トゥーティッキ- Tuu-tikki – Too-ticky

トゥーティッキはMoominland Midwinterの本の中でこのように言っています。

「物事はすべて確実ではない。その不確実な事がまさに私を安心させる」

トゥーティッキは好奇心が強く、前向きな生き物で、ムーミン谷の水小屋に8匹のShrew(ねずみみたいな動物)と住んでいます。トゥーティッキは赤と白のストライプ柄のシャツと赤い帽子、ズボンを履いています。

そしてトゥーティッキは女性が男性かよくわかっていません。その容姿や服装からは全く男性のように見えますが、トーベ・ヤンソンはオリジナルの本の中でトゥーティッキの事をスェーデン語で’Hon’(=彼女 She)として呼んでおり、女性として描かれている事が分かります。トゥーティッキはもちろんムーミンの親友です。

彼女は不確実な事に大変魅了されています。なぜよくわからない事を心配したりする必要があるのかといつも考えており、いつももの静かなのです。

ある時にはムーミン達が過ぎ去ってしまった夏を思い出しているのを見て、終わってしまった事を望んでいてもしょうがなく、それよりも今現在を楽しむ方がよっぽどいいと言っています。

ある冬にトゥーティッキは氷の馬を見るもの全てを氷に変えてしまう”The lady of the cold”にプレゼントします。一度はトゥーティッキの忠告を無視してリトルミイがThe lady of the coldに近づき過ぎて氷になってしまいます。(直ぐにトゥーティッキとムーミンによって元に戻される)このようにトゥーティッキは物を作る事が得意で、いつもナイフをベルトに付けているのです。

トゥーティッキはいつも強い感情を出しませんでした。いつも少しだけ笑っており、注目のされようとはしませんでした。

トゥーティッキのキャラクターはトーベの生涯にわたるパートナーであったトゥーリィッキ・ピエティラ(Tuulikki Pietila)をベースに描かれており、彼女もとても理性のある女性だったようです。そしてトゥーティッキのように落ち着いた女性でした。

 

1

“All things are so very uncertain. And that’s exactly what makes me feel reassured”- Too-ticky says in the Moominland Midwinter-book. Too-ticky is a curious, active and positive creature, who thrives in the wintertime and lives in Moominvalley’s “swimming room” with eight shrews (mouse-like animals). Too-Ticky wears a red-and-white striped shirt with a red hat and trousers.

It is not that crystal clear whether Too-Ticky is a male or a female. Too-Ticky has quite many male-like characteristics and wears male-looking clothes. Tove Jansson, however, refers in her original writings to Too-Ticky as ‘hon’ (Swedish for ‘she’) so we can assume that Too-Ticky is a female. Too-Ticky is Moomintroll’s close friend.

Too-ticky is fascinated by the fact that nothing is certain. Why worry about something unnecessarily if there is not much you can do about it? she thinks. Too-Ticky takes everything calmly and without a hassle. In the middle of winter, when Moomintroll is missing summer and apple trees, Too-ticky just calmly observes: “But it’s growing snow”. Too-ticky thinks that there is no point in longing after something; it’s much better to enjoy the present instead.

One winter Too-Ticky builds an ice horse as a present to “The Lady of the Cold”. “The Lady of the Cold” turns everybody into ice. Once Little My ignores Too-Ticky’s warnings and gets too close to the “Lady of the Cold”.  Little My is immediately turned into ice, but somehow Too-Ticky and the Moomins are able to turn Little My back to normal. Too-Ticky is also very good at building things, and she always walks with a carving knife attached to her belt.

Too-Ticky hardly has any strong feelings – one way or another. She often smiles a little (but only a little). Too-Ticky never wants to be in the middle of attention.

Too-Ticky- character is partly based on Tuulikki Pietila, Tove Jansson’s life partner. Tuulikki Pietila was very much a rational person – she always kept her feet on the ground, just like Too-Ticky.

Sources: HS Teema: Tove Jansson – ihmisyyden puolustaja. Muumiopas. Wikipedia.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です