ムーミントロール ー Muumipeikko – Moomintroll

ムーミントロール(ムーミンとも呼ばれます)はムーミンママとパパの唯一の子供です。彼はしばしば両親の気を引く事を他の兄弟とシェアしなければなりませんでした。例えばスニッフやリトルミイ、時にはムーミンと一緒に住む他の多くの子供たち、スノークメイデン(フローレン)やスナフキン達とです。ですが、他の子供達と多く過ごしていてもムーミンパパとムーミントロールの絆はとても強かったのです。

ムーミントロールのキャラクターは何年も掛けて出来上がりました。戦時中の初期のキャラクターは今よりも痩せていて、醜くて、怒りっぽかったのですが、その後大きな鼻を持ち丸まった体つきになっていきます。変わったのは体つきだけではなく、性格もよりやさしく、ポジティブなものになっていきます。漫画の中ではムーミントロールはママに頼っていたり、まだ子供っぽさをたくさん残していますが、本の中ではより独立した大人っぽい性格となっています。

私たちが今日知っているムーミントロールはソフトでやさしく、他の人々に心から興味を示して近づきます。彼は全ての人に誠実であり、他の人を傷つけたりはしようと思いませんでした。ムーミンは良い事と悪い事を区別するセンスを持っており、そのため他の人々の不幸も気にかけ自分も責任があると考えていました。ムーミンは悪い状況を改善できない時、とても大きな罪悪感に襲われました。ムーミンはとてもセンシティブで感情的な生き物だったのです。

ムーミンは過去の記憶を尋ね、それら思い出を忘れずに持っていました。そのキャラクターはムーミンパパの彼の若い時代を思い出す癖など、明らかにムーミンパパから受け継がれているものでした。またムーミントロールは冒険が大好きでした。

彼の友人の中でも親友であったのはスナフキンです。ムーミンはスナフキンを尊敬しており、自分もいつか彼のような自由な精神を持つ旅人になりたいと思っていましたが結局、スナフキンのような旅人になるとムーミンの家と両親がとても恋しくなってしまうと思うのでした。

ムーミンは長い間旅に出たいとは思いませんでしたが、彼の父、ムーミンパパと同じように冒険が大好きでした。彼は高い波に飛び込んだり、高い木に上ったりし多くの友人の困難な状況を救ってきました。その中でも一番助けられたのはガールフレンドのスノークメイデンだったのです。

 

Moomintroll (often called just Moomin), is the only child of Moominmamma and Moominpappa. He frequently has to share the attention of his parents with other kids; these include his adopted siblings Sniff and Little My, but also many others that come and live with the Moomins, for example Snorkmaiden and Snufkin. But even if there are many other kids around, the special bond that exists between Moomintroll and his mother Moominmamma is beyond comparison.

Moomintroll has developed over the years. The early character of the war years was skinny, ugly and angry, but later on Moomintroll got a wider nose and a rounder body. It was not only his outward appearance that changed over the years though; his personality grew into a more kind and positive one. In the comic strips Moomintroll’s character remained pretty much the same –he has many child-like features and he is quite dependent on his mother, but in the books he becomes more and more independent and adult-like.

The Moomintroll that we all know is soft and kind, and he approaches other people with a genuine interest in his heart. Moomintroll would always like to be loyal to everybody and he does not want to hurt anybody’s feelings. Moomintroll has a very deep sense of what is right and wrong, and he often feels that he is responsible for other people’s misfortunes. Is Moomintroll cannot make a bad situation better, he feels an enormous amount of guilt, often without a reason. Moomintroll is a sensitive creature with strong emotions.

Moomintroll likes to travel back to his memories, and hang on to items and artifacts from past times. This character trait he clearly gets from his father, who is often looking back at the days of his youth. Moomintroll also loves adventures – most of all with his best friend Snufkin. He admires Snufkin tremendously and would like to be the same kind of traveller and free spirit just like Snufkin, but over and over again Moomintroll has to acknowledge that he misses his home and his parents too much in order to stay away for such long periods of times.

But even if Moomintroll does not want to leave home for too long, he does have an adventurer’s heart. Just like his father, he is brave enough to dive straight into high waves, to climb trees and mountain highs, and to rescues others from various troublesome situations. Most of all he loves to rescues his girlfriend Snorkmaiden.

Sources: Orjasaeter, Tordis: Tove Jansson – Muumilaakson luoja. Muumiopas.
HS Teema: Tove, Ihmisyyden puolustaja. Muumitaiteilijan sata vuotta.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です