ウニッコについて

回は有名なウニッコのデザインについて書きたいと思います。あの有名なデザインは1964年にマイヤ・イソラによって作られました。今は大変代表的なデザインですが、当初はマリメッコの創始者であるアルミ・ラティアが花は自然の中で活きるものであり、他の装飾的なもののパターンとしてあるべきではないと考えていたため、実現不可能なパターンでした。

そのため当初はこの二人の女性のデザインに対する衝突がりました。しかしながら、アルミ・ラティアが初めて白の下地に映えるポップで赤く、グラフィカルなウニッコのデザインをみたときからこのデザインを愛するようになりました。そこからデザインは正式に生産されることとなります。

ウニッコは60年代のフラワームーブメントに乗り様々な外国の新聞や雑誌に取り上げられる事になります。60年代〜70年代にはウニッコはあらゆる所にありました、服・ソファー・シリングライトのシェードなどなど・・最後にはウニッコのデザインで飾られたピアノが出てくるほどでした。

そして、90年代にはマリメッコの若いデザイナーたちによってウニッコのセカンドムーブメントが始まります。2000年に入る頃には携帯のカバーや靴など色々なものに再びデザインが取り入れられる事になります。現在ではウニッコはマリメッコの二つ目のロゴとして認識されるようになりました。

このウニッコの歴史はとてもテキスタイルの業界では重要なもので、他のパターンでウニッコほど有名になったものはありません。そして1964年の誕生から今までずっと生産され続けているのです。

是非、いくつかは部屋の中、クローゼットの中に入れておきたいパターンですね。

Maija Isola

Maija Isola

unikko blueUnikko RedUnikko2

 

 

 

 

 

 

 

The Story of Unikko

The famous Unikko pattern was designed by Maija Isola in 1964. It was in fact very close that the Unikko pattern was even born at all – the founder of Marimekko, Armi Ratia was against of all kinds of flower patterns. Armi thought that flowers looked best in nature and should not be used as decorative ornaments at all.

Maija Isola thought differently, though. There was a clash of thought between two strong women – Armi Ratia, the founder, being against using flowers and Maija Isola, the designer, who wanted to go for it. However, after Unikko was born, the Armi Ratia fell in love with the pattern too. Red, pop art inspired graphical flowers on white base (the original Unikko coloring) looked fresh and new for Armi Ratia too, so the pattern was accepted into production.

Unikko became immediately popular, and during the flower revolution of 1960s Unikko was continuously portrayed in foreign newspapers and magazines. In 1960s and early 70s Unikko was used all over; in clothes, in sofas, and in ceiling light covers. In 1970s even pianos were covered in Unikko!

The second boom of Unikko started at the end of 1990s, when Marimekko`s new young designer generation got inspired by it. At the turn of the century Unikko was again at the height of its` popularity, and flowers were again everywhere – on mobile phone covers, shoes, walking sticks, etc… Today Unikko is so well known that it is almost considered as a second logo for Marimekko.

Unikko`s story is truly remarkable and exceptional in textile industry. Hardly any other fabric print in the world has acquired such iconic status as Unikko. Unikko is also exceptional in a way that it has been in production continuously without any break since it was born in 1964 – again, a record that not many patterns or companies can claim to have accomplished.

Sources: Avotakka magazine (June 2012), Marimekko: Kuvioissa- book