スポンサー

イッタラのウルティマ ツーレについて – The Story of Iittala’s Ultima Thule




タピオ・ヴィルッカラによって1960年代にデザインされたウルティマ ツーレはイッタラの中でも最もポピュラーなモデルです。ウルティマ ツーレはフィンランドのラップランドの寒く、氷が覆う自然からインスピレーションを受けたその美しく不均一なガラスの表面が特徴です。またグラスは溶け出した氷を描写しており、その脚は氷から溶け出した水が落ちるようすを模し、実際にグラスの脚として機能しています。

ウルティマ ツーレはもともとフィンエアーが1969年にNew Yorkまでのアトランティックフライトを就航したことを記念としてフィンエアーがイッタラに特別にオーダーしたモデルでした。最初はこのアメリカ行きのフライトのファーストクラスでだけのみ使われていたグラスでした。

フィンエアーだけの特別なモデルでしたがイッタラは1968年に通常のモデルとして販売を始めたところ、ウルティマ ツーレは瞬く間に成功を納め、色々なグラスサイズやデザート・ボウル、サービングトレイ等々へ商品を広げて行くようになります。

ウルティマ ツーレのその氷のような表面を実現するためにイッタラのガラス工場では何百回もの技術的な試行錯誤が繰り返されました。当初の型はハンドメイドのものでしたが、その後メタリックの型に変わります。現在ウルティマ ツーレは完全に自動化されたガラスのプレスマシンで生産されています。

タピオ・ヴィルッカラは最初のウルティマ ツーレを自身の型から作りました。その型を削りだす作業はラップランドの静けさと大自然の中のコテージで行われていました。しかしながら、急速に人気の出たこのシリーズはすぐに製品の均一化と効率をはかるため金属の型が必要となります。この氷を模した表面の良いところはマスプロダクションによって作られたグラスの表面の仕上がりを細かく気にしなくてよい事でした。その不均一さは逆に個性となり、また少しの生産上のエラーはその表面で見えなくなっていたためです。

イッタラのウルティマ ツーレはフィンランドデザインの中で見てもとてもアイコニックなモデルです。ウルティマ ツーレの氷を模した構造とその他のイッタラの氷からインスパイヤされたヴィンテージガラスは世界的にみてもユニークなデザインで、今日でも非常に重要なデザインとして認識されています。

Ultima Thule additional

 

Ultima Thule, designed by Tapio Wirkkala in the 1960s, is Iittala’s most popular glass series in to date. Ultima Thule is characterized by a beautiful uneven surface that draws inspiration from the cold, icy nature of Finnish Lapland. Ultima Thule depicts melting ice – the legs of Ultima Thule resemble melting drops of water that have gathered to form a miniature foot for the glass.

Ultima Thule was originally a special order that Iittala produced for Finnair (Finnish Airline company) to celebrate Finnair’s new Atlantic flights to New York that started in 1969. Ultima Thule was used in Finnair’s first class in these new US bound flights. But even though Ultima Thule is usually considered as the special order for Finnair, Iittala decided to launch it to the general market already in 1968 as well – the series became an immediate success, and the Ultima Thule range soon grew to include many more items (glasses of different sizes, dessert bowls, serving trays, just to mention a few). 

Developing the icy structure of Ultima Thule (and other Iittala glass series from 1960s-70s that share the same feel) took thousands and thousands of hours of developmental work at the Iittala glass factory. In the beginning the molds were hand made; these handmade molds were then followed by metallic molds for mass production. Today Iittala’s Ultima Thule is being produced by using fully automated press glass machines.

Tapio Wirkkala carved the first ever Ultima Thule glass molds by himself; usually the carving took place in his cottage in the middle of Lapland’s quietness and wilderness. But because of the huge popularity of Ultima Thule, new metallic molds had to be soon developed in order to provide a level of consistency and quality that utility glass production always required. The good thing about Ultima Thule’s uneven, icy structure was that mass-production did not need to be overly concerned about little mistakes to the glass surface –any impurities were easily hidden in the icy structure of the glass.

Iittala’s Ultima Thule is a one of the most iconic designs in the Finnish design history. The icy structure of Ultima Thule and other Iittala’s ice-inspired vintage glass was a truly unique design phenomenon world wide, and these items still bear great significance today. 

Sources: Koivisto, Kaisa: Lasitutkimuksia – Glass Research (2001). Koivisto, Kaisa: Kerailijan aarteet: Suomalaisia juomalaseja. Tapio Wirkkala : lasin ja hopean runoilija.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です