イッタラ コバルトブルーグラスについて About Iittala’s Cobalt Blue glass

ここ1〜2年でフィンランドのデザインマガジンやブログでイッタラのコバルトブルーのグラスを良く目にするようになりました。多分、フィンランドの人はこのきれいでひと際目立つブルーのグラスにまた恋し始めたのだと思いますが、この個性のあるブルーのグラスはミニマリスティックなインテリアの中では非常に目立つアイテムであり、この個性が再認識し始められたのも偶然ではないと思います。

本文の下に私のお気に入りのデザインブログ(Kesalla Kerran)のリンクを載せます。このサイトでもコバルトブルーが紹介されています。

このイッタラのコバルトブルーのグラスは10〜15年前くらいにとても人気がありましたが、だんだんと人気が無くなっていき、商品ラインナップから消えてしまいました。またこのカラーとデザインが人気が出てきていますが、もちろんイッタラはこのラインを生産しておらず、このグラスが欲しい人はいまアンティークショップや蚤の市を見て回らないといけなくなっています。

しかしこのコバルトブルーとはいったい何でしょう??コバルトブルーはなだめるような、穏やかなキャラクターであり、その色は豊潤さやリッチネスな感じもあります。コバルトブルーは一般的に非常に安定して落ち着いた色と考えられており、青の中でも中間の色です。それはネイヴィーブルーより明るく、スカイブルーより深いブルーです。

コバルトブルーの原料は中世の時代から使われており、そのファンの一人にヴィンセント・ヴァン・ゴッホがいました。彼はコバルトブルーについて、コバルトは神聖なカラーであり雰囲気をつくるのにこれ以上美しいものはないと言っています。

ポタリーや陶器、タイル、そしてガラスの製作においてコバルトブルーはコバルト塩(コバルト塩化物)とアルミニウム酸化物がその他の化合物と混ざり合う事によって出来上がります。そしてその他のメタルやミネラルの調合により、ピンクがかった色や紫がかったコバルトへと変化するのです。

フィンランドのガラス製作の歴史でいうと、コバルトブルーはヌータヤリヴィのグラス製品が初めてでした。
カイ・フランクによってデザインされたタンブラー5023 (Tumbler 5023)・ルナ(Luna)・ファセッティ( Fasetti)  などがあげられます。

最近のプロダクションではこれらのイッタラシリーズにコバルトブルーの展開があります。

・カルティオ (Kartio by Kaj Franck)
・ヴェルナ(Verna by Kerttu Nurminen)
・アールトベース(by Alvar Aalto)
・ボーイ (Boy by Stefan Lindfors)
・キィヴィ(Kivi by Heikki Orvola)
・バッロのキャンドルフォルダー(Ballo by Annaleena Hakatie)
・マリスコーリ/マリ ボウル

 

Cobalt Blue pigment

Cobalt Blue pigment

Tumbler 5023

Tumbler 5023

Luna

Luna

Fasetti

Fasetti

Kartio

Kartio

Verna

Verna

Aalto vase

Aalto vase

Boy

Boy

Kivi

Kivi

Ballo

Ballo

Mari Bowl

Mari Bowl

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Screen Shot 2014-01-15 at 22.11.01

 

 

 

 

 

 

 

In the last couple of years I have been seeing more and more Iittala’s cobalt blue glass appearing in Finnish design magazines and design blogs – it seems that Finnish people have fallen in love with this stunning blue shade once again. (check out for example my favorite design blogs Kesalla kerran http://divaaniblogit.fi/kesallakerran/). I am not surprised about the renewed interesting in this shade – the vibrant cobalt blue color makes a striking impact in minimalistic interiors.

The cobalt blue color in Iittala’s glass was very popular about 10-15 years ago in Finland. Then it seemed to lose a bit of momentum and popularity, and little by little cobalt blue items disappeared from Iittala’s product range. And now people are crazy about this lovely shade again. But because Iittala is currently not producing items in cobalt blue, people are now searching for the cobalt collectables from antique shops and flea markets.

But what is cobalt blue then exactly? Cobalt blue is a cool, blue color that has a soothing, peaceful characteristic that can also suggest richness. Cobalt blue is a very stable and calm color; it is a medium blue, lighter than navy but bluer than sky blue. Cobalt blue pigment is known to be used at least since the Middle Ages – a famous fan of the shade was Vincent van Gogh, who is known to have declared to his brother Teo: “Cobalt [blue] is a divine color and there is nothing so beautiful for putting atmosphere around things…”

In pottery, porcelain, tiles, and glass making you get the cobalt blue color when cobalt salts and aluminum oxide are mixed together with other ingredients. With the addition of varying amounts of other metals or minerals cobalt can either be more pink or more purple.

In Finnish glass making history, cobalt blue has been used ever since Nuutajarvi’s glass production. Some Nuutajarvi glass series that featured a cobalt blue shade include: Tumbler 5023, Luna and Fasetti – all designed by Kaj Franck.

In more recent production, at least the following Iittala series have included a cobalt blue shade: Kartio (by Kaj Franck), Verna (by Kerttu Nurminen), Aalto vase in various sizes (by Alvar Aalto), Boy (by Stefan Lindfors). Also Kivi (by Heikki Orvola) and Ballo (by Annaleena Hakatie) candleholders have been produced in cobalt, as well as Mariskooli / Mari Bowl.