リトルミイ Pikku Myy – Little My

恐れを知らず大胆なリトルミイはおとなしく丸い形のムーミンとは全く反対です。彼女は時に横柄で、知りたがりで、無法です。彼女の名前は最も小さく存在するものという意味でリトルミイのシンボルはμ (ミュー)から来ています。マイクロメートルの古い表記でとにかく小さいと言う事を意味し、トーベは初期の原画にはμ をリトルミイに使っていました。

リトルミイは4冊目のムーミンの本、ムーミンパパの思い出(1950年)で登場しました。リトルミイはたくさんの兄弟・姉妹を持っており、スナフキンは母親が同じです。リトリミイは実際に母親を持っていましたが、ムーミンたちと住んでいました。

リトルミイはとても小さかったためポケットにも入ることができました。またアリたちともにらめっこをする事ができました。その小ささのため、雪の上を歩く時でも足跡を残さずにある事ができ、またムーミン谷に雪が降った場合でも雪は彼女にあたることができませんでした。

リトルミイを興奮させる事ができたのは恐怖と悲劇のみでした。彼女は常に混乱しており、時に人々に意味不明のアドバイスをすることがありました。リトルミイは嫌いな事実には大声でどなったり、怒ったりしました。たくさんのリトルミイの話は世界の終焉の話でした。

 

“今から食べられる!” “Now we get eaten!” (The exploits of Moominpappa, ムーミンパパの思い出).
”今から押しつぶされる!” “Now we get squashed!” (The Book about Moomin, Mymble and Little My, それからどうなるの?)
“今から焼かれる!” “Now we get burned!” (The exploits of Moominpappa, ムーミンパパの思い出).
“今から溺れさせられる!” “Now we got drowned!” (The Book about Moomin, Mymble and Little My, それからどうなるの?)
“彼は完全に死んでいる!”“He is totally dead!” (Moominland Midwinter, ムーミン谷の冬)

 

彼女はとても小さかったため、彼女のする悪さは全て許されていました。(もちろん彼女自身は許しを乞う事はしませんでしたが)リトルミイは”成長が止まった人”であり、何も恐れていませんでした。リトルミイは彼女の法外な行動、言葉でムーミンのキャラクターの中でも人気がありますが、彼女自身も自分の事が分からなく、私たちも彼女が何を考えているか分かりません。ムーミンの家族の中でも悪い行動をしても彼女は決して誰かを傷つけようとしているのではありませんでした。

*注)ムーミンの本に関する翻訳はオフィシャルなものではなくアイカパイカでフィンランド語から直接訳したものです。

 

The fearless Little My is a total opposite for the calm and round-shaped Moomins. She is arrogant, curious and outrageous. Her name means ‘the smallest that exists’. The symbol behind Little My’s name is μ (Mu), a prefix for micro. Tove Jansson used theμ-symbol in the earliest drawings of Little My.

Little My first appeared in the fourth Moomin book, The exploits of Moominpappa published in 1950 (ムーミンパパの思い出). Little My is born on a Midsummer night; her mother is Mymble and her father is unknown. Little My has numerous brother and sisters, including Snufkin who is her half-brother and ‘Mymble’s Daughter’ who is her sister. But even if Little My has a real mother, she lives with the Moomin family who practically adopts and raises her.

Little My can fit into a pocket easily. She is so small that she can have a staring competition with an ant. She is so small that she does not even leave traces to the snow, and when it snows in Moominvalley, the snowflakes can’t hit her.

Horror and disaster only gets Little My excited. She is nothing but anarchy, and she often loves to give strange advice to people. Little My always shouts out the unpleasant truths and threats that no one would like to think, let alone say out loud. Many of Little My’s exclamations are pure doomsday talk:

Because Little My is so little, she gets her misbehaviors forgiven (but she herself never asks for forgiveness). Little My is the person “who somehow had stopped growing up”. She is not afraid of anything. Little My is one of the most popular of the Moomin characters; she is admired for her outrageousness by many, but she can be a little difficult to identify oneself with. We never can find out Little My’s innermost feelings. Unlike the members of Moomin family, she never has a bad conscious. But even if she behaves badly, she never really wishes harm to others.

Please note: All quotes from Moomin books mentioned in this article are not official translations, but freely translated by us from Finnish sources.
Sources: Muumiopas, Wikipedia