ヘルヤ バニーマグコレクションについて The Helja Bunny Mug Cup Collection




フィンランドの陶芸家また作家のヘルヤ・リウッコ−スンドストロムはそのカラフルなウォールプレートとPupu(バニー・うさぎ)のモチーフで有名です。彼女はすでに70歳を超えていますが、未だに新しい製品をデザインし続けています。ヘルヤはその長いキャリアと功績のためフィンランドデザインのレジェンドとなっており、最近では彼女の50年にわたるキャリアが祝われました。彼女のデザイナー紹介記事はこちらから

コレクター達は1990年代から2011年まで発売された彼女のバニーマグを集めており、2011年にリリースされたデザイン(ニッティングバニー・ダンシングバニー・ノルディックバニー)が最後のコレクションになるとされています。

ヘルヤのバニーコレクションについて正確な情報を集めるのは難しくなっています。というのもバニーマグの正式なカタログは存在せず、アラビアのヘルヤ・リウッコ−スンドストロムコレクターズカタログがありますが、これには18のマグしかなく、多くが掲載されていないためです。(掲載されていないマグは殆どがコラボレーションマグや特定のグループ等への限定マグであったため、カタログには掲載されていないようです)

アラビアのオフィシャルカタログには18種類のバニーマグがあると記載されていますが、フィンランドのマグコレクターは非公式に28種類のマグがあるとリストを作っています。その28種類の中には子供用の1996年に発売されたダイニングセット、Stroling/ストローリング(パイヴァカヴェリラ/Paivakavelylla)とHere we come, world (マトカラ/Matkalla maailmalle)が含まれています。

その中でもスペシャルコラボレーションマグはとても人気が出てきており、SSKKブッククラブ(Suuri Suomalainen Kirjakerho)向けのデザインである下記のモデルはフィンランドでも非常に人気が高いです。

a) リーディングバニー
b) ストーリーテリング
c)ライブラリー  (2010)
d) ポエトリーリーディング (2009 / 2011)

2007年にはショッピングバニーが発売されます。これは Halpa-Halli(フィンランドの大手小売りチェーン)とのコラボレーションでHalpa-Halliの40周年を祝ってできたモデルです。

またレアなシリーズとしてLohduttajat (Comforters)があります。これは子供の心理学研究機関(Lastenpsykiatrian tutkimussaatio)向けに2000年に作られたモデルです。

Ostoksilla SIWA マグはスーパーマーケットチェーンのSIWAの従業員向け限定として作られたマグです。(正式な発売時期は見つかりませんでした)

最近のインタビューでヘルヤは彼女の作品を代表するモチーフであるうさぎを選んだ理由を次のように話しています。

「うさぎを選んだり理由はうまく説明できませんが、うさぎはすべての人が親しみやすく、なんとなく私にとってフィンランド人である事を表現しているように見えるからです。例えば私の作品ではバニーたちはサウナにいったり、ダンスをしたり、パーティーをします。そしてバニーは色々な事を成し遂げることができるのです。」

ヘルヤのバニーたちはマグだけに描かれていません、バニーは他のセラミック製品やウォールプレートに描かれたり、フィギュアになっています。またそれらはヘルヤがイラストとストーリを書く絵本の中にも出てきます。

彼女の生涯を通して、この才能あふれ、忙しいバニーたちはクッキングをしたり、ガーデニングをしたり、音楽を楽しんだり、患者の世話をしたり!、スポーツ、パソコンをしたりします。2009年にはアラビアはサイクリングバニーとガーデニングバニーの季節限定マグを発売します。

このインスピレーションについてヘルヤはこのように述べています。「サイクリングシリーズではバニーたちは春の小旅行に出かけています、ベビーのバニーは自転車の後ろに座り、大きなこどもバニーは自分たちの自転車で先頭を進んでいます。サイクリングバニーは家族で楽しい事を共有する事なのです」

ガーデングについてはヘルヤ自身がガーデナーであるため、そのマグを通して自然の偉大さと植物や花達の成長を見守る事の素晴らしさを表したいと説明しています。彼女は感情的な幸せとガーデニングは深いコネクションがあると考えており、このようなことからヘルヤのデザイン哲学を推測する事ができます。ヘルヤはストーリーテラーであり、そのイラストレーションは背景にある多くのストーリーを物語っているのです。

Final Bunny Mug Colllage new font

Helja Liukko-Sundstrom is a Finnish ceramics artist and a writer – she is currently more than 70 years old, but can you believe that she is still working and designing new products! Helja Liukko-Sundstrom has an astonishing career and she is a true legend in Finnish design. She built her life career at Arabia, and she recently celebrated her 50- yearlong career as an artist. Please read more about Helja here.

Helja is known for her colorful wall plates as well as her Pupu (bunny) motifs. Helja collectors are currently obsessing over the Pupu (Bunny) mug cups that were manufactured from the mid 1990s until 2011 – at least it looks like the 2011 mugs (Knitting bunnies, Dancing bunnies and Nordic walking) are the last ones of the collection.

Information on Helja’s bunny mug collection can be very difficult to obtain. There is no official catalogue where all of Helja’s bunny mugs would be mentioned. There is an official Arabia Heljä Liukko-Sundstrom Collector’s catalogue, but this catalogue shows only 18 bunny mugs and many models are missing. (I think the reason is that many of the missing models are special collaborations with other companies and organizations, and these models were offered exclusively to a certain limited group of people and not to the mass market – therefore not included in the Catalogue).

While the official Arabia Helja catalogue shows only 18 bunny mugs, the Finnish Helja bunny mug collector’s unofficial (but very comprehensive) list gives a total of 28 mugs. The number of 28 includes also the two children’s dining sets from year 1996: Paivakavelylla and Matkalla maailmalle.

The special collaboration mug cups are now becoming the most searched after bunny mugs there is. These include for example the collaboration cups made exclusively for Suuri Suomalainen Kirjakerho (SSKK) book club – the SSKK models include these four models: a) Lukijapuput (Reading bunnies), b) Satutunti (Storytelling), c) Oma kirjastoni (Library 2010), and d) Runoraati (Poetry Reading 2009, 2011).

There is also Shoppailijapuput that was made in 2007 as collaboration with Halpa-Halli, a Finnish retail store chain for the company’s 40-year anniversary, and a very rare Lohduttajat (Comforters) that was made for Lastenpsykiatrian tutkimussaatio (the Child Psychology Research Institute) in 2000. The Ostoksilla SIWA mug was made exclusively to the supermarket chain SIWA’s employees quite many years back (official production year is currently unknown to me).

In a recent interview Helja explained the reason why she chose a rabbit as such a prominent motif in her work as follows: “I can’t really explain my motifs. A rabbit is an animal that everyone is familiar with, and somehow it symbolizes being Finnish to me. In my work bunnies go to sauna, they dance and they party. I find that a bunny is an adorable achiever”, she says. Helja’s bunnies do not only appear in mug cups, but they are present in other ceramics pieces as well, such as in wall plates and as in figurines. The bunnies are also present in the children’s books that Helja has written and illustrated.

Throughout the years, Helja’s multitalented and busy bunnies have been cooking, gardening, playing music, taking care of patients, doing sports, learned to use computers and studied at school. In 2009 Arabia launched Helja’s Pyorailijapuput (Cycling) and Puutarhapuput (Gardening) seasonal mugs, and at an interview Helja explained the inspiration behind these illustrations as follows: “In Pyorailijapuput (Cycling), the whole bunny family has ventured out on a small spring trip. The baby bunny sits at the back and the bigger child bunny has already his own bicycle. Pyorailijapuput is all about sharing joyful experiences together as a family.”

About Puutarhapuput (Gardening), Helja explains that as she is a gardener herself, she wanted to illustrate the wonder of the nature and how wonderful it is to follow the plants and flowers grow. Helja explains that she finds a deep connection between gardening and emotional welfare. I think these short quotes from an interview can really tell Helja’s design philosophy: she is a storyteller, and all of her illustrations have a specific story behind them.

Sources: Avotakka (November 2010). Arabia.