ミムラ夫人 – Mymmeli – Mymble’s Mother

ミムラ夫人の全て

ミムラ家には二つのタイプがいます。一つは前にも登場したミムラお姉さんでとても細くて背が高い。そしてもう一人がこのミムラ夫人でとても大きくて、丸いタイプです。普通はミムラお姉さん、もしくはミムラ夫人について簡単に見分ける事ができますが、いくつかの本の中では両方とも同じように描かれており区別をつけることができません。

この丸い体型をしたミムラ夫人はたくさんの子供達の面倒を見ており、彼女にとっても多すぎて正確な人数はわからなくなっていました。夫人の子供の数はいろいろな説、や数字があり、17,〜19人という本から、はたまた34人以上として描かれている本もあります。(例えばムーミンパパの思い出:Exploits of Moominpappa) よく知られているようにスナフキンの母親はミムラ夫人です。

ミムラお姉さんはミムラ夫人の一番上の娘です。彼女はミムラ夫人のたくさんの子供たちの世話を手伝っていますが、ミムラ夫人自身は彼女の子供達は自立するように教育し子供達の遊びや活動に口を出しませんでした。

フィリーヨンクがミムラ夫人の子供達の乱暴さを注意したとき、夫人はフィリフヨンカのに自分の子供達にどうやってそれに対抗するか教えるべきだといっています。

ムーミンの家をミムラ夫人とその多くの子供達が訪れたとき、ミムラ夫人がリラックスしている中で子供たちは部屋の中を走りまわっていました。そのうちムーミンたちにとって彼女達の訪問はめんどくさいものとなりますが、ミムラ夫人はそんな問題を起こしているという事に気づきもしないのです。

そしてある時、ミムラ夫人とその子供たちががムーミンの家から帰った際、リトルミイを忘れてしまいます。しかし彼女はムーミンパパに自分はもう十分な子供をもっているからリトルミイを預かってもらえるよう言うのでした。このようにしてリトルミイはムーミンたちと一緒に暮らす事となります。

ミムラ夫人とその子供たちはいつもリラックスしている人々です。もしなにかいやなことがあると他の場所へいってしまいます。そして子供達もいつもハッピーな子供で夫人の性格を多く受け継いでいました。

 
[inarticle]

 

There are two types of Mymbles: a) Mymble’s Daughter who is tall and skinny (in some books she is called just Mymble), and b) Mymble’s Mother who is large and round. Usually one can easily point out whether the character in question is the daughter or the mother, but in some books and comics they are quite mixed and we cannot know for sure. In this article we talk about Mymble’s Mother.

The round-shaped Mymble’s Mother is a single parent to a large group of children. Mymble’s Mother has so many children that even she herself doesn’t know exactly how many she has. The number of Mymble’s children varies in different books; it can be 17,18, or 19 – or even 34 in the Exploits of Moominpappa (ムーミンパパの思い出). Mymble’s Mother is also mother to Little My and Snufkin.

Mymble’s Daughter is the oldest of Mymble’s Mother’s children. She often helps to take care of her numerous siblings, but otherwise Mymble’s Mother wants to encourage independence and does not interfere much with her children’s activities. When Fillyjonk complains about the behavior of Mymble’s Mother’s children, she just says: ‘You should teach your own children to fight better’. All Mymbles like to stay happy and relaxed, and they don’t stress much about anything.

When Mymble’s Mother and her numerous children visit the Moomin house, the children are running all over the place while their mother relaxes. Their visit soon becomes quite burdensome to Moomins, but Mymble’s Mother does not seem to notice the nuisance she causes. When Mymble’s Mother and her children are leaving the Moomin house, Little My is left behind by accident. Mymble’s Mother promises that Moominmamma can keep Little My, because she already has so many children of her own. So Little My is adopted by the Moomins and starts living in the Moomin house.

Mymbles are good at relaxing and taking time for themselves. They are not afraid of the world, and they treat the whole world as one single playground. If something feels unpleasant to Mymbles, they just move to another place. Mymbles are thoroughly happy creatures, and their children have inherited this personality trait as well.

Sources: Muumiopas. Wikipedia.

[Belowarticle]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です