Joulutonttu – Christmas Elf—ヨウルトントゥ

ヨウルトントゥとはヨウルプッキ(サンタクロース)の小さなお手伝いで、ヨウルプッキとその奥さんが住んでいるコルヴァトゥントゥリにたくさんいるエルフ(妖精)です。コルヴァトゥントゥリの周りにはたくさんのヨウルトントゥがいます。

ヨウルトントゥは小さな生き物で、赤い服とトンガリ帽を被っていて、サンタクロースのそれと同じ長いひげを持っています。ヨウルトントゥがフィンランドのクリスマスに現れたのは19世紀の終わりと言われています。

ヨウルトントゥの大事な仕事は小さな窓から全ての子供達が行儀よくしているか、覗くことです。そしてその中でももっとも静かで小さなヨウルトントゥがこの大事な任務をまかされます。それもそのはず、子供達はヨウルトントゥがウロウロしているのを決してみては行けないからです。

そしてヨウルトントゥは子供達の行儀を全てハンドブックにメモし、最後にヨウルプッキ(サンタクロース)にそれを渡します。フィンランドの母親は子供達に行儀よくするよう言います。歯磨きをする事、宿題をやる事、他の人を助ける事・・・・、もしかするとヨウルトントゥが見てるからもしれないからです。

もうひとつのヨウルトントゥの大事な仕事はヨウルプッキ宛に世界中から送られる手紙を読む事です。そしてまたハンドブックに子供達の願い事を書き留めていきます。さらに彼らは語学に堪能でいろいろな言語で書かれた願い事を理解する事ができます。

ヨウルトントゥは全てのこどもたちが欲しいプレゼントを作るため一年中働いています。そのため彼らはマルチタレント−時にはメカニックであったり、大工であったり、印刷をしたり色々な事ができるのです。そしてクリスマスイブが近づくとヨウルトントゥはプレゼントをラッピングして各家庭に届ける準備を始めます。

最後に、ヨウルトントゥはサンタクロースだけの話ではなく、フィンランドには他の種類のヨウルトントゥもいるのです。たくさんの田舎の家庭ではトントゥがいてその土地や農作物を守ってくれるといいます。フィンランドの農家の人たちはその土地をきちんと手入れしなかったり、ポーチにトントゥ用のお供えの食べ物を忘れてたりすると彼らは怒って農作物を荒らしてしまうと信じられています。

そして、サウナに住むサウナトントゥもいます。彼らは小さくて優しい生き物と知られており、人間が使った後のサウナの暖かさを楽しんでいるのです。

 

Joulutonttu’s are Joulupukki’s (Santa’s) little helpers, elves that live with Joulupukki and his wife in Korvatunturi. There are hundreds and hundreds of Joulutonttu’s around in Korvatunturi. Joulutonttu’s are small creatures that wear red clothes and a red pointed hat, and often have a long beard similar to the one of Joulupukki’s. Joulutonttu’s first appeared in the Finnish Christmas beliefs at the end of the 19th Century.

One of the most important tasks of Joulutonttu’s is peeking through windows to see if all the children are behaving well. The quickest and the smallest Joulutonttu’s are chosen for this important task – all observation of children must be done secretly, because children should never see any Joulutonttu’s moving around. Then Joulutonttu’s write down the true status of children’s behaviors in a huge notebook, which is then presented for Joulupukki himself. Mothers often remind their children to be careful with their behaviors – to brush their teeth, to do their homework, and to help others – in case a Joulutonttu is watching.

The other important tasks of Joulutonttu’s include reading all of the letters that children send to Joulupukki from all over the world. Joulutonttu’s then record the wishes of each child in a huge book. The Joulutonttu’s are very good at languages too, because they must be able to read letters written in many foreign languages. Joulutonttu’s work hard all year long, from January to December, to make all the gifts for all the children around the world according to their wishes. Joulutonttu’s are multitalented too -– they are very good carpenters, mechanics, painters, weavers, and printers for example. When Christmas Eve is coming closer, Joulutonttu’s wrap all the gifts and prepare them for each household.

There are other kinds of Tonttu’s in Finland too, not only Joulutonttu’s (Christmas Elves). Many countryside households had their own Tonttu’s, whose job was to protect the land and the crop of the farmer. Some Finnish farmers believed that if one did not take care of the land properly, or forgot to leave food for Tonttu’s on the porch, the Tonttu’s could destroy the crop. There is also a Saunatonttu, a Tonttu that lives in Sauna, who is known to be a small and kind-hearted creature that comes to enjoy sauna’s warmth after all the people have left.

Sources: Mauri Kunnas: Santa Claus. Wikipedia. Tunturisuden joulusivut.