スニフ — Nipsu – Sniff

スニフは早くから登場するムーミンのキャラクターです。最初のムーミンの本の中でスニフは名前がありませんでした。その本の中では重要な役割であったのですが「小さな生き物」として呼ばれており、2つ目のムーミンの本でやっとスニフはその名前を付けられました。いまでは茶色の体つきとなっていますが、初めの頃は白い体をしており、また病気になるとい緑っぽい色になるのでした。

ムーミンたちとスニフの友情はムーミンたちが木の間からのぞく臆病なスニフの目を見たときから始まりました。ムーミンママはスニフを直ぐに家族にいれ、ムーミンママの子供となったのでした。

スニフの本当の親はスニフが小さいときにどうしてか分かれ離れになってしまいました。しかしスニフは彼の両親と最終的に合います。そしてボタンのコレクションを貰いそれがスニフの宝物となるのです。

スニフはナイーブで子供っぽい性格のため、物事が難しくなると直ぐに不満をいったり愚痴をいったりしています。また怖くなるとスニフはめまいを起こします。また船酔いになりやすくいつも吐いています。スニフはムーミンと仲のよい友達ですが、ムームンはこの子供のような性格のスニフの面倒をいつも見ないといけませんでした。

スニフはいろいろな宝物(お金や光るもの)が好きで特に宝石が大好き、物を持つ事で幸せが訪れると思っています。他の人を助けますが、それは助ける事によって何か得られることがある場合のみです。ムーミンとスナフキンはそんなスニフの考えを改めようとしますが、全くうまくいきませんでした。スニフの考えは他の住人と全く異なったもので、物質的なものが大事で、コミックの中では本で描かれているよりも物が大好きです。そしてスニフがもっとも興味があるのはお金とそのお金をつくる事でした。

ある時はムーミン谷にある一番きれいなビーチをリゾートに変えてしまい、ムーミン谷を通らないといけない電車によってお金をもうけていました。ついには小さい人を大きな人へ、女性を男性へ変えてしまう事のできる薬を作りだします。スニフのその怪しいビジネスのため警官とよく揉め事になっていました。しかしムーミン一家はいつもスニフがトラブルに巻き込まれた場合には助けてあげるのでした。

 

Sniff is one of the earliest Moomin characters. In the first Moomin book Sniff does not have an actual name – he is just called “det lilla djuret”, or “small animal”, even if he is one of the key characters in the whole book. In the second Moomin book Sniff gets his real name. People usually know Sniff to have brown coloring, but in the earliest books he is white or a little bit greenish when he gets sick.

Friendship between Moomins and Sniff is established when Moomins see Sniff’s scared eyes peeking behind a tree. Soon Moominmamma adopts Sniff, and he becomes one of Moominmamma’s children. Sniff’s real parents somehow lost him in his early childhood. When Sniff finally reconnects with his parents, he gets a button collection from them – a true treasure.

Sniff is a very naïve and childlike character that complains and whines immediately when things get tough. If the situation gets too scary, Sniff gets dizzy. He often gets seasick and he is constantly throwing up. Sniff is a good friend of Moomintroll, but Moomintroll constantly has to take care of him, this whiny child-like figure.

Sniff loves all kinds of treasures, especially jewels. Sniff believes wholeheartedly that owning material things brings happiness. He only helps others when there is a chance that he could benefit himself from the situation. Moomintroll and Snufkin try to direct him to other ways of thinking, but without success. Sniff’s way of thinking is so different – only material things matter to him. In the comic strips Sniff is even more of a materialist than in the books – he is only interested in money and all kinds of activities that can make more money. He even turns Moominvalley’s best beach into a sea resort, and takes financial advantage of the train tracks that go through Moominvalley. Sniff even manufacturers a youth potion that can make small people big or female into men. Sniff quite often gets into trouble with police because of his fishy business activities – but the kindness of the Moomin family usually bails Sniff out of the constant trouble that he is in.

Sources: Muumiopas, Wikipedia