スティンキー Haisuli – Stinky

スティンキーの全て

スティンキーはムーミン谷にいる小さくて茶色でけむくじゃらのキャラクター、いつもトラブルを起こしている悪者です。もちろん本当に心の底から悪いやつではなくもちろん良いところもあります。動きはとてもすばしっこいです。彼を一言で表現するのであればそれは「正直な泥棒」。オリジナルのムーミンの出版物の中でスティンキーはコミックと本の’Outo vieras Muumitalossa’ (An Unwanted Guest, 1980 = 招かれざる客の意味で正式な英語の翻訳タイトルはありません)のみに登場します。

スティンキーは欲深くて、いつも自分の事を一番に考えています。いつも彼は高価なものが欲しく盗みを働くので、ムーミン谷の他の住人達によく迷惑をかけています。元々の性格が色々な事に興味があるためにいろんな事に口を出そうとしてきます。もちろん秘密は守れません。スティンキーは他の人々をからかったりするため友達もできず、ムーミン達も出来るかぎりスティンキーと関わりを持たないようにしています。

名前がそうであるように、スティンキーは臭います。彼が野原を歩くと花達は反対の方向を向きます。先に出てきた’Outo vieras Muumitalossa’ (An Unwanted Guest, 1980)の本の中で彼の臭さはこのように表現されています。

硫黄のにおいと腐った卵が組合わさり、そこに偽りと陰謀の匂いを混ぜ合わせたにおい・・・なんてひどいんでしょう!!

スティンキーの臭いは殆どの場合、迷惑なものでしたが、時々ムーミン達はムーミン谷に好ましくないゲストが着た時に彼らを追い払うためにも使っていました。

Stinky comic stripしかしながら、なぜだかスティンキーとムーミンママには特別な関わりを持っていました。それはムーミンママがこの小さくて憐れな生き物を助けてあげないといけないと感じていたためのようでした。ムーミンママは時々、ムーミン谷の警察官がスティンキーを探しにくる時、スティンキーに隠れる場所を提供していました。さらにはムーミンママは警察官にウソをついてスティンキーをかばいます。スティンキーはいつもムーミンママにウソをつかせたり彼女の本来の性格からは反対の事をさせる難しい生き物でした。

スティンキーはムーミン谷の端にある森 – そこからロンリーマウンテンははじまる—に住んでいます。彼は木の幹の中に住んでおり、そこを離れるときも茂みの中や木や石の上で休んだりします。

‘Outo vieras Muumitalossa’ (An Unwanted Guest, 1980)の本の中でスティンキーは目立ったキャラクターとして描かれます。その本の中でスティンキーはあのブルーのムーミンハウスに真夜中忍び込み、ムーミンハウスを完全なパニックに陥れます。あのとてもひどい臭いがそこら中に蔓延し、全ての家具はスティンキーによってかじられてしまいます。(スティンキーは家具をかじることが大好き)そしてこの状況はとてもひどかったので、ムーミンハウスはもう少しで壊れてしまうところでした。しかしながら物語の最後にムーミンパパが帰宅した時、スティンキーはムーミンパパの若い時の古い友人だったことが判明するのです。

 

 

Stinky is a small, brown and hairy character of Moominvalley. He is the bad guy of Moominvalley – always causing trouble. Stinky is not thoroughly bad though – he has his sweet spots too. He can be very fast in his movements. The words that describe Stinky the best are probably “an honest thief”. In the original Moomin publications, Stinky is present only in the comic strips and in the picture book ‘Outo vieras Muumitalossa’ (An Unwanted Guest 1980, official English translation does not exist).

Stinky is greedy, and he always thinks of himself first. Because he likes expensive things and stealing, he is constantly giving a headache to the other residents of Moominvalley. Stinky is also very curious by nature, and he likes to stick his nose into everything. He cannot keep any secrets. Stinky often makes fun of others, which does not leave him many friends. Moomins and their friends mostly just want to avoid Stinky and leave him alone.

Just as the name says, Stinky actually stinks really badly. When he walks on a field, the flowers turn their heads away. In ‘Outo vieras Muumilaaksossa’ (An Unwanted Guest 1980), the smell of Stinky is described as “a combination of sulfur and rotten egg, mixed with the smell of deception and conspiracy”. Although Stinky’s smell is mostly just bothering, sometimes it can come handy too – from time to time Moomins use Stinky to drive unwanted guests away from Moominvalley.

Somehow Stinky has a special relationship with Moominmamma. It can be that Moominmamma feels sorry for Stinky, and has a special need to protect this mean little creature. Moominmamma often provides a hiding place to Stinky when the Constable of Moominvalley is looking for him. Moominmamma even lies to the Constable, just to protect him. Stinky always gets Moominmamma into difficult situations; lying gives Moominmamma a bad conscience because lying is so opposite of Moominmamma’s true nature.

Stinky lives in a forest just on the outskirts of Moominvalley where the Lonely Mountains begin. He lives inside a tree trunk, although while being away, he also likes to rest in bushes, trees or on top of stones.

In ‘Outo vieras Muumilaaksossa’ (An Unwanted Guest 1980), Stinky has a prominent role. In this book, Stinky appears as a Pirot-Stinky that sneaks into the blue Moominhouse in the middle of the night. Stinky gets Moominhouse into a total chaos – there is a terrible, sticky smell everywhere, and all of the furniture have ben eaten (Stinky loves to eat furniture). The situation is so bad that Moominhouse is almost collapsing. Little My goes down to the cellar and finds Stinky. At the end of the story when Moominpappa gets home, it appears that Stinky is actually an old friend of Moominpappa’s from his youth.

Sources: Happonen, Sirke: Muumiopas. Wikipedia.
Copyright pictures: © Moomin Characters