マリメッコ タサライタのストーリー The Story of Marimekko’s Tasaraita




1960年代の終わりは多くの社会的変化が世界的に現れます—それらの一つにヒッピームーブメントが人々のファッションや考えを変えた事があげられます。そして60年代終わりにアメリカの例に慣らい、フィンランドでもTシャツとジーンズが男性・女性とも新しい流行となりました。

Annika Rimala

Annika Rimala

マリメッコのデザイナーであったアンニカ・リマラ(Annika Rimala)はこの新しいアメリカのファッションカルチャーを尊敬のまなざしで見ていました。彼女はこのジャージ生地(伸縮性があるウールや綿が用いられた生地)の新しい大量生産の技術に魅せられ、マリメッコにも大量生産可能な服飾ラインナップが作れないかと画策するようになります。

このタサライタ(Tasaraita) のストライプパターンはアメリカの炭坑で働く人々の服装がインスピレーションとなっており、アンニカはストライプのパターンを選ぶことでこれらの服は日常使いができ、飽きが来ず、多くの人に意味があるものとしたいと考えていました。その名前のタサライタは均一なストライプというフィンランドの意味です。

しかしながら、アンニカ・リマラのデザインの考え方はマリメッコのデザイナーが通常目指す方向とは全く異なっていました。マリメッコがそのユニークで個性的なアートで知られている中で、大量生産による服飾ラインは全く逆の考え方でした。

マリメッコの設立者であるアルミ・ラティアは最初にこのアイデアを聞いたときには激しく反対をし、アンニカに対してタサライタのコレクションを作ってもよいが、失敗した場合は全ての責任を取るようにと伝えていました。

タサライタは結局、瞬く間に成功したモデルとなり、その簡単にいつでも着ることのできるジャージ生地は売れ続けました。タサライタのコレクションにはTシャツからナイトガウン、靴下や下着がありましたが、タサライタのTシャツとブルージーンズの組み合わせは人気のあるファッションとなったのです。

タサライタのその着心地の良さはインナーとアウター両方に使うことができました。アンニカはこのシリーズによってアウターとインナーの境目をなくそうと考えていました。1971年の雑誌向けのインタビューではなぜ、下着が可愛いくない必要があるでしょうか?と答えています発売からの年月を経てタサライタのコレクションはさまざまなシャツやドレス、パンツ(トラウザー)にまたがるようになり、その特徴的なパターンはマグカップやベットシーツ、バックにも展開され、多くのタサライタの商品がマリメッコのラインナップに入るようになります。そして今日もその人気は続いています。

tasaraita KUVA_ marimekko elamaa-kirjasta tasaraita KUVA_ kuvioissa marimekko-kirjasta KUVAmarimekko elamaa-kirjassa

The end of 1960s saw great social changes world wide – hippie movement changed the way people thought and dressed. Following the American example, jeans and t-shirts became the new trend clothing for both men and women in Finland as well.

Annika Rimala, Marimekko’s designer, had been admiring the new, free American clothing culture as well. She was impressed by the new American mass production techniques for jersey clothing, and she wanted to try out a similar mass-produced clothing line for Marimekko. The inspiration for Tasaraita’s striped pattern came from American coal miner’s striped working clothes; Annika Rimala chose the striped theme to emphasize that these clothes would be for every day use and meant for everybody. The name ‘Tasaraita’ means ‘Even Stripes’ in Finnish.

Annika Rimala’s design principle was therefore a total opposite of what Marimekko’s designers were usually aiming for –Marimekko was known for unique, individual art pieces that were the total opposite of mass-produced general clothing. Marimekko’s founder, Armi Ratia was first fiercely objecting Annika Rimala’s Tasaraita collection, and she said to Annika: ‘You can make them but you take full responsibility for them’.

The ‘Tasaraita’ collection became an instant success, and the easy-wear jersey pieces sold and sold. ‘Tasaraita’ collection included t-shirts, nightgowns, socks and underwear, and it became especially popular to dress a Tasaraita t-shirt together with simple blue jeans. Since the jersey fabric was a comfortable fabric suitable both for outer and inner wear, Annika Rimala wanted to experiment in blurring the strict definition of what is outer wear and what is inner wear. In a magazine interview in 1971 she said: “Why an undershirt has to be something in which you look half-dressed; why can’t the undergarments be pretty too?”

Over the years Tasaraita collection has included different shirts, dresses and even trousers, and the pattern has decorated various other items as well, such as mug cups, sheets and bags. Over the years there was been dozens if not hundreds different Tasaraita products in Marimekko’s product range – and today Tasaraita’s popularity is as strong as ever.

Sources: Marimekkoelamaa. Marimekko: Kuvioissa.