ニンニ – Ninni – Ninny

愛・信頼・希望そして一人の存在に意味がある事は私たちの生活の中でも最も重要なことだと思います。トーベ・ヤンソンのニンニ(顔の無い子供)のストーリーはムーミンの中でも一番好きな話の1つです。

ニンニが最初にムーミン話に登場するのは6つ目の本、‘Tales from Moominvalley’ (楽しいムーミン一家)の第9話にある‘The Invisible Child’ (姿の見えないお友達)でした。

imagesある日トーッティッキは悲しくて怯えている小さな女の子ニンニをムーミンハウスに連れてきます。それはトーッティッキがムーミン達が彼女を助ける事が出来ると考えたからです。ニンニが来た時、彼女の姿は全く見えませんでしたが、彼女の首から掛かっているベルの音でどこにニンニがいるか分かるのでした。

ムーミンママはそんなニンニに愛情を持って接します。それ以前、ニンニは全く愛情を持って接する事をされておらず、彼女の面倒をみていたおばさんはとても辛くニンニにあたっていたのです。この愛情の欠如がニンニの体を見えなくしてしまった原因でした。そしてムーミンたちはまたニンニを元に戻す事を決めます。

ムーミンママの努力と知恵でニンニは少しずつ彼女の体を取り戻し始めます。最初にニンニの手が現れ、足が出てきます。でもニンニが彼女のおばさんを思い出した時また手は消え始めてしまいます。そしてムーミンママの絶え間ない努力のためニンニの体が元に戻り、顔だけが見えないまでになります。ムーミンママは彼女に新しい赤いドレスを着させ、ニンニはとても喜んでドレスを着ました。新しいドレスを着た時に、なぜか首迄は全て見えるようになりますが、顔だけは見えないまま残りました。

見えると言う事は存在すると同じ事ではありませんでした。その新しいドレスを持ってもニンニは自分の思っている事や他の人に何が欲しいか伝える事はできませんでした。ニンニがムーミンやリトルミィと遊んでいるときも彼らが言う事をただ聞いていただけでした。最後にリトルミィはニンニに怒ってしまいます。「もしけんかする事が出来なかったら顔はずっとでてこないのよ!」

物語の終わりに、ムーミン一家とニンニは海に出かけます。そこでムーミンパパはいたずらでムーミンママを海に落とそうとします。そのいたずらはニンニをとても怒らせました。そして「ムーミンママを海に落とさないで!」という叫びは彼女の顔をよみがえらせたのです!。

そして最後に、たくさんの愛情とすこしの怒りがニンニを本当の自分に戻らせる事ができたのです。

たくさんの愛情を持って人に接すること、自分の存在意義を知る事、そして怒る事を含めて自分の意思を表現する事、全て今の生活にも共通する事で、文化や時代を超えてたいせつな事だと改めてニンニのストーリーから学ぶ事ができそうです。

Love, trust and hope, and having a purpose for one’s existence, are the most important things in our lives. Tove’s Jansson’s beloved story of Ninny (the Invisible Child) is one of my absolute favorite Moomin stories of all time.

Ninny first appeared in the sixth Moomin book ‘Tales from Moominvalley’ (楽しいムーミン一家), in its ninth story ‘The Invisible Child’ (第9話 姿の見えないお友達).

One day Too-Ticky brings a sad and scared little girl Ninny to Moominhouse, because Too-Ticky thinks that Moomins can help her. When Ninny arrives, you can’t see her at all, but you can only know where she is by the sound of a bell that is hung from her neck.

Moominmamma takes Ninny into her loving care. Previously Ninny had not received any love at all, because her caretaker (her aunt) was so brutally cold towards her. The lack of love from her aunt was the reason why she became invisible in the first place. The Moomins set out a goal to get Ninny visible again.

With Moominmamma’s wise comfort and encouragement, Ninny starts to show up again, little by little. First Ninny’s hands appear, then her legs. But just as Ninny is reminded of her aunt, her hands start fading again. It is with Moominmamma’s continuous encouragement that Ninny’s whole body becomes visible – with only the head missing. Moominmamma even makes Ninny a new red dress, which Ninny wears happily. With the new dress, Ninny is visible all the way up until her neck, but somehow the head just does not want to show up.

Being visible is not the same as existing. Even with the new dress, Ninny does everything that is expected of her, and more. Ninny does not know how to speak her own mind, or to let others know what she wants. Even when Ninny is playing with Moomintroll and Little My, she just follows the orders of others. Then Little My gets angry: “Listen”, says Little My to Ninny, “You will never get your face back unless you learn to fight”.

At the end of the story the whole Moomin family and Ninny are by the ocean. Moominpappa decides to play tricks and pretend to throw Moominmamma into the ocean – this pretend play suddenly gets Ninny into a deep fury. “Don’t you dare to throw Moominmamma into ocean!” she yells, and suddenly her face becomes visible! It just took a lot of love and a little bit of fury for Ninny to start really existing and to be who she truly was. “We can see her! And she is adorable”, shouts Moomintroll. And finally Ninny is complete.

Sources: Happonen, Sirke: Muumiopas. Wikipedia. Various other internet sources.
Copyright pictures: (c) Moomin Characters