サーミ人について About Sami people

フィンランドに興味のある人であればサーミ人について聞いたことがある人はいるかと思います。サーミ人とはノルウェー・スウェーデン・フィンランド・ロシアの北部に元々住んでいた土着民族の人々です。しかしこのサーミ人とはいったいどんな人なのでしょうか?なんとなく思いつくのはトナカイを飼いならしていたり、カラフルな民族衣装を着ていたり、とてもトラディショナルな生活を送っているイメージですが、それ以外の特徴もたくさんあります。

実は今日、2月6日はサーミ人とサーミ文化の日ですので、その人々と歴史について書きたいと思います。

サーミ人は正式にヨーロッパに存在する唯一の土着民族とされています。そしてフィンランドの憲法の中でサーミ人には独自の言葉や文化に関する事は彼ら自身で決めてよいという特別なステータスを与えられています。フィンランドは国としてサーミ文化を守る事に力をいれており、例えば、サーミの子供達は彼らの言語で教育を受ける事ができます。

しかしながら、実際は誰がサーミ人かと定義する事はとても難しい事です。多くの若いサーミの子供達はフィンランドの現代的な生活や文化に影響を受けています。そしてサーミ人として考えられる条件は、先祖がサーミ人である場合、サーミ語を話す事ができる場合、サーミ議会で投票が出来る事、等があります。(サーミ議会を意味するフィンランド語: Saamelaiskäräjät)

現在では約9000人のサーミ人がフィンランドに住んでいますが、その60%以上の人は伝統的なサーミ人が住む場所には住んでいないようです。例えば、ヘルシンキには大きなサーミのコミュニティーがあり、これはフィンランド南部で絆の強いサーミ人コミュニティーがあるという良い面と、多くのサーミ人が昔から住んできた北部に住む事をやめるという悪い面の両方があります。

最近までフィンランド国内でもサーミ人に対する差別は存在しており、たくさんのサーミ人の若者はその民族的アイデンティティを隠そうとしていましたが、幸運にも現在ではこのような事は無くなっており、多くのサーミ人が自分たちのルーツに誇りを持ち、サーミ語を使っています。昨今のソーシャルメディアの発展もこれら若いサーミ人の結束や民族アイデンティティーの再認識に一役買ったとも言われています。実際に最近の研究によると、サーミ人として北部に住む事の最大のネガティブな要素は友人が遠くは慣れたところにすんでおり、その土地でも行うことのできる趣味も限られている事だと言う事が分かっています。結局の所、これからのサーミ文化の未来はかれら若いサーミ人にかかっており、彼らの文化的アイデンティティーの確立と繁栄が非常に重要なこととされています。

Sami people collage

Many of you have heard about Sami people, the indigenous people that live in the northern parts of Norway, Sweden, Finland and Russia – but who are these exotic people exactly? The images that come to mind are reindeer farms, colorful costumes and a traditional way of living, but there is much more to being a Sami of course. Today the 6th of February is the annual day for celebrating Sami people in Finland, so I thought I should write a bit more about this interesting nation with a rich history and heritage.

The Sami people are officially the only indigenous group that lives in the whole of European Union. The special status of Sami people is written in the Finnish constitution, giving the Sami themselves full autonomy in deciding matters regarding their own language and culture. Finnish state is putting great effort in protecting the Sami culture – one of the most important issues being that Sami children can complete their education in their own Sami language.

It is actually not that easy to define who is a Sami. Many Sami youngsters are becoming more and more influenced by the contemporary Finnish culture (including Finnish language), but usually a Sami person is considered to be one that 1) has Sami ancestors, 2) knows Sami language, 3) is allowed to vote in the Finnish Sami Parliament (Finnish: Saamelaiskäräjät).

There are currently about 9000 Sami people in Finland, but I was surprised that more than 60 % of them are already living outside of the traditional areas in the north. There is for example a big Sami community in Helsinki. This is a good and a bad thing; it is sad that more and more Sami are leaving the north, but the good thing is that the Sami communities in southern Finland are strong and thriving.

It is not that long ago that there was some negativity in Finland against Sami people, and many Sami youngsters wanted to hide their ethnic identity. This is luckily totally different today; many young Sami people are proud of their heritage and are proud to use their own language – it is probably at least partly due to the Internet and the social media that is the reason for revitalizing the ‘coolness’ of being a Sami among the Sami youth. According to a recent research, the biggest negative factor of being a Sami and living in the north, was actually the fact that most friends lived far away and that there were not that many hobby possibilities available. All in all – the future of the Sami culture and the nation lies in the hands of the Sami youth, so it is crucial to keep their cultural identities strong and flourishing.

Sources: Kuka on saamelainen? (janka.fi 2013-1). Wikipedia. www.samediggi.fi
Rasmus, Minna: Saamelaislasten hyvinvointi ja heidan oikeuksiensa toteutuminen Suomen saamelaisalueella.