Kasperi & Jesperi – The 1970s Flower Power Glass

1960年代も終わりを迎える頃、ヒッピーとフラワームーブメントが国際的にもファッションやデザインシーンの中で主流を占めていました。そしてあらゆるところで色々な花々にインスパイアされたデザインパターンとサイケデリックな形が出てきます。しかしながらフィンランドのガラスデザインは違う道を歩んでいました。それは業界全体にカイ・フランクによる厳格なミニマリスティックの考えが浸透し、その他のフィンランド人デザイナーもそのミニマリスティックなデザインを踏襲していたためです。

Erkkitapio Siiiroinen

Erkkitapio Siiiroinen

そんな中、エリッキタピオ・シーロイネンが現れます。彼は若く、反抗的で全てに異なったアプローチをしたいと考えていました。彼が初めてリーヒマエン・ラシのためにグラスをデザインした時はまだカイ・フランクの下で学ぶ学生でした。もちろんシーロイネンはカイ・フランクをアーティストとして尊敬していましたが、二人のデザインに対するヴィジョンは全く異なるものだったのです。

彼のリーヒマエン・ラシでの最初の年、スケッチブックにはたくさんのフラワーにインスパイアされたアメーバのような形のドローイングが描かれました。シーロイネンのデザインは非常にディテールでいくらかの人には目障りなデザインでした。またカイ・フランクの見地からすると「多くの不要なもの=Full of Necessary」だったようです。これらのスケッチは後に試作品としてつくられます。ジェスペリとカスペリです。ジェスペリはグラスの表面を小さなフラアーが覆っており、カスペリは多くの花が描かれています。

カスペリ(1970-72)はクリアー、グリーン、イエローそしてレッドのカラーで創られ、キャンドルスティックや色々なサイズの花瓶、グラス、ジャグやボウルの展開がありました。カスペリのネーミングは1歳で亡くなった彼の息子の名前から命名されています。

Kasperi adkasperi ja jesperi kuva3カスペリのもっとも有名なイメージは1970年にKaunis Koti(=Beautiful Home)マガジンに掲載された広告ではないでしょうか。この広告の中では小さな男の子、シーロイネンの息子のローペ (Roope)がカスペリの花瓶を眺めています。そしてそこには本当に小さい魚が泳いでいるのです。広告はこううたいます。”Kasperi. You can keep any kind of items in it. Even flowers”(カスペリ どんなものも入れる事ができます、もちろん花も)

もう一方のジャスペリ(1971-73)はグラス全体にアメーバのようなパターンが描かれています。そのコレクションにはタンブラー、ジャグ、プレートやボウル、クリーマー等があり、クリア、イエロー、グリーンのカラー展開がありました。

カスペリとジェスペリは1971年の春にフィンランドデザインセンターが開催した展示会で発表されます。しかしながら、フィンランド最大の新聞社ヘルシンゲン・サノマットの評論家たちにシーロイネンのデザインは良い印象を与えませんでした。

その評論家のレレビューのタイトルは「多すぎる花」そしてレビュー記事はこのように続きます。「全てのオブジェはとても装飾的でその豊富さのためその個体の形は贅沢さの中に埋もれている。例えばキャンドルスティックはその形と装飾が個を形成しておらず、見るものを不快にする。そしてこの傾向はグラス、特にフラワーパターンの装飾が脚にあるグラスでは顕著だ」

どんな批評を新聞で受けようとも、シーロイネンは気にしませんでした。そしてフィンランドの人々はその明るくエネルギーに満ちあふれたカスペリとジャスペリに魅了されて行き、両方のシリーズは商業的にもとても成功したモデルとなるのです!そして今では私たちはこのデザインから1970年代のヒッピーバイヴを感じる事できるのです.

Jesperi

Jesperi

Kasperi. sketch

Kasperi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

At the end of 1960s the hippie and the flower power movement was taking over the international fashion and design scene, and different kinds of flower inspired patterns and psychedelical shapes were popping up all over the place. Finnish glass, however, was following a different course. The whole industry was heavily influenced by the strict minimalistic principles of Kaj Franck, and virtually all Finnish designers were keeping their products as minimalistic as possible.

Then Erkkitapio Siiroinen emerged, a young rebel who decided to do everything differently. When Siiroinen first started designing glass for Riihimaen Lasi, he was still a student and studying under Kaj Franck. Even though Siiroinen respected Kaj Franck as an artist, his design vision was very different to that of his teacher’s.

So, during his first years at Riihimaen Lasi, Erkkitapio Siiroinen’s sketchbooks started to fill with flower-power inspired drawings that featured many amoeba-like shapes. Siiroinen’s designs were so full of little details (‘full of unnecessary’, as Kaj Franck would say) that for some people it could have been almost disturbing to the eye. These early sketches were then developed further into actual glass prototypes – and in the end, two new series titled ‘Jesperi’ (with small flowers covering the whole surface of the glass) and ‘Kasperi’ (with only a few large flowers) emerged.

‘Kasperi’ (1970-72) was produced in original clear, green, yellow and red coloring, and the series included candlesticks and vases of different sizes as well as drinking glasses, a jug and bowls. ‘Kasperi’ was actually named after Erkkitapio Siiroinen’s son that had died at the age of one.

Probably the most famous image of ‘Kasperi’ series is an advertisement that first appeared in the ‘Kaunis Koti’ (=Beautiful Home) magazine in year 1970. In this advertisement, a little boy (Siiroinen’s own son Roope) stares at a Kasperi vase, where there is a little (real!) fish swimming in it! The advertisement says: “Kasperi. You can keep any kind of items in it. Even flowers”.

‘Jesperi’ (1971-73), on the other hand, had the amoeba-like flower pattern covering up the whole surface of the glass. The ‘Jesperi’ collection included a tumbler, a jug, plates in three sizes, four bowls, and a sugar bowl and a creamer. The series was produced in clear, yellow and green colors.

Both Kasperi and Jesperi were introduced to the market in the spring of 1971 at an exhibition held at the Finnish Design Center. A critic from Helsingin Sanomat, Finland’s leading newspaper was not too impressed by Siiroinen’s designs. This critic titled the review as: “A Flower Too Many”. Here is a direct quote from the article: “All the objects are richly decorative, even with such abundance that the shapes of the pieces seem to be lost in the extravagance. The candlesticks, for example, bother the viewer, since the shape and the ornament do not seem to form an entity. The same is true of the glasses, especially the footed glass with floral decoration”.

But no matter how negative the art critiques were in newspapers, it did not matter one bit – Finnish public fell in love with the vibrant and energetic designs of Kasperi and Jesperi, and both series were huge commercial successes! And even today we are lucky to get to enjoy the fun, 1970s hippie vibe yet again with these boldly colored designs.

Sources: Laakso, Timo I.: Erkkitapio Siiroinen – Riihimaen Lasin nuori lupaus.