マリメッコのロゴについて About Marimekko’s Name and Logo

マリメッコのブランド名の由来についてはいろいろなストーリーがあります。1962年~1963年に発売された新聞や雑誌ではマリメッコの英訳は「小さな女の子のドレス」もしくは「メリーのドレス」となっています。マリ(英語ではメアリー)はフィンランドでもとてもポピュラーな名前であり、メッコはその名の通り、ドレスを意味します。

ヴィホ・ラティア(アルミ・ラティアの夫)はマリメッコの名前の由来について

Interiors マがジン

Interiors マがジン

アルミの名前が元になったと後年述べています。当初、彼らは会社の名前をArmi Oy(Armi Ltd)としようとしましたが、この商標・会社名はすでに取得されており、ほかの名前を使わざるをえませんでした。

彼らは会社の主力製品として売って行きたいドレス(メッコ)を名前に使いたいと考えるようになりました。そしてそれをアルミのミドルネームであったマリ(Maria / Mari)と合体させたのです。このようにしてマリメッコの名前が生まれました。また偶然か意図されたかはわかりませんが、Mariの中にはArmiの文字がすべて含まれています。

マリメッコの名前に関して、ファッションショーのために配布されるプリントアウトや書類にブランド名が記載されていないといけなかったため、このブランド名はそのショーの前夜に急いで決められたりもしました。

マリメッコのロゴにまつわるストーリも大変興味深いです。アルミ・ラティアの1964年のインタビューによると、アルミはマリメッコのロゴを作るためいくつかのエージェントやアーティストに作成を依頼しました。花のような文字だとか、針とはさみを模したロゴだとか、モデルの体の一部であるとか、たくさんの提案を得る事ができましたが、アルミは納得するものがなく、それらの提案を全て窓から投げ捨ててしまいました。

しかしながら、そのときたまたまそばにあったアメリカの「インテリア」と呼ばれる雑誌に使われていたオリベッティのタイプフォントに彼女は魅せられます。そして、フィンランド人デザイナーのヘルジ・メザー・ボルグストロム(Helge Mether-Borgstrom)がそのオリベッティフォントを使ってマリメッコのロゴを作ったのです。

1952年のマリメッコのロゴのためのスケッチは誰が作成したのかは分かりません。もちろん、アルミのネガティブな反応のため、その作品・スケッチは自分の物だと名乗る人もいないでしょう。しかし一つだけ共通しているのはこのボツになったマリメッコロゴの提案にも全て小文字が使われていると言う事です。またフォントも最終的なロゴに使われているものと似ています。

小文字だけを使う流行は1920年代の終わりに始り、それはドイツの機能主義、バウハウスムーブメントから影響を受けています。そしてこのアプローチは今日まで続いているのです。

 

ロゴの案(1950年代)

ロゴの案(1950年代)

 

There are several stories regarding the origin of Marimekko’s name. In some newspaper and magazine articles published in 1962-1963 the English translation of Marimekko is often explained as: ‘Little girl’s dress’ or ‘Mary’s little girl’s dress’. As you know, Mari (in English: Mary), is a very common name in Finland. ‘Mekko’ on the other hand, is ‘dress’ in Finnish.

Vilho Ratia, Armi’s husband, later on recalled that the name Marimekko came from Armi’s name. They first tried to register a company name Armi Oy (Armi Ltd.), but this name was already taken so it had to be disrecarded. Then Armi and Viljo had an idea to take the Finnish word ‘Mekko’ (dress) to emphasize the type of products the company was about to sell, and add it to Armi’s middle name Maria / Mari. This is how the final company name Marimekko was born.

Nobody knows for certain if it is an accident or by purpose that if you reorganize the letters in the word ‘Mari’, you get Armi, the founder’s name. One thing that we know for certain is that the decision about the company name was done very quickly, just the night before a major breakthrough fashion show. The name of the company had to be decided because the name had to be printed on all of the handout materials that were to be distributed during the show. The story of Marimekko’s logo is an interesting one as well.

In an Armi Ratia interview from year 1964 she explains: ‘I asked some artists and adverticing agencies to create a logo for Marimekko. I got so many responses: some flowery letters, some proposals with needles or scissors, some with the pictures of a body of a model. Because the quality of the logo proposals was so low and uninventive, I got really mad and threw them all out of the window. Then I just pulled an American magazine called ‘Interiors’ that used the ‘Olivetti’ type font on it’s cover, and I got the inspiration for Marimekko’s logo from there. These ‘Olivetti’ type letters from the ‘Interiors’ magazine cover were then transformed into the final Marimekko logo by a Finnish artist Helge Mether-Borgstrom’.

Nobody knows who made the original, discarded logo schetches that can be seen in the attached picture from year 1952. There are no records kept on who these artists were. But I doubt that hardly anyone wants to claim these works as their own after Armi’s negative reaction. But one thing that is interesting – even in these discarded logo suggestions you can still see Marimekko being written with small letters, and the type font is also quite similar to the one being used in the final logo.

Using only small letters was a trend that came in fashion at the end of 1920s with functionalist Bauhaus movement from Germany, and this approach has remained modern up until our days.

Sources: Marimekkoelamaa. Wikipedia.