Kalevala カレヴァラについて

カレヴァラの日

今日2月の28日はフィンランドの民族叙事詩「カレヴァラ」の日です。このフィンランドを形作った重要な叙事詩についてなるべく分かりやすくブログを書きたいと思います。

カレヴァラは読み続けないといけません、そうしていくうちになんて面白いストーリーか分かってきます。(もちろん私も小学校の時はなんてつまらないのかと思っていましたが・・・)

Koirien_Kalevalaフィンランドでカレヴァラの基礎は子供のうちから教えられます。最初は小学校から始まり、中学校、そして高校まで続きます。たくさんの学校で一年のこの時期はカレヴァラに関するイベントを行っています。もちろん、民族叙事詩というととても難しく聞こえますが、子供向けにデザインされた本もたくさんあり、とても分かりやすいです。


カレヴァラの誕生

カレヴァラはエリアス・ロンロットElias Lonnrot (1802-1884)による作品で、その当時もっとも学術的に偉業を成し遂げたフィンランド人です。彼は冒険家であると同時に医者であり、科学者でした。彼の残したフィンランドの書記言語と文化の発展への寄与は多大なものがあります。

エリアスは若い頃からフィンランドの言語に興味があり、フィンランド人がどこからきたか非常に興味がありました。この大きなクエスチョンの答えを探すため、彼は旅にでて、民謡詩を集めます。

エリアスは1825年〜1845年にかけて、東フィンランドとカレリアン村に11回もの旅行を行います。そしてこの旅行中に書き残したものが最初のカレヴァラ「古カレヴァラ」(Old Kalevala)となります。古カヴァレラは1835年に発表され、1849年には調査した地域を広げ、内容を拡充した「新カレヴァラ」(New Kalevala)を発表します。

Elias Lonnrot

Elias Lonnrot

これまでにカレヴァラは50もの言語に翻訳され、フィンランド文学のもっとも重要な作品となっています。
エリアス・ロンロットはその民謡を集める旅で歩いたり、ボートを漕いだり、時にはクロスカントリースキーさえ行いました。フィンランドの厳しい気候と自然を考えるととても大変な作業でした。彼は家から家を訪ね、村人達が歌う詩を聞いて回ったのです。

当時の人々は読む本もなく、夕べに行う他のエンターテイメントも無かったため、共通の楽しみは一緒に詩を歌うことでした。詩人は人々をエンターテインするだけではなく、詩を通して、行儀作法であったり人生を生きる術を伝えていました。

エリアスはすべてを合わせて、6万もの!詩・民謡を集めそれらを彼の本に書き残していきました。そして彼はそれらの詩を物語に並べて行きます。多くの詩は彼が旅をし集めたものですが、ストーリーをつなげるため、いくつかはエリアス自身が創作しました。

 

カレヴァラのストーリー

カレヴァラの序章にはどのように私たちの世界が誕生したか書かれています。イルマタル(大気の乙女、神聖なる神々の一人であった)はあるとき大空から海に降りてきます、そのとき、彼女は身ごもってしまい、カモが彼女の膝に卵を産みます。その卵が壊れ、この世界はそのかけらから誕生します。そして、イルタマルはヴァイナモイネンも産み落とします。ヴァイナモイネンは生まれた瞬間から年老いていました。

物語はこのヴァイナモイネンがこの世で行った事を中心に進んでいきます。種をまいて畑を耕したり、賢い若者のヨウカハイネンに対決を申し込まれたりします。

もっとも有名なカレヴァラの章は腕のたつ鍛冶師のイルマリネンがサンポ(幸運をもたらすもの)を作るところです。サンポはロウヒ(ポウヨラの女王)に貢がれ、その見返りとしてイルマリネンは彼女の娘との結婚を許されます。

しかしその後、ヴァイナモイネンとイルマリネン、レンミンカイネンはポウヨラからサンポを盗み出します。ヴァイナモイネンはポウヨラの人々をカンテレの演奏で眠らせ、サンポはポウヨラから奪われます。

しかしながらその帰り道にカンテレは海に落ち、サンポも粉々になって海に散ってしまいます。そしてサンポのかけらは岸にたどり着き、フィンランドに幸運と繁栄をもたらしたのです。

 

登場人物や名称

イルマタル (Ilmatar) = 大気の乙女、神聖なる神であり、ヴァイナモイネンの母。
ヴァイナモイネン(Vainamoinen) = 賢者・老人・不思議な声を持った吟遊詩人
イルマリネン(Ilmarinen) = 腕のたつ鍛冶屋、サンポを作った。
レンミンカイネン(Lemminkainen) = 赤毛でハンサムな若者。さらに女の人が大好き。
ヨウカハイネン(Joukahainen) = 若くてやせているが賢い若者。ヴァイナモイネンのライバル
アイノ(Aino) = ヨウカハイネンの美しい妹
ロウヒ(Louhi)= ポホヨラの地の女王
ポホヨラ(Pohjola)=遠くの北にある邪悪で寒い土地
サンポ(Sampo) = 幸運をもたらすもの
カンテレ(Kantele) = フィンランドの伝統的な楽器

いかがでしたでしょうか?もし興味が湧いてきたら、是非カレヴァラの本を手に取ってみてください!

アンナ

Ilmatar

Ilmatar

Aino, sister of Joukahainen

Aino

Joukahainen

Joukahainen

The Defense of Sampo

The Defense of Sampo

Kantele

Kantele

Pohjola

Pohjola

Making of Sampo

Making of Sampo

Vainamoinen

Vainamoinen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Today on the 28th February is the annual day of Kalevala, the Finnish national epic poetry. I am by no means a big expert on Kalevala, but I wanted to share a few things with you on this very important part of Finnish culture. Please keep on reading – at first I thought that Kalevala is the most boring subject ever (at least that is what I thought as an elementary school kid), but it turned out to be one of the most fascinating things!

The basics of Kalevala are being taught at Finnish schools at every school stage, at elementary school, junior high school and senior high school. Many schools organize special events around Kalevala around this time of the year. There are also great Kalevala books designed for children that are not too long and that are easily understandable, such as Lasten Kalevala and a fun cartoon Kalevala, ‘Koirien Kalevala’ by Mauri Kunnas.

The Birth of Kalevala

Kalevala is a work by Elias Lonnrot (1802-1884), who was one of the most academically accomplished Finns of his time. He was an adventurer, but also a doctor and a scientist. His importance to the development of Finnish written language and Finnish culture is beyond comparison.

Even from an early age, Elias Lonnrot had an interest in Finnish language, and he wanted to find out from where Finnish people had come from. To answer this question, he went on his travels to gather and write down poems. He visited Eastern Finnish and Karelian villages on 11 separate trips during the years of 1828-1845. It was based on the notes from these travels that the first version of Kalevala, ‘Old Kalevala’, was born in 1835 – followed by the second, longer version of ‘New Kalevala’, in 1849. Kalevala has currently been translated into more than 50 languages, and it is by far the most important Finnish literary work of all time.

Elias Lonnrot completed his travels by walking, rowing boats and by cross-country skiing – not an easy task considering the harsh Finnish climate and nature. He went from one house to another, and listened the villagers singing their poems. In those days, people did not have books to read, or much other entertainment in the evenings, so a common way to stay amused was to sing poems together. ‘Poem singers’ did not only entertain, but they also taught manners and different life skills. Elias Lonnrot compiled altogether a total of 60 000 verses of poems, which he wrote down on his numerous notebooks. Elias Lonnrot then reorganized the poems into a story; some of the poems and the characters came from his travels, but some of the poems and characters Lonnrot created himself.


The Story and the Characters of Kalevala

In the beginning of Kalevala, there is a story of how our world was born. Ilmatar (the Virgin of the Air) descends into the water. A pochard bird lays its egg on Ilmatar’s knee. The egg breaks, and so our world is formed from the pieces of the egg shell.

The most famous chapter of Kalevala tells a story where a skilled smith named Ilmarinen hammers a good luck charm, Sampo. Sampo is then presented to Louhi, the lady of Pohjola. As a reward Ilmarinen gets to marry the daughter of Louhi. Later on Väinämöinen, Ilmarinen and Lemminkäinen set out to steal Sampo from Pohjola. Vainamoinen puts the people of Pohjola asleep with his Kantele playing, and Sampo is taken away from Pohjola. On their way back, the Kantele falls into the sea, and following a battle Sampo is broken into many pieces. Some of Sampo’s fragments remain in the sea, but others wash ashore and bring Finland good fortune and prosperity.

Ilmatar = Virgin of Air. A divine goddess and the mother of Vainamoinen.

Vainamoinen = a wise, old man and a poem singer with a magical voice
Ilmarinen = a skilled smith, the maker of Sampo
Lemminkainen = red-haired, handsome young man, who easily gives in to the temptations of women
Joukahainen = A young and thin wise man, a rival to Vainamoinen
Aino = a beautiful sister of Joukahainen
Louhi = the Lady (the queen) of the land of Pohjola
Pohjola = an evil and cold place far up in the north
Sampo = a good luck charm
Kantele = a Finnish traditional musical instrument

Sources: Lasten Kalevala. Wikipedia. Various other internet sources.