Sesi Black Glass

イッタラのコバルトブルーのグラスに続いて、「セシ」のブラックグラスの紹介をしたいと思います。これは1976年にのみエリッキタピオ・シーロイネンがリーヒマエン・ラシのために作ったグラスです。

セシのブラックグラスは実はコバルトブルーが元になっています。生産のときにはコバルトブルーの深い色が使われているためこのように黒く仕上がります。このグラスの誕生についてエリッキタピオ・シーロイネンはインタビューでこのように答えていました。

『2年前の夏に友人のセシとキッチンのテーブルに座っていた。私はセシにクリアなグラスの代わりとして何か必要か?と聞いたところ、それはブラックのグラスだと彼は答えた。そしてこれがこのグラスのアイデアとなった。』

そしてシーロイネンはこれまで誰も思いつかなかったコンセプト—ブラックのグラス—の製作を始めます。もちろんこのユニークなシリーズは最初のアイデアをくれた友人のセシに敬意を示して彼の名前をネーミングに使う事となります。

このセシシリーズはピッチャー、シュガーボウル、クリーマー、色々なサイズのボウル、サービングトレーなど色々なアイテムを持ち合わせたシリーズとなります。このシリーズの殆どは型を使い半自動化された機械で生産されていました。いくつかのアイテムのみハンドブローで作られます。そしてセシはこのブラックの色合い、もしくは濃いコバルトブルー、のカラーリングだけで生産されました。

セシのプレセンテーション

セシのプレセンテーション

写真右側の二人目がシーロイネン

写真右側の二人目がシーロイネン

 

 

 

 

 

 

 

 

このシリーズは1976年に発表され、そのユニークでこれまでになかったブラックのグラスはプレスや色々なメディアからよい反応を貰います。ほとんどのデパートに展示され、シーロイネンもそのプレゼンテーションを行っていました。

シーロイネンはたくさんの場所でインタビュアーからブラックは陰鬱な色と思わないか?と聞かれることがありました。彼はそのような質問に対して、「ある人はブラックは憂鬱なカラーだと言うが、私は尊厳や威厳のあるカラーだと思うし、悲しみを伴うような色だとは考えない」と述べています。

フィンランドのプレスの中ではこのセシシリーズのローンチは成功しました。また多くのジャーナリストがこのシリーズにはカラフルなフルーツや野菜、料理が映えると賞賛の言葉を送ったのでした。

たくさんのエリッキタピオ・シーロイネンのグラスシリーズはフィンランドのグラスコレクターの間では人気のあるアイテムです。そして彼が若かった頃の、良い意味での反抗的なマインドはそれまでフィンランドのガラスデザインの歴史の中ではだれも思いつかなかったグラスシリーズを生み出したのです。

 

As a continuation for my story of Iittala’s cobalt blue glass, I would like to introduce you all to another interesting glass series, ‘Sesi’ black glass, designed by Erkkitapio Siiroinen for Riihimaen Lasi and in production only for one year during 1976.

‘Sesi’ black glass is actually cobalt blue glass – it was produced using cobalt blue pigment but as a very dark version of it. In a newspaper interview Erkkitapio Siiroinen himself explained the inspiration behind the series as follows: “Two years ago in the summer I was sitting by a kitchen table with my friend Sesi. I asked what is missing as an alternative to clear glass and he replied: ‘black glass’. That led to an idea”. So designer Siiroinen started developing this interesting new series with a totally new concept – it was most likely the first time ever that anyone had thought that glass should and could be black. Siiroinen named the series in honor of his friend Sesi who gave him the original idea for this project.

The ‘Sesi’ collection was a large tableware service set that included numerous items such as: pitchers, a sugar bowl and creamer, bowls of different sizes, three serving dishes, five different sized glasses and three plates. ‘Sesi’ was produced mostly by using molds and semi-automated machinery; just a few of the items were hand blown. ‘Sesi’ was also produced in only one shade and no other colors – in the ‘black’ or very dark cobalt blue color.

‘Sesi’ was introduced to the public in a very impressive manner in 1976. Because the concept of ‘Sesi’ was so new and innovative (it was the practically the first time anybody had designed black glass), the launch received great deal of interested and was widely noted in the press. The series was on a tour in most of the biggest department stores with designer Siiroinen present talking about it. Siiroinen was often asked by reporters whether or not he thought that black color for glass was too gloomy – Siiroinen replied: “Some people have remarked that black is somber. I don’t think so. It is a symbol of grandeur and dignity, not grief”. Siiroinen’s ‘Sesi’ launch was a success and this new concept was received very well in the Finnish press. The journalists were commenting that colorful foods, vegetables and fruits, looked great against the black color.

Many Erkkitapio Siiroinen’s glass series, including ‘Sesi’, are very popular among Finnish glass collectors. Erkkitapio Siiroinen was young designer with quite a rebellious mind, and this attitude lead to some of the most interesting and innovative glass series ever produced in the history in Finnish design.

Sources: Laakso, Timo: Erkkitapio Siiroinen – Riihimaen Lasin nuori lupaus