ルーネベルグのタルト Runebergin Torttu – Runeberg’s Cake

今回はフィンランドの有名なタルト、ルーネベルグのタルトについて紹介します。

毎年の2月5日(今日!)はフィンランドの国民的詩人、ヨハン・ルドヴィグ・ルーネベルグの誕生を祝う日です。ヨハン・ルドヴィグ・ルーネベルグ(1804–1877)はフィンランドの文化と文学のアイデンティティ確立に多大な影響を与えた偉人で、彼の一つの詩はフィンランドの国家(マーメ・ラウル Maamme-laulu) の歌詞となっています。

そして彼と同じくらい有名なのはルーネベルグのタルトと呼ばれるケーキで伝統的に1年の中で1月から2月5日(ルーネベルグの誕生日)の間に食べられます。

Johan Ludwig Runeberg

Johan Ludwig Runeberg

Fredrika Runeberg

Fredrika Runeberg

言い伝えではルーネベルグはとても甘いもの好きで、ある日、甘いものを食べたいと思っていました。でもキッチンの棚には食べれそうなものは何もありませんでした。そこで彼の妻であったフレデリカがなんとかそこらにあったもの、小麦粉、パン屑、ビスケットやアーモンドでとてもおいしいタルトを作ったのです。彼女はタルトに少しアルコールを加え、ジャムとアイシングでデコレーションを行いました。ルーネベルグのタルトレシピはフレデリカのレシピ本に書いてあります。そしてその本はなんと1850年!に書かれたものでした。(このケーキが160年前に考案されたなんでとても信じられません!)もちろん彼女がこのタルトの最初の発案者だと考えられていますが、彼女も有名なベイカーでポルヴォオの町に住んでいたラーズ・アステリウスのレシピを元にこのタルトを作ったようです。

 

 

ルーネベルグのタルトの作り方


用意するもの

・バター 200g(柔らかいもの、ただし溶けていてはダメ)
・砂糖 200ml
・卵2個
・小麦粉 200ml
・ジンジャーブレッドクッキー 200ml(砕いたもの)
・アーモンド 100ml(これも砕きます)
・ベイキングパウダー ティースプーン 1.5さじ
・カルダモン ティースプーン 0.5さじ
・ラム
・アップルジュース
・ペーパーマフィンカッス(背の高いものがよい)

トッピング

・ラスベリージャム
・アイシングシュガー

1. Ingredients


手順

  1. ジンジャーブレッドクッキーを砕いて200mlのパンくずを作ります。アーモンドも同様に砕いて100mlのくずを作ります。
  2. バターとシュガーを良く泡立たせます。写真2のように泡立てる間にミルクをすこしずつ加えます。2. Sugar + Butter + Egg foam
  3. 写真3のように全て材料を混ぜ合わせます。(小麦粉、ジンジャーブレッドクッキー、アーモンド、ベイキング・パウダー、そしてカルダモン)3. Mix of dry ingredients
  4. そしてこれらを先程泡立たせたバターとシュガーに混ぜ、良くかき混ぜます。もし生地がまだ固いようでしたらここでラム酒を混ぜます。(写真4)4. Ready made dough
  5. そしてマフィンカップの中にこの混ぜたものを入れていきます。もし必要であればここでタルトの中にジャムを入れても良いです。(しかしこれはオプションでお好みで行ってください。ジャムを入れる事でタルトはよりしっとりとしますし、食べる人にとってはサプライズになります。でもジャムはオーブンで焼いている間に下に落ちて行きます。そのためタルトを柔らかくしたい人はジャムを入れ、固くしたい場合には無しが良いと思います)5. Ready cakes
  6. 200℃に予熱したオーブンで15分焼きます。
  7. 出来上がったタルトを冷まします。ここでマフィンカップが取れるようであればとってください。ティースプーン1さじのアップルジュース1つのケーキにまんべんなくかけます。ラズベリージャムを真ん中にのせ、周りにアイシングシュガーで輪っかを作ると、完成です!(写真6)6. Add jam and icing

 

On the 5th of February each year, which is today, we celebrate Johan Ludwig Runeberg (1804–1877), Finland’s national poet. Johan Ludwig Runeberg was one of the most important people influencing the development of Finnish cultural and literary identity. One of Runeberg’s poems provides the lyrics to Maamme-laulu, the Finnish national anthem.

Equally famous to Mr. Runeberg himself is the cake, Runebergin torttu. This cake is eaten only once a year, from January until 5th of February (=Mr. Runeberg’s birthday).

Legend says that one day Mr. Runeberg had a sweet tooth and craved anything sugary, but there was almost nothing in the cupboards – so Runeberg’s wife Fredrika made this delicious cake out of things that she could find; out of flour, breadcrumbs, biscuits and almonds. She splashed the cake with a little bit of alcohol, and decorated it with jam and icing. Runeberg’s cake recipe can be found in Fredrika’s original recipe book from 1850’s (can you believe that this cake is more than 160 years old – it’s crazy!). But even though it is thought that Runeberg’s wife Fredrika is the original inventor of this cake, it looks like Fredrika created this cake modifying an earlier recipe by a famous baker called Lars Asterius from the town of Porvoo.

 

Runeberg’s Cake (makes about 10 servings)

 

Ingredients
200 g butter (soft but not melted)
200 ml sugar
2 eggs
200 ml plain flour
200 ml ginger bread cookies crushed
100 ml crushed almonds
1.5 teaspoons baking powder
half a teaspoon cardamom
Rum, apple juice
Paper Muffin cups. Try to find the tallest ones possible.

Topping
Raspberry jam
Icing sugar

Method

  1. Crush enough ginger bread cookies to make 200 ml of breadcrumbs. Crush enough almonds to make 100 ml of almond crumbs.
  2. Whisk butter and sugar until they make nice foam. Add eggs little by little while continuing to whisk. (picture 2)
  3. Mix all dry ingredients together (flour, ginger bread cookie crumbs, almonds, baking powder and cardamom). (picture 3).
  4. Add the dry ingredients to the butter-sugar-egg mix. Mix well. Add a dash of rum at this point if the dough feels dry. (picture 4)
  5. Add the dough in muffin cups. If you want you can add a little bit of jam in the middle of the cake (this step is optional – the jam gives moisture and a nice surprise, but please note that the jam tends to drop at the bottom while baking in the oven. So this is your preference – add the jam if you like moisture and some additional sweetness, but if you want to keep the cake firm, better leave it out).
  6. Bake for about 15 minutes at a preheated oven of 200°C.
  7. Cool the cakes down properly. Take off the muffin paper cup if you can. Then moisten the cakes with apple juice (about one teaspoon per cake, spread evenly.) Add raspberry jam in the middle and an icing ring. Enjoy! (picture 5).

Sources: Wikipedia, http://tourism.porvoo.fi/