Finnish Christmas Traditions

日本ではたくさんの人たちが私にフィンランドではどのようにクリスマスを過ごすのか聞いてくれます。ですので今回は私の国ではどのようなクリスマスの伝統があるか書いてみたいと思います。

もちろんそれぞれの家庭によって異なることはありますが、普通はクリスマスの間はたくさんのおいしい食べ物があり、プレゼントを交換したり、クリスマスのサウナに入ったり、教会にいったり、テレビを見たり、ボードゲームや本を読んだりします。

フィンランドの家庭では24日のクリスマスイブの12時(正午)がクリスマスの始まりとなり、家族があつまってこれまでの忙しかった日々から逃れ、リラックスします。

 

ヨウルアアット=クリスマスイブ(12月24日)

この日はもちろんフィンランドのヨウルプッキ(サンタクロース)がみんなの家にやってくる日です。それはたくさんの希望と喜びに満ちた日で、小さなこどもたちはみんな、いつサンタクロースはやってくるの?と窓から覗いています。

ヨウルプッキとヨウルトントゥはもうすぐそこまでやってきています。でもいつ家のドアをノックするかは誰も分かりません。最後にヨウルプッキが家を訪れるときには、彼はこう聞きます。 “Onko taalla kiltteja lapsia?” 「良い子はこの家にいるかい?」そして子供達はヨウルプッキにクリスマスの歌を歌い、彼の膝の上に座ったりして、プレゼントを配るのを手伝うのです。もし、家に子供が居ないときには大きなクリスマスツリーの下にプレゼントは集められ、そこからプレゼントの交換が始まります。

 

ヨウルパイヴァ=クリスマス(12月25日)

ヨウルパイヴァはクリスマスイブより静かに過ごす日です。クリスマスの日はイブの日よりも静かで新しいプレゼントに囲まれて過ごす日です。子供達は遊び、大人達はおしゃべりをしたり何もしなかったりします。もちろん食べる事もたくさんして、十分な休息もとります。

 

タパニンパイヴァ=第2のクリスマス(12月26日)

タパニンパイヴァの日には、もう少し忙しくなります。というのも親戚や他の友人を訪問し始めるからです。時には一日に2−3件を訪問する事もありたくさんのコーヒーとクリスマスケーキを食べる事になります。

 

新年の休日とロッピアイネン(1月6日)

フィンランドのクリスマスとはニューイヤーから1月6日まで続き、その期間をロッピアイネンと呼びます。なので大晦日やニューイヤー(1月1日)もクリスマスのデコレーションは飾り付けしたままで、ずっとクリスマスフードを食べ続けるのです。

もちろん新年が過ぎると人々はすぐに働き始めたり、学校に戻りますが、1月6日はもう一つの祝日となります。その日ロッピアイネンは正式なクリスマスの終わりを意味します。その日にはクリスマスデコレーションはおろされ、クリスマスツリーも片付け、いつもの日常に戻るのです。
xmas

 

Finnish Christmas Traditions

Everybody here in Japan are always asking how Finnish people celebrate Christmas, so here is a short story on Christmas traditions in my country. The traditions can vary in each Finnish household, but usually the Christmas period is full of good food, present sharing, Christmas sauna, going to the church, watching television programs, playing board games and reading books.

In Finnish families, Christmas usually starts on Christmas Eve (24th December) at around noon. All family members have gathered at home, and it’s time to slow down the hectic speed of our everyday lives.

Jouluaatto – Christmas Eve (24th December):
As you know, in Finland Joulupukki comes to visit each household in person on Christmas Eve. Every one is full of excitement and expectation. “When will Joulupukki come?” the children keep on asking and peek through the windows. Joulupukki and Joulutonttu’s are on their way, but no one knows for sure when they will come. And when Joulupukki finally arrives, he enters the door by asking “Onko taalla kiltteja lapsia?”, (“Are there any good children here?”). Then the kids sing Christmas songs to Joulupukki, sit on his lap, and help Joulupukki distribute the presents. If there are only adults or big kids in the house, the presents are placed under the Christmas tree, and then distributed from there.

Joulupaiva – Christmas Day (25th December):
Joulupaiva (Christmas Day) is a time for reflecting and calming down, even more than Christmas Eve. Christmas Day is usually spent at home, and the new presents keep everyone occupied. Children are playing, adults are chatting– or just doing nothing special. It’s important to eat well, and to rest as much as possible.

Tapaninpaiva – Second Christmas Day (26th December):
On Tapaninpaiva, things usually get a bit busier, as people often visit relatives and friends. It can even be that one manages to visit two or three houses this day, so Tapaninpaiva is usually filled with lots of coffee drinking and eating Christmas cakes and sweets at other people’s houses.

New Year’s Holidays and Loppiainen (6 January):
Finnish Christmas time continues throughout the New Year’s up until 6th January, the day that we call Loppiainen. So even on New Year’s Eve and New Year’s Day we still have all the Christmas decorations up, and we keep on eating the remaining Christmas foods. After New Year’s people usually go back to work and to school, but on 6th January there is another public holiday, Loppiainen, which marks the official end of Christmas. On Loppiainen, the Christmas decorations are finally taken down, Christmas tree is disposed, and it’s time to get back to our busy every day lives.

Source: Tunturisuden joulusivut