アラビアのヴィンテージコンディションについて Vintage condition in old Arabia

Aikapaikkaのオンラインショプではアラビアのヴィンテージアイテムをたくさん扱っているため、ヴィンテージコンディションについて詳しく書きたいと思います。商品説明を書く際、特に使用感の言葉を使っていますが、それらの意味についても説明したいと思います。

ヴィンテージコンディションの要素について、もちろんサイトの中で使用している大変良い(excellent)〜良い(good)ヴィンテージコンディションについては私たちの主観であり正しい表現や定義というものはありません。しかしながら、私の考えでは2つの要素がこのコンディションを大きく決めていると考えています。

ヴィンテージコンディションにおけるダメージ・使用感は下記の2つの理由によっておこります。

①製造工程でできるもの
②使用・経年によるもの

1つ目の製造工程でできるものについて、1950年代〜70年代に作られた製品は現在の技術より遥かに古い技術が主体で作られおり、それぞれの精度は高くありませんでした。また素材も現在のように強くなく、カラーについても耐性は高くありませんでした。(ヴィンテージのカップ、プレートではパターンのカラーが色落ちしている場合が多々あります)また、生産工程で広がってしまうカラー・パターンもあります。(アラビアのステンシルなど)

パターンカラーがカップ・プレート等のグレージング(うわぐすり・釉薬:表面を覆っているガラス質の部分)の下に施されている場合、そのパターンはコーティングに保護され比較的長持ちします。しかしながらインケリ・セッパラ・レイヴォによってデザインされたKirsikkaのようなパターンは赤いレッドのベリーはそのグレージングの上に直接描かれており、カラーはすぐに剥がれてしまいます。それらの理由からKirsikkaはなかなか市場には出てこないカップとなっています。アラビアに関して製造工程でできる不具合はプレスモールドによる継ぎ目やペイント工程で製品を固定するスタンドによってできたものが殆どです。

しかしながらこれらのパターンカラーの色落ちや生産過程での傷は50年代〜70年代に生産されたとこう事を良く表しています。

そして最後に、ヴィンテージアイテムでは長年の使用によるダメージがあります。殆どのヴィンテージアイテムがフィンランドの家庭で実際に使われてきました。それにともない使用感があるのは避ける事ができません。(もちろん新品状態で長年保管されてきたアイテムもあります)

アイカパイカとしてはこの使用感は決してネガティブな要素ではなく実際に使用され、それぞれのアイテムにストーリがあり、ヴィンテージアイテム特有のテイスト・雰囲気を作っているというポジティブな面から捉えています。

 

Kirsikka

Kirsikka

In old Arabia items we often spot signs of usage, but how can we define what the reason behind these signs is?

In this article I would like to talk about the many aspects of vintage condition in old Arabia items. There is never a clear answer in how to define vintage condition (what is excellent or good vintage condition), but in my opinion there are a few factors that affect the definition of the phrase.

The signs in vintage items can usually be traced to two reasons: a) signs/damage because of usage and b) signs/damage that are caused by manufacturing process. Let’s first talk about signs based on manufacturing process.

When we are talking about items that where produced in 1950s, 1960s, 1970s, we have to remember that the manufacturing process in those days was much less sophisticated and advanced than it is today. The materials were often weaker, and the color paints may not have been that durable (this is why we often see vintage items where color has faded due to numerous washings). The color may also have been spread in the production process, (e.g. Arabia Stencil cups)

If the color was painted under the glaze, it can be quite durable. There are however items, such Kirsikka pattern by Inkeri Seppala Leivo, where the red color of the berry has been painted on top of the glaze, and these items can lose color quite easily. That’s why you see so many faded Kirsikka cups in the market. Manufacturing process signs in old Arabia plates, on the other hand, were often formed due to the press mold or due to the stand that was used when item was painted.

When talking about old Arabia,  we are talking about items that have often been in daily use in Finnish homes for decades. It is only natural that some signs of usage can be seen.

I would like to encourage people to see the signs of usage not only from a negative point of view, but to view them with an open mind; each vintage item has a story to tell. That is the charm of the vintage – to imagine the times past once again.