バロッキ シリーズについて – About Barokki –

今回は前回のSesiシリーズに続いてエリッキタピオ・シーロイネンが1965年にリーヒマエン・ラシのためにデザインしたバロッキと呼ばれる非常に個性的なシリーズを紹介したいと思います。ナニー・スティルのグラッポニアなどが好きな人にはこのシリーズもおすすめです。バロッキもグラッポニアと同様にとてもビビットなカラーで作られていますが、グラッポニアと比べてより塊感があり男性的です。

バロッキ(バロック)はエリッキタピオ・シーロイネンの初めてのメジャーな作品でした。その目的は美しく、機能的なグラスシリーズをコストエフェクティブな方法で作ることでした。グラスのプレス成型は価格を下げる事を可能にし、バブルの形をした表面はガラス表面の小さな傷をうまく目立たなくすることができました。

シーロイネンは工業アートインスティテュート(Taideteollinen oppilaitosと呼ばれる学校)に在籍していた若いそしてまだ学生の時にバロッキをデザインしています。そしてその時には厳格なバウハウスデザインの考えを持っていたカイ・フランクが教授であったのです。彼らは二人とも偉大なデザイナーであり、生徒と教師でありました。ただひとつ違ったのは彼らのデザインイデオロギーが全く異なっていたことでした。

カイ・フランクは不必要な装飾を削ぎ落し、本質的なもののみを残すことを信じていたのに対し、シーロイネンは装飾を好んでいました。シーロイネンはカイ・フランクとの関係についてこのように述べていました。

「私たちはお互いに賛同する事はなく、いつも議論を繰り返していた。カイ・フランクはバウハウス的アイデアを厳しく守っており、いかなる装飾も不要と考えていた。そのため私のバロッキシリーズは彼にとってはレッドフラッグだったのです」

もちろんお互いのデザインに対する考えは異なっていても彼らはお互いをリスペクトしていました。

バロッキは1965年にフィンランドのフェアーで発表され、翌年に生産に入りました。バロッキシリーズはプレート・ボウル・フッテッド ディッシュ(脚のついたお皿)、サービングプレート、タンブラー、ピッチャー、クリーマー等幅広い展開がありました。

そしてリーヒマエン・ラシに特徴的なように、グリーン・クリア・イエロー・ブラウン等、とてもビビットな明るいカラー展開がありました。その中でもグリーンとクリアが特に人気のあったカラーであり、1975年まで生産されたサービングトレーはシリーズの中でも一番人気のあるシリーズでした。

Erkkitapio Siiiroinen

Erkkitapio Siiiroinen

Barokki brown

Barokki brown

Barokki blue

Barokki blue

 

 

 

 

 

 

 

 

 
Today I would like to introduce you to yet another interesting glass series called Barokki, designed by Erkkitapio Siiroinen for Riihimaen Lasi in 1965. Barokki can be recommended for anybody liking Finnish vintage glass, for example for fans of Nanny Still’s Grapponia. Barokki and Grapponia were both produced in equally vibrant colors, but compared to Grapponia, Barokki items are bigger in size and more chunky and masculine.

Barokki (Baroque) was Erkkitapio Siiroinen’s first major work in glass design for Riihimaen Lasi. The aim was to create a beautiful utility glass series with a cost-effective production method; the pressed glass method made it possible to produce pieces inexpensively, and the round bubble surface was great in hiding small defects on glass surface.

Siiroinen was actually very young and still a student at the Institute of Industrial Arts (Taideteollinen oppilaitos) when he designed Barokki – he was also a student under the notoriously strict Bauhaus-inspired master designer and teacher Kaj Frank. Kaj Franck and Erkkitapio Siiroinen were both great designers – the teacher and the student – but their design ideologies differed tremendously. Kaj Franck was in favor of stripping all unnecessary out of designs and leaving only the core, while Erkkitapio Siiroinen was in favor of plenty of decorations. This is what Siiroinen said his teacher Franck had thought of his Barokki series: “We disagreed, we were always arguing. Kaj Franck had taken that Bauhaus line so strictly. A product wasn’t allowed to have anything unnecessary on it. According to Kaj, any kind of ornament was forbidden. My Barokki collection was like a red flag to him”. Despite their different points of view, the student and the teacher had great respect for one another.

Barokki was introduced to the public at the Finnish Fair in 1965, and was taken into production the following year. Barokki series included a plate, a bowl, footed dish, a serving plate, a tumbler, a pitcher, a beer mug, and a sugar bowl and a creamer. Typical for Riihimaen Lasi production, Barokki was also produced in a variety of vibrant colors, such as green, clear, yellow, brown, blue and purple. It looks like green and clear have been among the most popular Barokki colors. The Barokki collection sold well, and the most popular item was the serving tray that was made until 1975.

Sources: Laakso, Timo: Erkkitapio Siiroinen – Riihimaen Lasin nuori lupaus