スナフキン – Nuuskamuikkunen – Snufkin

スナフキンはムーミン谷の孤独を愛する住人、旅人、ミュージシャン、そしてアーティストです。彼が最初に登場したのはムーミン谷の彗星—‘Comet in Moominland’ からです。スナフキンは同じ場所に長くはとどまらず、ムーミン谷に毎年春に帰ってきます。そして、その秋にまた出発します。唯一の例外は楽しいムーミン一家—‘Finn Family Moomintroll’ でそのキャラクターにふさわしくなくムーミン一家と冬を一緒に過ごした事です。

スナフキンはものを欲しがりませんでしたが、全て持っていると考えていました。「私が持つのは私を幸せにしてくれるもので、またこの世の中全ても持っている」彼はたくさんのものを持とうとしませんでした。もし何か美しいものを見るとスナフキンはそのために詩を書きました。時には彼のテントを崖から投げたりもしました。それは一つのものに固執しすぎてはダメという考え方からです。

スナフキンはムーミンママと同じくムーミン谷では信頼の置けるキャラクターでした。彼の歌は楽しく、やさしく、そして彼の話は恐怖を取り除いてくれるものでした。また他の人は彼のアドバイスや知恵を受け入れました。スナフキンは孤独を愛したため、独自のアイデアと歌を作る事ができました。時々ムーミン谷の住人は彼の旅について行こうとしましたが、彼は冷たくあたったりした事、それはスナフキンが孤独が必要だったからです。

トーベ・ヤンソンはスナフキンは実在の人物を元にしていると述べています。それは彼女の前のフィアンセで良き友人でり、コミュニストの作家・詩人であるアトス・ヴィルタネン(Atos Wirtanen)です。アトスは極端に左よりで、政治的な活動を好んでおり、保守的なトーベの父、ヴィクターにとってトーベは彼女のような人間とつるんではいけないと考えていました。しかしながらトーベはアトスのエネルギーとその知性に強く惹かれ、二人は恋に落ちました。スナフキンはこのアトス・ヴィルタネンの性格を色濃く反映したパーソナリティーなのです。

全くスナフキンと同じように、アトス・ヴィルタネンは古びた服を着て、緑のフェルトハットを被っていました。(トーベはこれはおそろしくひどいハットだと考えていた)一度彼女は彼にハットを自分のものと交換できないか尋ね(この時代に女性も同じようなハットを被っていた)彼の恐ろしく汚いであろうハットを持って一目散にクリーニング店に持っていったそうです。しかしそのハットが奇麗になるとアトスはそれを絶対に被ろうとしなかったそうです。そのため、トーベは同じ帽子をスナフキンの頭に永遠に被らせたのでした。

スナフキンはムーミントロールにとても近い存在でした。この二人の友人は橋のほとりで釣りをしたり、話したりして多くの時間を費やしました。アトス・ヴィルタネンがトーベの世界観を広げたように、スナフキンはムーミントロールにムーミン谷以外にも世界がある事を教えていたのでした。

 

Snufkin is the independent soul of Moominvalley, a traveller, musician and an artist. He first appeared in the ‘Comet in Moominland’ (ムーミン谷の彗星). Snafkin he never stays long in one place; he returns to Moominvalley every spring, and leaves every autumn, except in ‘Finn Family Moomintroll’ (たのしいムーミン一家), where Snufkin uncharacteristically hibernates together with the Moomins throughout the winter months.

Snufkin never wants anything, yet he has everything. “I own what I see and what makes me happy. I own the whole world”, Snafkin says. He never drags a lot of stuff with him; if he sees something beautiful, he makes a poem out of it. He even throws his tent down a cliff, because it’s not good to get attached to material things too much.

Snufkin is one of the few real authoritative figures of Moominvalley, alongside Moominmamma. His songs entertain and comfort, and his stories alleviate fear. Others trust his wisdom and advice. Snufkin lives life fully on his own terms, and never compromises anything. He craves loneliness so that he can develop his ideas and compose songs. It’s not always easy – other Moomin characters also want to accompany him to his travels. Sometimes Snafkin can seem unfriendly, but this is just because he needs loneliness to clear his thoughts.

Tove Jansson has told that Snufkin is based on an actual person, her good old friend and former fiancé, a communist writer and poet called Atos Wirtanen. Atos Wirtanen was charismatic, strong-willed and politically very active – a total red flag for Tove’s conservative father Victor Jansson who did not want young Tove anywhere near such a fellow. Tove was fascinated by Atos Wirtanen’s intellectuality and energy, and the two fell in love. Snufkin got all of his main personality traits from Atos Wirtanen.

Just like Snufkin, Atos Wirtanen always age old clothes and a green felt hat that Tove thought was horrendous. Once Tove asked Atos if they could exchange hats (at that time young women too wore hats). Tove tells that once she got hold of this horrendous hat, she immediately took it to the cleaner’s shop, but after it was cleaned Atos Wirtanen refused to wear it again. So Tove decided to let Amos Wirtanen’s hat live forever on top of Snufkin’s head.

Snufkin is especially close to Moomintroll. The two friends often spend time by the bridge fishing and talking. Just like Atos Wirtanen helped Tove to expand her view of the world, so did Snafkin by helping Moomintroll realize that there is another world beyond the borders of Moominvalley.

Sources: Orjasaeter, Tordis: Tove Jansson – Muumilaakson luoja. Muumiopas.
HS Teema: Tove, Ihmisyyden puolustaja. Muumitaiteilijan sata vuotta.