寂しがりやのクニット

クニット(トフル)は小さくて大きな目をした生き物、お互いにとても小さな、殆ど聞こえない声で話をしています。彼らはとてもシャイで寂しがり屋です。彼らはあまり色がなく髪と服装は全てグレーのためムーミン谷の他の住人からは殆ど気にされることはありませんでした。

彼らは他の生き物に囲まれている時でも木や石の間から覗き見をしたり、常にシャイで一人であり続けています。そのため彼らは「Who will comfort Toffle」(寂しがりやのクニット)の本の中で寂しさの象徴として描かれています。

クニットはある時ボトルの中に入った手紙を見つけることで新しい生き方に気づきます。とても寂しく、シャイな女の子がその手紙を書き、クニットは彼女を見つけるために勇気が湧いてくるのです。孤独で冷たい大きな魔物のモラン(Groke)に捕まったりしますが、モランも怯えさせます。ムーミンでさえモランには立ち向かえなく、これはクニットにとってはすごい離れ技でした。そしてクニットが新しい友達にあった時の喜びは非常に大きいものでした。

トーベ・ヤンソンは実際にこのクニットを一人のファンの少年から受け取ったレターから名付けます。この男の子はファンレターの中で自分の名前をクニットと書いていたのです。この少年はムーミンのキャラクターの全てが大好きで、それらは自分に強さをくれると書いていました。でも実際には彼はいつも寂しくて、ひとりぼっちだと考えているとも。

少年はトーベにどうすればいいですか?と聞いていました。トーベはこの少年の気持ちに答えるため、『Who will confort Toffle」を書き始めたとされています。トーベはこのキャラクターを絵本の中で書く事で、どうやって寂しさやシャイな気持ちを克服するか読者に伝えたかったのだと思います。

 

Toffles are small and wide-eyed creatures that talk either with a barely audible voice or not at all. They are very shy and very lonely. Toffles are also quite colorless – their hair and clothes are grey – and this makes them even more invisible in the eyes of other creatures of the Moominvalley. But even if Toffles are surrounded by other creatures, they still remain very shy and alone –they only peek from behind stones or trees. The Toffle that appears in ‘Who will comfort Toffle”-book has in fact become almost a symbol for loneliness.

Toffle gets a new sense of direction with his life when he finds a letter inside a bottle. A lonely, shy girl, very similar to him, has written the letter. Toffle gathers his courage and goes searching for this girl. Toffle stumbles upon Groke, and manages scare Groke away. This is quite a remarkable achievement for Toffle – even the Moomins weren’t able to stand up against Groke. What a joy it was when Toffle finally finds his new friend!

Tove Jansson got the idea for Toffle’s name when she received a fan letter from a boy, who signed this letter as “knyttet” (=Toffle). This boy explained that he admires all the Moomin characters, and they give him strength, but that in the real life he always feels an outsider. The boy asked: “What should I do, because I am always left outside of everything? What should I do, because I am always so scared of everything?” In order to answer this little boy’s feelings, Tove decided to make a picture book that includes a scared and a lonely boy. “Who will comfort Toffle?” –book was born. Tove Jansson thought that by introducing a scared and a lonely character, she might be able to help children who are trying to cope with feelings of fear and being an outsider.

Sources: Orjasaeter, Tordis: Tove Jansson Muumilaakson luoja. Muumiopas. Wikipedia.