トフスランとビフスラン – Tiuhti ja Viuhti – Thingumy and Bob

トフスランとビフスランはとても小さい生き物で最初に登場した時は誰も信じようとしませんでした。彼らは「楽しいムーミン一家」の本でムーミン谷に飛行おにから逃げるためにやってきます。彼らはいつもおおきなラゲッジケースを抱えており、その中には飛行おにが探しているルビーが入っています。そしてムーミン谷ではムーミンママがトフスランとビフスランを助けるのでした。

トフスランとビフスランはヘムレンが理解できる意外は誰も分かることのできない言葉でしゃべっています。彼らは言葉の最後にtiを付けて話し、ヘムレンはムーミンたちにトフスランとビフスランは遠い国の外国語でしゃべっていると説明します。

あるとき、トフスランとビフスランはムーミンママのハンドバックを盗みます。それはハンドバッグがとてて素敵な寝る事のできる場所だと考えたからです。ムーミン谷は大騒ぎになり、住人のみんなはムーミンママの一番大切なバッグを探し出し、トフスランとビフスランが盗んだ事を見つけるのです。

でもトフスランとビフスランはどちらがどっちなのでしょうか。トフスランは赤い帽子を被っており、ビフスランは青い帽子を被っています。彼らの外観は限りなく似ており、いつも踊ったり、パーティーをしたりしています。

トフスランとビフスランは実際にトーベ・ヤンソンと友人(パートナー)のヴィヴェカ・バンドラーをモデルとして描かれています。トーベがトフスランで、ヴィヴェカがビフスランでした、ヴィヴェカは劇場(シアター)のマネージャーかつダイレクターであり、彼女を通してトーベは劇やアクターの世界を知る事となります。そして二人の関係は離せないものとなり、トーベは自分たちの関係をこの二人の小さくキュートなキャラクターに反映させたのです。

 

Thingumy and Bob are timid, small creatures that at first did not trust anybody. They first come to Moominvalley in ‘Finn Family Moomintroll’ -book when they were escaping from Groke. Thingumy and Bob were carrying a large suitcase where they are hiding a ruby stone that Groke was after. Moominmamma helped Thingumy and Bob get rid of Groke.

Thingumy and Bob talk in their own language that nobody except Hemulen can understand – they add ti at the end of each word. Hemulen explains to Moomins and their friends that Thingumy and Bob talk in a foreign language of a far-away country.

Once Thingumy and Bob steal Moominmamma’s handbag, because they think that the handbag is an excellent place to sleep. Everybody in Moominvalley is looking for the lost bag. Finally Moomins find out that it was Thingumy and Bob that took the bag, and a huge party is arranged to celebrate the reappearance of Moominmamma’s most valuable possession.

 

But which is in fact Thingumy and which one is Bob? Thingumy wears the red hat, and Bob wears no hat at all. Thingumy and Bob resemble each other a lot, and they are often dancing and partying. Thingumy and Bob were modeled after Tove Jansson herself (Thingumy) and her friend Viveca Bandler (Bob). Viveca was a founder of a Swedish theater and a director, and she opened the wonderful world of theater to Tove. Tove and Viveca became soon inseparable, and that’s why Tove wanted to depict their relationship in these two fun and cute characters.

Sources: Helsingin Sanomat Teema: Tove, Ihmisyyden puolustaja. Muumiopas. Wikipedia.