トーヴェ ヤンソン夏の家 ー ムーミン物語とクルーヴ島の暮らし

トーヴェ ヤンソン夏の家 ー ムーミン物語とクルーヴ島の暮らし
Tove Jansson – Toven kesamokki Klovharulla

先週末にトーベ・ヤンソン展を見に行ってきました!場所はGallery A.展示会自体はそんなに大きなものではありませんでしたが、トーベの人生全体を網羅しており非常に楽しめました。展示は多くのトーベの大きな写真を展示しており、彼女自身のポートレイトや1940年代からのムーミンの出版物(ガルムマガジンや初期のムーミンの本、「小さなトロールと大きな洪水」や「ムーミン谷の彗星」)も展示してありました。特にこれらの初期の出版されたものはフィンランドでもあまり見る機会がなかったのでとても感動しました。

写真撮影は基本禁止されていましたが、トーベのサマーコテージ(すごくリアルに再現してある!)とムーミンプレイハウスがあるキッズエリアは撮影OKでしたのでいくつか写真をのせます。

残念ながら展示会は9月30日で終わってしまいますが、もし行くチャンスがあれば是非訪れてみてください。そして青いリーフレットが300円で売っていますが、とて興味深い内容ですので、買ってみてはどうでしょうか。

IMG_9564 1000x500IMG_8742 1000x500

IMG_8727 1000X500
IMG_8740 1000x400

 

[table color=”white” ]

[/table]

Last weekend we went to see the Tove Jansson – Toven kesamokki Klovharulla – exhibition at Gallery A. It was a fun little exhibition that gave a comprehensive outlook on Tove Jansson’s whole life. The exhibition featured a lot of large-scaled photos of Tove, her original self-portrait paintings, and also many of the earliest Moomin publications from 1940s including copies of Garm magazine and earliest Moomin books (Smatrollen och den stora overvamningen = 小さなトロールと大きな洪水& Kometjakten  ムーミン谷の彗星). I was especially fascinated by these early publications since I had never had a chance to see them before.

Photographing was in general not allowed in the exhibition, but there were two areas where taking photos was allowed: the summerhouse installation (which was very real-looking by the way!) and the kids’ play area with a fun blue Moomin playhouse. See photos attached.

The exhibition will be ending on September 30th, so hurry up and visit it if you have a chance! And grab the little blue exhibition leaflet which only costs 300 yen – a great value for the price with interesting content!