Jopo

Jopoというブランドを聞いた事はありますか?

伝説的なフィンランドの自転車 Jopo(ヨポ)のストーリーです。

Jopoの始まりは60年代に遡ります。エーロ・ヘルカマはある時夢を見て、どんな人でも乗れる自転車を作りたいと考えるようになりました。それは全ての年の人、子供から大人、男性・女性、またお金を持っているかいないかに関わらず・・乗る事の出来る自転車だったのです。

そして、エーロ・ヘルカマは工業デザイナーであったエーロ・リスラッキと技術者であったエルッキ・ラヒカイネンとこの新しいコンセプトの自転車の開発を始めます。この新しい自転車は 「Jopo」、Everyones Bicycle (みんなの自転車)という意味のフィンランド語、‘JOkaisen POlkupyora’ の頭文字2つをとって名付けられました。

Jopo当初は女性用の自転車と男性用の自転車の2種類しか展開がありませんでしたが、Jopoのユニークな点はそのシンプルなデザインにあり、当時からJopoは簡単に高さや形の調整が出来ました。基本的なJopoの設計構造はモーターサイクルからきており、そのカラフルなカラーと小さめなサイズのタイヤは1960年代〜70年代のフラワーパワーのフィーリングと合ったものでした。

Jopoの開発はフィンランドの交通事情がターニングポイントを迎える頃でした。1960年代までフィンランドの主な交通手段は自転車とバスのみでプライベートユースの車は稀でした。60年代にフィンランド政府が今後増えて行くであろう車とバイクのため道路とそのネットワークの整備を宣言しますが、Jopoはその流れに逆らうものでした。

Jopoのターゲットは都市部に住む人々でしたが、最初は自動車を買う余裕のない比較的年を取った人々や若者に受け入れられます。しかしそれ以上に、たとえばマリメッコのヨカポイカのシャツがそうであったように、このJopoが革命・反抗の象徴であった事が人気の要因の一つでした。またJopoのイデオロギーは車社会に反対する人の象徴であったり、それ以上にその当時の時代背景を反映した左よりのイデオロギーを持ち、社会に革命を起こそうとしていた人々のシンボルにもなっていきました。

現在オリジナルのヴィンテージJopoの自転車はコレクターの間でとても人気が出ており、その価格は非常に高いです。初代のJopoは1974年まで生産され、その次の世代はそれから25年間生産されました。

もちろん、ヴィンテージは高すぎて手が出なくなっており、2000年にJopoは60年代当時と同じ明るいカラー展開で再生産が始まりました。このリプロダクションのモデルはスカンジナビア各国でもっとも売れている自転車となっています。

Jopo logo2 Jopo riding Jopo brown isojopo Jopo logo

Have you ever heard of Jopo, the legendary Finnish bicycle that revolutionized the whole bicycle industry? Here is the story of Jopo.

Jopo dates back to the 1960s. At that time, a guy called Eero Helkama had a dream: he wanted to create a bicycle that anybody could ride – people of all ages and sizes, all female, male and children alike, and no matter how thick ones wallet was. A universal bicycle suitable for everybody! What a revolutionary idea it was!

So Eero Helkama decided to team up with industrial designer Eero Rislakki and engineer Erkki Rahikainen for extensive development work on this totally new concept. The new bicycle, the final product, was given a name ‘Jopo’, which comes from the word ‘JOkaisen POlkupyora’ or ‘Everyone’s Bicycle’.

Previously there had only been two rather boring options: a female bike and a male bike. Jopo’s uniqueness is in its simplicity – a bike that could easily be modified to suit any body shape and height. The basic construction principle of Jopo was taken from a motorcycle, and the rather small sized tires and bright colors gave it a distinctive 1960s-70s flower power feel.

The development of the new bicycle was started at a time when Finnish traffic was at a turning point. Up until 1960s, Finnish people mostly travelled by bicycles and busses –cars for private use were still rare. In the 1960s, the Finnish state started to develop the road network so that it could incorporate a drastically increased number of cars and motorcycles – a development that was so inevitable in the near future. So in an increasingly motorized world, Jopo had courage to stand up and be different – to fight the invasion of cars!

Jopo was definitely targeted more to the people in the city, and it became popular among elderly people, youngsters and people who could not afford their own car. But perhaps more importantly, Jopo became a symbol for revolution, just like Marimekko’s Jokapoika shirt was. The ideological dimensions of Jopo are indisputable – for some people, Jopo became a symbol for their protest against the invasion of cars, and for some Jopo became a symbol for revolutionizing the society in the spirit of the leftist ideology.

The original first-generation vintage Jopos are hugely popular among collectors, and in today’s Finland, the prices of vintage Jopos can be sky high. The first generation Jopos were manufactured up until 1974, after which new Jopos were not being produced for another 25 years or so.

If you can’t afford your own vintage Jopo, don’t despair. In 2000, the manufacturer decided to bring back an updated reproduction model of Jopo with equally bright 1960s inspired colors. Today this reproduction model of Jopo is the most sold bicycle model in all of Scandinavia.

Sources: Deco magazine (June, 2011). Wikipedia. www.jopobikes.com