが付けられる

Producing Stencil cups smallProducing Stencil cupsスプレー技術はとても習得するのが難しいと言われています。なぜなら、カップの表面に色を付けるだけにおいてもその濃淡やデザインパターンを壊さないようなスプレーの吹き方、技術等が必要になってくるからです。ですが、私を含めて殆どのステンシルファンはこのImperfection・不完全な感じがハンドメイド感を出す事に一役かっており、虜にさせる要因ではないかと思います。

ステンシルの最も有名なデザインはヨーラン・ベックによってデザインされたBR-Shape(生産 1969年〜75年)そして、カイ・フランクによってデザインされ、1955年〜73年まで生産されたAA-Shapeが挙げられます。大部分のステンシルカップのデザインパターンは無名のものばかりです。その中でいくつかには名前が付けられ有名になっているものがあります。(Pop / Tulppaani / Marja / Osteri / Ratas/ Kyllikki )

またステンシルシリーズを良い状態で発見する事は非常に難しいです。殆どのカップにクラックがあったり一部が壊れたりしています。それはステンシルのシリーズはフィンランドの普通の家庭で使われていたシリーズであるという事です。また比較的、耐久性が弱い素材を使っていることもその理由の一つです。

年々ステンシルシリーズを良い状態で購入する事は難しくなっています。

The pop art inspired Arabia Stencil cups are hugely popular in Finland and abroad. The vibrant colors and retro patterns of these cups have made them highly sought after collectables. Some Stencil collectors focus only on one or two colors, some prefer to collect only one pattern, and some go ahead and collect any color and any pattern they like. Arabia Stencil cups are great display items, as they look so cute on a shelf. Stencil fans love to serve their guests coffee by giving each person a different colored and patterned cup, creating a unique table setting and making each guest feel extra special.

In the attached picture you can see a scene from Arabia factory, taken some time in the beginning of 1970s. The lady pictured is working on a Stencil cup with “Pop” pattern, designed by Goran Back and in production 1969-1973. The production method of Stencil cups is as follows: a pattern template with holes in it is placed on the surface of the cup. The pattern is then spray painted through the holes. The spray paint technique is very difficult to master perfectly, and even in those cups that are of great condition you can usually spot some places where color has not set evenly or where color has spread too much. But for me and for other Stencil lovers, these “imperfections” give a nice handmade and vintage feel and make each cup unique.

The most common shapes of Stencil cups include: BR-shape designed by Goran Back (produced 1969-75) and AA-shape by Kaj Franck (produced 1955-73). The majority of Stencil patterns are officially unnamed. There are a few exceptions though – most commonly known patterns that actually have a name include: Pop, Tulppaani, Marja, Osteri, Ratas and Kyllikki.

Arabia Stencil cups are also difficult to find in good condition – many cups have been broken or have visible cracks in them. This is mostly because Stencil cups were in daily use in Finnish homes, so they had to endure constant wear and tear. The cups were also made of rather a fragile material, making them easy to break. I believe good condition Stencil cups will become even more rare in the future, and that their value will continue to rise.

Sources: The old Arabia factory pictures are from the manufacturer`s sources.

Kaj Franck

Kaj Franck

Goran Back

Goran Back

Ratas

Ratas

Tulppaani

Tulppaani

Pop

Pop

Marja

Marja

Kyllikki

Kyllikki

Osteri

Osteri