デザイナー不明のアラビア Anonymity in Arabia

私のような多くのヴィンテージのアラビアコレクターにとっていくつかのプロダクトのデザインパターンや生産時期、デザイナーが分からないものが多くあり、見つけ出すのが大変な事があります。すごく良いデザインのパターンやカップがあり、それをもっと知りたい、欲しいと思って色々と調べるのですが、フィンランド人の私が調べてなかなか資料が出てきません。

色々調べても見つからない事が多いのですが、いくつかの理由は見つかりました。アラビアの歴史の中で会社は何度かの倒産の危機を迎えます。そのような状況下ではなかなか全ての製品のデザイナーやパターンの記録が出来ていなかったようです。また、アラビアでのあまり一貫性のない記録の付け方が大きな理由のようです。歴史を通して、アラビアは大変多くの異なったデザインやパターンを作ってきました、そしてそれらを現在のようにパソコンがない状態で記録管理するのは大変困難な作業だったと思います。

Anonymous cups. Both pattern and shape are officially namelessShape EC but pattern officially namelessそれよりも重要なこととして、たくさんの”作者不明”のデザイン、製品が存在するのはアラビアの”Anonymity” ーデザイナーの名前を出さない事ーにあります。このアイデアはアラビアのリーダーであったカイ・フランクによって作られました。彼はとてもモダニストとして有名で、マス・プロダクション、もしくは日常に使われるテーブルウェアーにとってデザイナーの名前を明記する事は必ずしも必要でないと考えていました。

カイ・フランクはこう述べています。

「マス・プロダクションに名前は無い。製品企画段階はチームワークによってなされ、製品の生産の過程でその試作品やプロトタイプは色々なアーティストによって出来あがっている。マス・プロダクション製品の形は直ぐに飽きがくるようなものではなく、非常にシンプルで生活に溶け込み、見えなくなり、その後何十年も使われ続けなければならず、ユーザーにそのデザイナーは誰だろうと思わせてないけない、そして日常使いの製品にはファクトリーマークがあれば十分である」

結果、そのパターンがどんなにかわいく、素敵でもアラビアの多くの製品はデザイナーやシリーズが分からないものが出来上がります。カイフランクはアラビアのデザイナーたちが有名になる事でセレブリティーとなる事に非常に反対していました。

カイフランクの”名前のないデザイン”はフィンランドデザインに深く根付いた原則です。実際に彼のシンプルさ、謙虚さん、そして名前の無い事、これが今日のフィンランドデザインを形つくっているのです。

Kaj Franck

Kaj Franck

Many vintage Arabia collectors, including myself, are often frustrated in trying to find out a name for a pattern, the production year(s) and the designer(s) for a certain product. You have this beautiful retro plate or cup, and no matter how you try to research, it is impossible to find out more about it. How frustrating it can be!

After taking a closer look at this problem, I found a few explanations. First of all, in the history of Arabia, the company was not good at keeping consistent records of all details of its products. Researchers that take a look into Arabia`s history today, have found countless different product catalogues and records throughout times that are often incomplete. So the inconsistent record keeping at Arabia is a significant reason, as is the sheer number of products. Throughout history, Arabia has produced thousands of different shapes and patterns, and to document everything correctly in computer-less times was a massive (if not impossible) task.

But even more importantly, many of the unnamed products are simply due to Arabia`s company policy of “anonymity”, which was introduced by Arabia`s influential leader, Kaj Franck. Kaj Franck was a true pioneer of social design – he was known as a very modest man and he thought that especially in utility tableware design, it was not important to emphasize the designer name. Kaj Franck said: “Mass-production is nameless. Its planning process is teamwork that combines prototypes made by many artists…the shape of mass-produced items should not be something that you get bored with. The shape should be so simple that it lasts for years and decades, and so invisible that the user does not start wondering who the designer is. Factory-mark is enough for utility items”. The consequence was that many Arabia patterns are in fact originally nameless, no matter how pretty they are. Kaj Franck was really against the emerging trend of designers becoming celebrities.

Kaj Franck`s philosophy of “anonymity in design” is a deeply rooted principle in the Finnish design history. It was in fact Kaj Franck’s principles of simplicity and modesty – and anonymity – that has made Finnish design what it is today.

Sources: Avotakka (June, 2011). Deko (June, 2011)
Nuutajarvi – 200 years of Finnish glass.
Koivisto, Kaisa: Lasitutkimuksia – Glass Research (2001).