ラスキアイネン Laskiainen

ラスキアイネン(Laskiainen)はフィンランドのミッドウィンターのお祝いです。もともとは宗教的な習わしを持っており、イースターの約40日前に行われる行事です。ラスキアイネンは日曜と火曜の2日間に分かれて行われ、日曜のラスキアイネンはラスキアイス スヌンタイ (Laskiaissunnuntai) 、火曜はラスキアイスティースタイ(Laskiaistiistai)と呼ばれます。

ラスキアイネンはもともと、イースターが始まるまでに行われていたファスティング(断食)のための最後のお祝いとして行われていました。もちろん現在、フィンランドの人で宗教的にファスティングを行う人は殆どいませんので、ラスキアイネンは家族に人気の楽しいアウトドアのお祭りとなっています。

ラスキアイネンが別名「真冬のスライドフェスティバル」と呼ばれるように、ラスキアイネンの習わしとして行うのは外にでて丘をソリやスキーで滑りおりる事です。この日には近所中の丘が人でいっぱいになります。

伝統的なお祭りとなっている様子をおさめた古い写真(50〜60年代)をレシピの後にのせておきます。(出典元 はMTV3.fi、フィンランドで2番目に大きなTV会社)

そしてソリで楽しんで疲れた後にはまた家の中に戻ってラスキアイネンのごちそうを頂きます。それはラスキアイスプッラと呼ばれており、甘いパンにアーモンドペースととストロベルージャムを挟んだ物です。ラスキアイスプッラは1年の中、ラスキアイネンの間だけ楽しむ事ができます。

といことで、今日はラスキアイスティースタイ(ラスキアイネンの火曜日)ですので、このラスキアイスプッラのレシピを紹介したいと思います!!

 

ラスキアイスプッラのレシピ

 

用意するもの

ミルク・・・500ml
ドライイースト・・・11グラム
砂糖・・・200ml
カルダモン(粉末)・・・テーブルスプーン1さじ
塩・・・ティースプーン2さじ
卵・・・1個
バター・・・200グラム
フラワー(薄力粉)・・・1.5リッター

ストロベリージャム
ホイップクリーム
アーモンドフレーク

Incredients copy

作り方
  1. バターをフライパンで溶かします。バターを温めすぎないようにします。
  2. ミルクを温めてイーストを入れます。砂糖、カルダモン、塩、卵1個をいれます。約1リッターの薄力粉をボウルの中にいれて最初は木のスプーン等で、その後は手で混ぜます。そこに溶けたバターを加え、残りの小麦粉を入れます。指につかなくなる位まで生地をこねます。
  3. 生地を布でくるんで暖かい場所で45分程置きます。その後生地を小さく切って丸いバンを作ります。
  4. バンをベーキングトレーに置き、布でカバーしてもう10分おきます。卵を泡立たせ、バンの上にレイヤーを付けるように広げます。そしてその上にアーモンドフレークをのせます。
  5. 200℃で8〜15分、ゴールデンブラウンになるまで焼きます。(焼き時間はバンの大きさによりますので、適宜調整してください)
  6. バンを冷ましたら半分に切ります。そしてストロベリージャムとホイップクリームを添えて、ふたをすれば出来上がりです!
Dough collage Assemble buns collage Ready to eat Lappeenranta 1960s Down the hill 1955

Laskiainen is a Finnish mid-winter celebration that has religious roots; it is celebrated about 40 days before Easter. Laskiainen is divided into two main days, Laskiaissunnuntai (Sunday) and Laskiaistiistai (Tuesday). Laskiainen used to be the last full-on celebration before the religious fasting until Easter begins – however these days Finnish people hardly do any Easter related fasting anymore. Today Laskiainen is a wild, fun outdoor festival and a particular favorite among families.

Laskiainen can be described as “mid-winter sliding festival”, and one of the most important things to do on Laskiainen is to go outdoors and ride your sled down the hill. On Laskiainen all of the neighborhood hills are fully crowded with people! Once you have exhausted your energy with sled riding, it’s time to get back indoors for a special Laskiainen treat: Laskiaispulla (a sweet bread filled with almond paste or strawberry jam). Laskiaispulla is a treat that is only enjoyed once a year, around the days leading to Laskiainen.

Today is Laskiaistiistai (Tuesday of Laskiainen), and to get into the festive mood I wanted to introduce you the recipe for Laskiaispulla.

 

Laskiaispulla

500 ml milk
11 grams dry yeast
200 ml sugar
1 tablespoon ground cardamom
2 teaspoons salt
1 egg
200 g butter
About 1,5 liters flour

Filling:
Strawberry jam
Whip cream

Topping:
Egg
Almond flakes

1. Melt the butter in a pan. Be careful not to warm up the butter too much.
2. Warm up the milk until it is slightly warmed and mix the yeast into it. Add the sugar, cardamom, salt and one egg. Add about one liter of flour into the mix in small increments, first by mixing with a wooden spoon and later on by hand. Add the melted butter and the rest of the flour into the mix. Knead the dough until it no longer sticks to your fingers.
3. Cover the dough with cloth and let rest in a warm place for about 45 minutes. Divide the dough into smaller pieces and make round buns.
4. Place the buns on baking tray, cover with cloth and let rest for additional 10 minutes. Whip the egg and spread a thin layer on top of each bun, then add a few almond flakes on top.
5. Bake in 200 degrees for about 8-15 minutes until golden brown (baking time depends on the size of your buns)
6. Once the buns have cooled down, cut the bun in half horizontally, add strawberry jam and whip cream, place the top lid on and enjoy!

Sources (old photos): mtv3.fi