Kaamos カーモス 極夜について

今回はフィンランド北部や北極圏の暗い冬の日々、カーモス(極夜)についてブログしたいと思います。

私はフィンランド北部のオウルという町の出身です。そこはまだラップランドではありませんが、ラップランドと北極圏から300km程度でそんなに遠い場所ではありません。そのため、暗い冬の日々、フィンランド人がカーモス(極夜)と呼ぶものには慣れています。

カーモス(極夜)やポーラーナイトというのは、日中でも薄明か、太陽が沈んだ状態、夜が24時間以上続く現象のことをいい、南極圏や北極圏で起こります。(反対語は白夜)そしてフィンランド北部でカーモスは公式には11月の終わりから1月の中旬まで51日間続きます。もちろん南に行けば行く程、その時間は少なくなるのです。

mapカーモスの時期は実はラップランドのベストシーズンなのです。それはカーモスの間、暗くて青いライトが神秘的で不思議な雰囲気を創り出すからです。この厚い雪で覆われた木々と暗い空は私をノスタルジックな気分にさせてくれます。そして、そんな時はラップランドとLapps(ラップランドに住んで居た人々)の人たちが持っていた自然の力に対する古い信仰を考えざるを得なくなります。

日本でよく聞かれるのはこのカーモスの間、日中は完全に暗くなり、何も見えなくなるの?という質問です。しかしこれは真実ではなく、ラップランドでは午後大体4時間くらいは少しの明かりが照らしています。この4時間のライトは色々なところから来ています。一つは空からの光り、またそれが雪に反射して起こる光り、月とオーロラによって照らされる空等です。もちろん町では街灯やその他のライトがあります。そのような事からカーモスの日々は完全に暗くなるのではなく、曇った、もしくは青い日が続くのです。

空が少し明るくなったと思ったらすぐに午後には夜がやってきます(また!)しかしその午後の暗くなる前の大変短い時間はフィンランド人がSininen Hetki=Blue Momentと呼ぶとても美しい瞬間があります。このSininen Hetkiの間、空は大変青くなり、周りの雰囲気はより神秘的でミステリアスなものとなるのです。

皆さんも是非機会があれば、クリスマスシーズン等にフィンランドのラップランドまで足を運んでは如何でしょうか? – アンナ

Sininen hetki Kuusamo

 

I originally come from Northern Finland, from a town called Oulu. It’s not exactly Lapland yet, but it is not too far away from Lapland and the Arctic Circle either – just a few hundred kilometers up and you will be in there. So as you might imagine, I am very used to the dark winter days, or as we Finns call it, ‘Kaamos’.

The Kaamos time offers the best of Lapland – it’s the dark days and especially the blue light that give this time of the year the most mystical and magical atmosphere. The trees covered in thick snow pictured against the dark skies are something that always gets me in a very nostalgic mood. Somehow I always start thinking about Lapland, and the ancient beliefs that Lapps had about the powers of nature.

In actual terms, ‘Kaamos’ or ‘Polar Night’ is a phenomenon that occurs during the wintertime in the Arctic circle or the areas above it, where the sun does not rise above horizon and where the night lasts for more than 24 hours consequently. In the northernmost part of Finland, ‘Kaamos’ lasts officially for 51 days from the end of November until mid-January, but the more south you get, the shorter the official ‘Kaamos’ is.

People often ask me whether it gets completely dark in the daytime during ‘Kaamos’, meaning that you see nothing at all. This is actually not the case. In Lapland, there is some light for about four hours a day. The light during these hours is coming from various sources; first of all, there is light refracted from space, and snow is reflecting light around as well. Moon and northern lights (aurora) are also lighting up the skies. In cities and villages the streetlights and artificial lights are of course keeping things manageable. Therefore during ‘Kaamos’ the daytime sky is not completely black, but it feels more like a very cloudy, blue day instead.

In the afternoon when night is approaching (again!) there is a very short, special moment that we Finns call ‘Sininen hetki’, or a ‘Blue moment’. During ‘Sininen hetki’ the skies are especially blue in color, and we can feel that the atmosphere is getting strangely even more mystical than before.

Sources: Wikipedia, Yle.