Aino Aalto Bolgeblick アイノ・アールト / ボルゲブリック

water ring

water ring

Aino Aalto

Aino Aalto

Aino Aalto Iittala (1995-)

Aino Aalto Iittala (1995-)

イッタラのアイノ・アールトグラスはなんと80年以上も続いているシリーズだと皆さんご存知でしょうか!?

このシリーズはイッタラの中でも最も古いグラスシリーズです。

有名な建築家であったアルバ・アールトの妻であったアイノ・アールトは1932年にこのシリーズをデザインします。このシリーズはアイノ・アールトが一人でデザインした数少ないプロジェクトの一つです。(彼女の殆どのモデルは夫のアルヴァと共作であったため)

アイノ・アールトのグラスは当初‘Bölgeblick’(ボルゲブリック)と呼ばれていました。それはスウェーデン語で水面に石を投げ入れたときにできる円状の波という意味でアイノはこの瞬間をグラスの表面に表現したいと考えました。

このシリーズはカルフラ(Karhula)のガラスファクトリーが1932年に主催したデザインコンテストに出展するためデザインされました。その出展案にはドリンキンググラス、ピッチャー、ボウル(それらは機能主義的観点からスタッカブルであった)があり、最終的にこのシリーズはコンテストで2位に入賞します。これをきっかけに‘Bölgeblick’の生産が始まり、1936年のミラノトリエンナーレではゴールドメダルを受賞します。

このアイノ・アールト(Bölgeblick)シリーズのデザインはこれまでに何度かの変更が加えられました。1932年当初のウェーブパターンはとてもシャープなエッジを持っていたため、簡単にダメージが付いてしまいました。(Picture 1)
そのためPicture 2にあるようにそのシャープさが取り除かれます。

1930年代は簡単に想像が付くように、色々な物資、素材が不足していた時代でした。そのため当初の‘Bölgeblick’シリーズはその時工場にあったカラーが付いたガラスマテリアルを使用して生産が継続されていました。

そして次の変更はKARHULA-IITTALAのスタンプがグラスの底面に付く、1940年代に加えられます。(KARHULA-IITTALAは生産工場の場所です)Picture 3にあるようにこのスタンプが付いたグラスは1960年まで生産されます。

アイノ・アールト(Bölgeblick)は1960年代〜83年までは全く生産されませんでしたが、その後はいろいろな工場で生産の再開・中止を繰り返します。そして1995年になり生産がイッタラの工場に移った時より現在のAINO AALTO IITTALAのスタンプが付くようになり、現在もこの工場で生産は続けられています。

Aino Aalto glass overview

 

Did you know that Iittala’s ‘Aino Aalto’ glass series already more than 80 years old? This series is actually Iittala’s oldest ever glass series that is still in production.

Aino Aalto, wife of a world-renowned architect Alvar Aalto, designed the series in already 1932. This glass series is actually one of the very few projects that Aino Aalto designed completely on her own – most of her projects were done in tight cooperation together with her husband Alvar.

Aino Aalto glass series was originally called ‘Bölgeblick’, which is a Swedish word meaning the round circular waves that follow when a stone is being thrown into water – this motion is what Aino Aalto wanted to immortalize on glass surface. ‘Bölgeblick’ was originally designed as an entry to a glass design competition organized by Karhula glass factory in 1932; the proposal included a drinking glass, a pitcher and bowls that were stackable according to the functionalist principles. The series won the second prize in this Karhula competition, and so ‘Bölgeblick’ was taken into production. In the 1936 Milano Triennale the series was awarded with a golden medal.

The design of Aino Aalto / ‘Bölgeblick’ series has changed quite drastically over the years. The wavy pattern of the first version designed in 1932 had very sharp edges and the glass got damaged easily (picture 1) – therefore the edges were soon made less sharp (picture 2). As you can imagine, the 1930s were characterized by lack of raw materials of all kinds, so the early versions of Aino Aalto ‘Bolgeblick’ were produced using whatever coloured glass material that happened to be available at the factory at the time.

The next change was made at the end of 1940s, when a stamp KARHULA-IITTALA appeared at the bottom of the glass. (KARHULA-IITTALA is the name of the production factory location). Glass that had the KARHULA-IITTALA stamp was in production up until year 1960. (picture 3).

Aino Aalto / ‘Bölgeblick’ was not being produced at all from 1960 until 1983. After that the series was in and out of production and being produced by various factory facilities. It was however only in 1995 that the series also got its current stamp AINO AALTO IITTALA at the bottom, and when the production was localized at the Iittala factory where the series is still being produced today.

Sources: Koivisto, Kaisa: Kerailijan aarteet: suomalaisia juomalaseja. Koivisto, Kaisa: Lasitutkimuksia – Glass research (2001).

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です