Angry Birds アングリーバード

最近、i phoneのスクリーンを素早く飛んだり、レースをしたりするアングリーバードをご存知の方も多いのではないでしょうか!?これはフィンランドのオンラインゲーム会社Rovioのキャラクターで世界的に大変人気のでたゲームシリーズです。日本ではまだ爆発的な人気は出ていませんが、世界では最も成功したモバイルゲーム及びカンパニーの1つとされています。そのアングリーバードについて。

Max Payne

フィンランドのゲーム業界の発展をみてみると、最初の大きなフィンランドのゲームの成功は2001年にRemedy社が送り出したMax Payne(マックスペイン)にありました。このフィンランドのゲーム会社はMax Payne以前にもたくさんのゲームを開発していましたが、このMax Payneによってより有名となり、フィンランドのゲーム業界の国際的な認知度を挙げる事など、多くの変化をもたらします。

それまでのゲーム業界はPC向けのゲームの下請けをしていたにすぎませんでしたが、アップルが世に送り出したi phoneのため、すべてが変わって行きます。

iphoneが登場する以前にはRovio(アングリーバードを開発した会社)も同様に

Peter Vesterbacka

Peter Vesterbacka

ノキア等に、コミッションベースの大規模なPCゲームの下請けをしていました。それら大規模な開発が伴うゲームは小さなスタートアップの会社には予算・投資の関係から手が出せないものでした。しかしこのゲームの大前提がiphoneの登場により変わり、その利点の一番はRovioのような小さな会社でもゲームの開発で参入する事ができりるようななったことです。

そしてRovioはベストなタイミングでアングリーバードを発売しました。それは2009年でiphoneがグローバルに流行し始めた時期と重なります。そしてアングリーバードはiphoneユーザーの暇つぶし、、スーパーマーケットでレジに並んでいるときや電車を待っている間、、に最適なものだったのです。

アングリーバードはモバイル用ゲームで最も成功をおさめたゲームの1つです。累計では20億ダウンロード!を突破したと言われており、ダウンロードはいまだ続いています。そのゲームは典型的なカジュアルゲームでどんな人にも分かりやすいよう設計されています。(子供からおばあさんまで)そしてその操作性と楽しさからとてもアディクティブになってしまうゲームの1つです。

ストーリー・ゲームは簡単でパチンコのようなスリングショットで主人公の鳥達(いろんなキャラクターがあり、それぞれに特殊な技をもっている)を打ち、それぞれのステージでいろんなところに潜んでいる敵である豚たちに当てて倒していくゲームです。なぜ豚達を倒すのか?それは基本ストーリーでアングリーバードの大事な金の卵を盗んだのが豚達でそれを取り返すというストーリーです。そしてその豚達にもステージをクリアする毎にいろんな種類が登場します。

そしてこのスリングショットのゲームだけではなく、この特殊能力をキャラクター毎に活かしたレースゲームもあり、うちの子供の大好きなゲームの1つです。イメージとしてはマリオカートの鳥版といった感じでしょうか。とても作り込みがされているゲームで大人達でもはまってしまいます。

最近のRovioのCEOである、ピーター・ヴェステルバッカはインタビューでこう答えています。「最近とても嬉しい事はいろんな人が私のところにやってきて、自分はゲームはしないけど、アングリーバードだけはやっている!、といってくれる事だ」

アングリーバードのこのユニークな現象はゲームのみだけでなく、いわゆるメディアミックスを成功させ、おもちゃ、映画、本、そして服や飲み物まで影響を及ぼしています。そしていまではアングリーバードのテーマパークがフィンランドやその他の国々に作られています。

Angry Bird 日本サイト:http://www.angrybirds.jp/

興味を持ったらiphone、やgoogle playなどでダウンロードしてみては如何でしょうか!?

Angry Bird Characters

We all know the little Angry Birds that fly high and fast on our iPhone screens – it’s the mobile game phenomenon by the Finnish digital entertainment company, Rovio. Here is the story of Angry Birds.

Looking back at the Finnish game industry development: the first massive global Finnish success was a game called Max Payne, launched in 2001 by a company called Remedy. This Finnish company had been developing great games even before Max Payne, but with Max Payne, the opportunities really started pouring in. Max Payne changed everything for the Finnish game industry; it opened the doors for future projects and made our game developers globally acknowledged.

Previously the game companies were pretty much forced to work for big companies – games were mostly developed as huge projects for PC – mobile games were not a viable option back then. But then something remarkable happened that changed the whole game industry practically overnight: Apple released its first iPhone.

Angry Birds Land in Tampere, Finland

Angry Birds Land in Tampere, Finland

Prior to iPhone, Rovio (the inventor of Angry Birds) was also developing large-scale PC games as a commission work for big companies such as Nokia – projects that small start-up companies could not easily take on their own due to budget limitations. But with the new unforeseen features that iPhone provided, mobile game development became extremely attractive. The best part was that mobile games for the iPhone platform could be easily developed within a small budget too – a perfect situation for small startup companies.

Rovio was truly in a right place at a right time. Rovio launched Angry Birds in 2009 just when the success of iPhone had blown up globally. The new iPhone users where looking for an application where they could utilize iPhone’s new capabilities to the fullest. Angry Birds was also great in a way that it provided us with a distraction – Angry Birds helps us to ‘lose time’ while queuing at a supermarket, while waiting at the bus stop, etc…

Angry Birds is the most successful mobile phone game to date. Angry Birds has currently more than two billion downloads (and counting!), and it is the number one downloaded app of all time. Angry Birds is a typical ‘casual game’, meaning that it is an extremely easy game for anybody to play (even for kids and grandmothers). At the same time the game can be very addicting.

In a recent interview of Rovio CEO Peter Vesterbacka said: “What I love is that every day someone comes up to me and says ‘I don’t play games, but I do play Angry Birds.’” Angry Birds is a unique phenomenon also in a way that the brand has extended itself not only into games but also into toys, movies, books, clothes, foods and drinks – not the mention the Angry Birds Amusement Park and other Angry Birds-themed parks found in Finland and abroad.

Sources: Niipola, Jani: Pelisukupolvi – Suomalainen menestystarina Max Paynesta Angry Birdsiin www.rovio.com, www.edge-online.com, Wikipedia.

Copyright pictures: (c) Rovio Entertainment