フローレン — Niiskuneiti – Snorkmaiden

スノークメイデン、そして兄のスノークはムーミン族とは種族が違い、スノーク族に属しています。スノークが出てきたのは「ムーミン谷の彗星」という本の中です。ムーミントロールはスノーク族の存在をスナフキンから聞いた時、とても訝しく思っていました。なぜなら彼らはムーミンたちの体がいつも白なのに対して、気分によって体の色を変える事ができるからです。スノークメイデンが怖がったときには紫に変わり、恋に落ちたときには体が赤くなります。悲しい時にはグレーになるのです。喜んできる時はイエローになり、この時はいつもムーミントロールが紫の花を持ってきてくれるときです。

スノークメイデンは冒険好きでクリエイティブ、そして愛情にあふれています。彼女はジュエリーと花がすきですが、服は殆ど使いません。時々ビキニやドレスを着ることもあります。ゴールドのアンクレットとトレードマークである黄色の前髪です。彼女のまつげはとても長く時々、カールさせたりペイントしたりしています。彼女は2回ほど、口紅を試した事がありましたが、スノーク族とムーミン族は目に見える口がないため、難しかったようです。

「この中で誰が一番美しいか一目瞭然だった!」ムーミントロールはスノークメイデンがビューティーコンペティションに参加したときに言っていました。彼らのロマンスは漫画の中でたびたび取り上げられ、時には彼らの愛がテストされています。絵本の中でスノークメイデンは子供ですが、漫画の中では10代もしくはもっと大人びて見えます。彼らのストーリーはスノークメイデンが様々な危ない状況でムーミントロールが出てきて助けるというものです。

時に、スノークメイデンは氷山の上で一人になってしまいます。また海の真ん中で吹雪に合ってしまいます。そんなときに彼女はムーミントロールに助けを呼ぶのですが、ムーミンはいつも完全に彼女を助けることは出来ず、スノークメイデンは怒ってしまいます。でもそんな中でも彼女はムーミントロールを信頼しており、その救出劇の最後はスノークメイデンがムーミントロールに彼の勇気を讃えいろいろなギフトをあげることで終わります。

特に漫画の中ではスノークメイデンはムーミンなしでの生活を試みますが、ムーミンの勇敢さと信頼の置ける友人としていつも彼の元に戻ってくるのです。

 

The species of Snorks, to which Snorkmaiden and her older brother Snork belong to, are related to Moomins. Snorks appear for the first time in a book ‘Comen in Moominland’ (ムーミン谷の彗星). When Moomintroll hears about the existence of Snorks from Snafkin, he is first suspicious because of the difference of Snorks’ body color. The Snorks can change their body color based on their mood, whereas Moomins are always white. When Snorkmaiden gets scared, she changes color into purple, when she falls in love, she becomes bright red, and when she is sad, she becomes grey. Joy can change Snorkmaiden into yellow (and when she becomes yellow, she always wishes that Moomintroll brings her purple flowers).

Snorkmaiden is adventurous, creative, vain, and good hearted. She loves jewelry and flowers. She does not really use clothes; sometimes she uses bikinis and a few times a dress. Snorkmaiden wears a golden ankle bracelet, and her trademark is her yellow bangs. Her eyelashes are long, and she often paints and curls them. She tries on lipstick twice, but wearing lipstick is difficult for her because neither the Snorks nor the Moomins have a visible mouth.

“I have no doubt who is the most beautiful of them all!” exclaims Moomintroll when he sees Snorkmaiden in a beauty competition. The romance between Moomintroll and Snorkmaiden flourishes (but gets tested) many times in the comic strips and books. In the books Snorkmaiden is a child, but in the comic strips she seems older, like a teenager or even an adult. The basic story plot between Moomintroll and Snorkmaiden is that Moomintroll rescues Snorkmaiden from various dangerous situations.

Sometimes Snorkmaiden ends up in trouble on top of an iceberg; sometimes she gets stuck in the middle of a snowstorm or in the middle of the sea – always calling for Moomintroll for rescue. Moomintroll does not always manage the rescue operation perfectly, which can make Snorkmaiden furious. But even if she is furious, she always knows that she can rely on Moomintroll. The rescues always end up in ceremonies where Snorkmaiden awards Moomintroll with kind words and various kinds of gifts for his courageous behavior.

Especially in the comic strips Snorkmaiden also tries out life without Moomintroll. In the end she always comes back to Moomintroll, because Moomintroll is the bravest and most reliable friend.

Sources: Muumiopas.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です