スポンサー

ムーミンパパ Moominpappa




トーベ・ヤンソンはムーミンパパのキャラクターの一部を彼女の父、ヴィクター・ヤンソンをモデルに 描きました。ヴィクター・ヤンソンは彫刻家であり、子供たちを含めて家族全員が彼のアーティストとしての名前”ファファン” (Faffan)で呼んでいました。ファファンは保守的でしたが、彼自身はボヘミアン精神の持ち主だと考えていました。ファファンは危険と海を愛していました、嵐がくるときには彼はトーベを含む子供たちを連れて、嵐の海に冒険と危険を求めて海にでるのでした。嵐の後には海は穏やかになり、ヴィクターは船を家に戻したのです。そのため家族はこれら嵐を経験しており、特別な体験をさせてくれた父をトーベは愛していました。ある時には深夜に家族を連れて燃えている建物を見に行きました。しかし、ヴィクターはその火がとても小さくがっかりしてしまいます。

そのようなことからムーミンパパも海と危険を好んでいました。ムーミンパパは彼の若い頃の冒険を今でも回想しており、ムーミンハウスの青い部屋でその回想録を執筆しています。

ムーミンパパの若かりし頃はたくさんの冒険とアドベンチャーにあふれていましたが、彼の子供時代は幸せではありませんでした。彼はヘムレンのおばさんによって運営される孤児院で育てられていましたが、彼は自分が特別な星の元に生まれた子供だと信じていました。そしてムーミンママに出会ったとき、彼の子供時代の不幸な思い出を消す事ができたのです。

ムーミンパパはパーティーをする事が大の得意でした。彼はいつも素晴らしい音楽のパフォーマンスを催し、ウイスキーを含むたくさんのお酒を用意する事ができました。漫画の中ではムーミンパパはよく暖かいラム酒を飲んでいます。

ムーミンパパは彼の息子であるムーミントロールのため、良い父親であろうと努力していました。しかし、時にムーミンパパはとても向こう見ずで無謀でした。一つの本のストーリーでムーミンパパはワイルドウェスト (Wild west)を訪れます。しかしワイルドウェストがあまりにも静かであったため、パパはもり森の中で銃を撃ってけんかを始めてしまいます。そして保安官にムーミン一家は追い出されてしまいます。

 

Tove Jansson modeled Moominpappa to some extent (but not fully) after her own father, Victor Jansson. Victor Jansson was a sculptor by profession, and everybody, including his own children, called him by his artist name “Faffan”. Faffan was quite conservative but at the same time liked to think of himself as a bohemian soul. Faffan loved danger and sea – every time a storm arised on the sea, Faffan got all the kids including Tove in a boat and left to the stormy sea to experience adventure and danger. Every time the thunderstorm was over and the sea calm again, Faffan turned the boat back to home and safety. All the family was one magnificent storm experience richer. No wonder that Tove adored her father Victor Jansson – it was all these unique experiences that he let his children have! Once Victor took his family to see a building in full blast fire in the middle of the night, but Victor got disappointed, as it was only “a little fire”.

Naturally Moomintroll’s father Moominpappa loves sea and danger too. Moominpappa gets inspired of his own adventurous youth over and over again, and he often sits in a blue room on top of the tower-shaped Moomin house writing a memoir of his own youth.

But even if Moominpappa’s youth was full of adventures, his early childhood was not the happiest. Moominpappa grew up in an orphanage ran by Hemulen’s aunt. But even as a small orphan child Moominpappa had a certainty that he was a special boy – he knew that he was born under “special stars”. Moominpappa was finally able to shed the miserable memories of his early childhood when he met Moominmamma as a young adult.

Moominpappa has an exceptional ability to throw great parties. Moominpappa always manages to organize the best musical performances and many barrels of alcohol (that often include whiskey). In the comic strips Moominpappa often likes to enjoy warm rum toddy, too.

Moominpappa tries his best to be a good role model to his son Moomintroll, but especially in terms of morale he can quite often apply various approaches. Sometimes Moominpappa can be quite reckless. In one of the books Moominpappa visits the Wild East, but because the Wild East is too calm, Moominpappa decides to start a fight in the village by shooting with a gun – and the sheriff throws the whole Moomin family out.

Sources: Orjasaeter, Tordis: Tove Jansson – Muumilaakson luoja. Muumiopas. HS Teema: Tove, Ihmisyyden puolustaja. Muumitaiteilijan sata vuotta.