アドヴェント – Advent

今日は12月1日、最初のアドヴェントの日曜を祝う日です。つまりクリスマスまでは4週間!でもこのアドヴェントという考えは日本ではあまり馴染みが薄いと思うので、少しだけアドヴェントについて書きたいと思います。

アドヴェントという言葉はラテン後のAdventus, つまり降臨・再臨を意味します。アドヴェントの期間はクリスマスまでの4つの日曜とその間の平日のことを差します。もちろん毎年、最初のアドヴェントの日曜は異なるため、どれが最初のアドヴェントになるかチェックしないといけません。

よりキリスト教的言い回しをすれば、アドヴェントとはクリスマスにイエス・キリストが再臨する事を祝うための準備期間です。フィンランドの家庭ではこのアドヴェントの間にいろいろなクリスマスの準備をします、例えば大掃除、クリスマス料理の準備、クリスマスカードを書いたり、プレゼントを準備したり。もちろんアドヴェント期間はクリスマスの行事の準備だけをすることではなく、心を落ち着け今年に起きた事を思い出し、次の年の抱負を考える期間でもあります。もちろんキリスト教徒としてクリスマスはプレゼント交換だけではない本当の意味があるのです。

これらの行事は日本でいう年末〜お正月と似ています。今年起こった事を思い出し、来年の抱負を考える、大掃除をして、お正月のおせち料理を作る。そして家族が集まる事等。とても興味深いですね。

このアドヴェントの中の行事として伝統的なのはアデヴェントキャンドルに火を付ける事です。普通は4つの写真のようなキャンドルがあり、クリスマスまでの4回の日曜日に一つずつ火をともしていきます。そしてその4つのキャンドルには意味があります。

  • 1回目の日曜=希望のキャンドル
  • 2回目の日曜=平和のキャンドル
  • 3回目の日曜=愛のキャンドル
  • 4回目の日曜=喜びのキャンドル

それでは、まずは今日、最初のキャンドルに火を灯してみましょう!

 

Today on 1st December we celebrate the First Advent Sunday – four more weeks until Christmas! But what is Advent exactly? I thought that I should write a bit more about it.

The word Advent comes from the Latin word adventus, meaning “coming”. The Advent period is actually the last four Sundays and the weekdays between them before Christmas. Every year the First Advent Sunday falls on a different date – it depends on which days Christmas Eve and Christmas Day are, so every year we have to re-check the Advent schedule.

In a religious sense, Advent is the time of waiting and preparation for the celebration of the Nativity of Christ at Christmas. In more practical terms, the Advent period includes all kinds of Christmas preparations in Finnish homes; the big cleaning, preparing Christmas dishes, writing Christmas cards and preparing presents. But Advent does not only mean getting a lot of Christmas tasks done, but it also a period for preparing our minds for calming down; for reflecting on what has happened the past year and what is expected to come the year ahead. We also calm down on reflect on the true meaning of Christmas; it is not only presents, you know.

One of our most important Advent traditions is the Lighting of the Advent Candle. There are four Advent Candles in total, and one candle is lit on each Advent Sunday.

The four Advent Candles have the following four different meanings:

First Advent Sunday = Candle of Hope,
Second Advent Sunday = Candle of Peace,
Third Advent Sunday = Candle of Love,
Fourth Advent Sunday = Candle of Joy.

But first – let’s light the first Advent Candle, the Candle for Hope.