Marimekko Jokapoika マリメッコ ヨカポイカについて

マリメッコのプロダクトの中でもっとも国際的に名声を受けているものには1956年にヴオッコ・ヌルメスニエミによってデザインされたヨカポイカのシャツがあります。ヨカポイカは厚手のコットンでできておりメンズのシャツをベースにデザインされました。

またヨカポイカはマリメッコがユニセックスのモデルとして作った最初のシャツであり、現在ではメンズとレディースのラインがあり、キッズのラインナップも追加されています。

シャツのひとつの特徴は袖をロールアップさせたときに裏地はホワイトになっていることで、表面のストライプのプリントも裏地に見えないようデザインされています。

ヨカポイカのシャツは1956年に生まれてから現在までずっと生産され続けており、これは非常に稀なことです。通常クラシックなデザインのものでも生産が止まったり再開したりするものだからです。

このように長い間生産し続けられているのはその特徴的なストライプの柄-ピッコロ-によるところがあります。1953年にヴオッコ・ヌルメスニエミによってデザインされたピッコロの柄は特別な印刷技術を使っており、2つの異なるカラーを少しずつオーバーラップさせることで3つめのストライプのカラーを生み出します。今日まで800以上のカラーコンビネーションでピッコロのファブリックは作られました。

そしてヨカポイカは1960年~1970年代にインテリ層やアーティストの間に広まりブームを迎えます。また社会革命を目指す左寄りのグループにもうけました。

ヨカポイカは常にレッドワイン片手にバーで開かれていた知的なディスカッションの一部であり、多くの新聞の社説や本はヨカポイカのシャツを着て書かれたのです。

もちろん今日では、そのカルト的人気を残しつつ、女性や男性、子供たち等幅広く着るアイテムとして広まりました。その優れたデザインと柄は日常使いやお祝い、パーティーの席等、いろいろな場面で使うことのできるアイテムとなっています。

One of most internationally known Marimekko classics is the Jokapoika shirt, designed by Vuokko Nurmesniemi in 1956. Jokapoika is made of thick cotton fabric and its design is based on a classic men’s shirt. Jokapoika was one of the very first unisex clothes that Marimekko ever produced; Jokapoika has its’ own men’s and women’s versions (nowadays they even produce children’s Jokapoika). The special characteristic of Jokapoika is that when you roll the sleeves of the shirt, the backside of the fabric is white – this is because the print was designed in such a way that the print color does not go through on the other side of the fabric, leaving the backside fully white.

Marimekko’s Jokapoika has been in production non-stop ever since it was first launched in 1956. This is quite exceptional, since it’s usually more the case that products are in and out of production over the years – even the classics. Probably one of the most important elements of Jokapoika and the reason for its decade-long success is that Jokapoika has always been produced using the same striped fabric called Piccolo. Piccolo was designed in 1953 by Vuokko Nurmesniemi using a specific print technique; when you print two different colored stripes slighly overlapping one another, a third colored stripe is formed in between those two stripes. Up until today Piccolo fabric has been produced in more than 800 color combinations.

Especially in the 1960s and in the 1970s Marimekko’s Jokapoika shirt became a huge hit among intellectuals and artists; it was also popular among the leftists radicals aiming for social revolution. Jokapoika was often a part of intense intellectual discussions that were held in bars with red wine in hand. Many books and newspaper articles were written wearing Jokapoika. These days Jokapoika’s cult status still remains, but the shirt has became more widely worn, by women, men and chilren alike, by both ordinary folks and celebrities, and worn in all kinds of situations, whether it’s just a regular day or a special celebratory occasion.

Sources: Marimekko: Kuvioissa. Marimekkoelamaa.

Vuokko Nurmesniemi

Vuokko Nurmesniemi

Jokapoika

Jokapoika

Jokapoika

Jokapoika

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です