ムーミンハウスについて – Muumitalo – Moominhouse

ブルーのムーミンハウスはムーミンやその友達の家であり、ムーミン谷の中でもっとも重要な建物です。ムーミンパパはその家を自分で建て、その家は暖かく、安全でムーミン谷にくる誰をもウェルカムする建物でした。

ムーミンハウス

ムーミンハウス

Tile stove

Tile stove

家自体は狭く、丸く、そしてたくさんの階がある背の高い建物でバルコニーやとんがった屋根を持っていました。ムーミンの祖先は人間の家のタイルストーブの裏に住んでいた生き物であったため、ムーミンパパは同じようにその家を少し狭くて背の高い建物にしたかったのです。このようにしてムーミンパパは彼らの起源を思い出すようにしていました。

ムーミンハウスは最初のムーミンの本、「小さなトロールと大きな洪水」(1945年)で既に描かれています。その時から現在と同じような形の建物で、2階建て、4つの部屋がありました。日当りのよいイエローの部屋・スカイブルーの部屋・ポルカドットの部屋・屋根裏のゲストルームです。

次のムーミンの本ではブルーのムーミンハウスはより高くなり、サロン(客間)やキッチン、バスルームが加わります。ムーミンの本を通して家のレイアウトはコンスタントに変わります。それはその時々によってムーミンハウスに住んでいるキャラクターが違っているためです。もちろんムーミンパパ、ママ、ムーミン、スニフ、リトルミィにとってはそこが家であり、他のキャラクター、例えばフローレンやスナフキンにとっては借りのすまいなのです。

Soderskar lighthouse

Soderskar lighthouse

Glosholm lighthouse

Glosholm lighthouse

ペッリンキ(Pellinki) にあるグロッショルムの灯台はよくトーベ・ヤンソンがムーミンハウスを描くにあたって大きなインスピレーションを与えたとされています。その灯台はまさしくムーミンハウスのように丸く、狭い形をしており、尖ったルーフを持っており、内部もムーミンハウスと同じような構造になっています。グロッショルムの灯台は1835年〜1863年まで動いており、その後は灯りは消されシンボルとして残っているだけでした。

しかしながら、グロッショルムの灯台はあまり実用的ではありませんでした、なぜなら、戦時中にはこの灯台がフィンランドを攻撃してくる戦闘機の目印となっていたからです。そのため、実際に1940年にこの灯台は爆破されてしまい、粉々になります。そしてその後、今日見られる灯台に立て直されますが、本当にトーベが参考にしたオリジナルの灯台は今は残っていません。

またフィンランドにはとても有名なミニチュアのムーミンハウスが存在します。それは1970年代にペンッティ・エイノラ、トーベ・ヤンソン、トゥーリッキによって3年間をかけて作られたムーミンハウスです。オリジナルのフレームワークはエイノラによって作られ、トーベとトゥーリッキは細かい細部を付け加えてハウスを完成させました。

このミニチュアムーミンハウスはタンペレアートミュージアムにあるムーミン谷で見る事ができます。実際のサイズのムーミンハウスはナーンタリ(Naantali)にあるムーミンワールドで見る事ができます。

Tove Jansson, Tuulikki Pietila & Pentti Einola (1979)

Tove Jansson, Tuulikki Pietila & Pentti Einola (1979)

Moominhouse at Tampere Art Museum

Moominhouse at Tampere Art Museum

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The blue Moominhouse is the most important building in Moominvalley – it is the home for the Moomin family and their friends. Moominpappa built the house with his own hands, and the building symbolizes everything that is warm, safe and welcoming in Moominvalley.

The house is narrow, round, and tall with lots of stairs, balconies and a pointed roof. Because Moomin ancestors used to live behind tile stoves in human houses, Moominpappa also wanted to build his house into a similar tall and narrow shape. This way his new house would always remind Moominpappa of his ancestors.

The Blue Moominhouse appears already in the first Moomin book, ‘The Moomins and the Great Flood’ (1945). In the first book the Moominhouse has already gotten its familiar shape, and it had two stories and four rooms: a sunny yellow room, a sky blue room, a polka dot room, and a guest room at the attic.

In the next Moomin books the blue Moominhouse gets more stories, a salon, a kitchen and a bathroom. Throughout different Moomin books, the layout and the size of the house vary – this is because the number of characters living in the house was always different and constantly evolving. The blue Moominhouse is a permanent home for Moominpappa, Moominmamma, Moomintroll, Sniff and Little My, but it is a temporary home to many other creatures as well, including Floren and Snafkin.

The Glosholm lighthouse in Pellinki archipelago is often considered to be Tove’s main source of inspiration for Moominhouse. The Glosholm lighthouse has exactly the same kind of round and narrow shape and a pointed roof as Moominhouse, and there are some similarities with the inside space organization as well. Glosholm lighthouse was in active use between 1835 until 1863, after which the light was turned off and it remained only as a symbol. Glosholm lighthouse was not very practical as it was thought to have lead enemy planes into Finland during war years–this is why in 1940 Glosholm lighthouse was blown up into pieces. Later on a new Soderskar lighthouse was build on the same island. So today, the original model for Moominhouse (the Glosholm lighthouse) no longer exists, but instead, you can spot the replacement lighthouse Soderskar on the island.

There is actually one really famous real-life miniature Moominhouse. This Moominhouse was built in the 1970s by Pentti Einola, Tove Jansson and Tuulikki Pietila over the course of more than three years. The original framework was build by Mr. Einola, and Tove and Tuulikki completed the work by adding all the little details. This real-life miniature Moominhouse can today be seen at the Moominvalley of Tampere Art Museum. A real size Moominhouse can also be visited in Moominworld in Naantali.

Sources: Karjalainen, Tuula: Tove Jansson – Tee tyota ja rakasta. HS Teema: Tove – Ihmisyyden puolustaja. Orjasaeter, Tordis: Tove Jansson – Muumilaakson luoja. www.retkipaikka.fi