ヘヴィメタが浸透する国フィンランド Heavy metal as a part of Finnish society

フィンランドは社会・文化的にヘヴィーメタルが受け入れられている国のひとつです。町中でヘヴィーメタルのスタイル、黒い服とロングヘアーを着ていても誰も訝しい目でみる事はありません。

Nummirock

Nummirock

Tuska

Tuska

ヘヴィーメタルに本来備わっているその暗くて陰鬱な雰囲気からは想像できない程、フィンランドのヘヴィメタフェスティバルはハッピーで楽しいものです。フィンランド国内でも有名なヘヴィメタフェスには次のものがあります。毎年夏にヘルシンキで開催されるトゥスカフェスティバル(Tuska Festival)、ミッドサマーに行われるロックフェスのヌッミロック (Nummirock)。そこに集まる人々はみんな楽しい雰囲気で音楽を楽しんでいます。怖く、暴力的、ネガティブなイメージは全くありません。特にフィンランドのヘヴィメタコミュニティーは他のサブカルチャー(ヒップホップ等)と比較してもとても結束が強く、長い間そのコミュニティーに居続けます。若い時だけのファンションではなく、ある程度年を重ねてもそのスタイルを貫いている人が殆どです。(実際にヘヴィメタが好きだと容姿・格好から分かる素敵なおじさんがたくさんいます)

他の国ではあまり見ることができませんが、フィンランドはヘヴィーメタルを重要な文化・芸術的価値があると正式に発表している国です。そのため、フィンランドは国としてヘヴィーメタルバンドをサポートしています(財政的にも基金が存在!なんて素晴らしいのでしょう!)フィンランドはヘヴィメタはクラシック音楽やフィンランドデザインと同じ様にその発展が助長され、同時に守られるべきだと考えています。

Hevisaurus

Hevisaurus

Metallimessu

Metallimessu

他にもこのヘヴィメタが今日のフィンランド文化にどう影響を与えているか見て取る事のできる例があります。たとえば「ヘヴィザウルス」(Hevisaurus)。このグループは子供向けのヘヴィメタバンドでコンセプトは非常に面白いです。ヘヴィザウルスのメンバーはみんな恐竜のコスチューム(かぶり物)を着てパフォーマンス、ライブをします。(名前の通り、ヘヴィーとザウルスをかけている)彼らの音楽は破壊や破滅のメッセージをヘヴィメタのリフに合わせてフィンランドの子供達に聞かせる!!というのは冗談で、ポップなヘヴィーメタルの音楽にのせて、「今日は早く寝ろよ~♫」など子供向けの歌詞を歌っています。実際にヘヴィザウルスのyou tubeビデオのリンクを貼っておきます。ほんとに歌ってる内容からコンセプトまで楽しいです。ライブの雰囲気とオーディエンスの反応で楽しさが分かると思います。ただ、曲中のブレークでもはやり「今日は楽しんでるかい?早く寝るんだぞ」とMCをしています。

他の面白い例をひとつ。フィンランドにはヘヴィーメタル教会とうものがあるのはご存知でしょうか!?本当のチャーチ(教会)です。実際にキリストへのサービスを行っており、正式なフィンランド、ルター派の教会が運営しています。なんかのジョークかと思いますが、本当です。最初のメタリメッス(ヘヴィーメタル教会の意味)は2006年ヘルシンキにある美しいテンペッリアウキオ教会で組織されました。その設立イベントは大変盛況で、1000人以上の人が集まり、全ての人が教会に入れない程でした。もちろんですが、その教会では聖書の言葉はヘヴィーなギターリフとドラムのビートに乗って聞く事ができます。

メタリメッスの運営者はこのメタリメッスはコンサートではないと強調します。それはライブやギグではなく神に仕えることや祈りを捧げることであり、実際にこれまで批判等は少ししか受けていないと述べています。実際この運営者はフィンランドのルター派の団体からルター派を世に広めたという事で表彰されたりしています。もちろんこれもYou tubeリンクを貼りましたので、みて下さい。とても面白いですよね、これならいつも眠たくなる教会での行事も楽しく行えることは間違いありません。

アンナ

 

ヘヴィザウルス / Hevisaurus コンサートの様子、最初から楽しめます。

 

メタリメッス / Metallimessu  前半は教会の代表の人の話、1:46くらいから演奏が始まります。

 

Finland is one of the very few countries where heavy metal is a part of mainstream culture. Nobody in Finland looks weirdly at metal fans with their black clothes and long hair – they are such a common sight that nobody pays attention. This is not the case elsewhere in the world – basically in any other country (with the exception of Scandinavia) heavy metal fans clearly stand out and often attract negative attention from fellow citizens.

It’s quite interesting to notice that despite the fact that heavy metal is often full of doom and gloom, Finnish heavy metal festivals are generally very happy places! Two of the most popular metal festivals in Finland include Tuska-festival (organized every summer in Helsinki), and the yearly midsummer rock festival Nummirock (organized in Kauhajoki). All festival goers are in a good mood, enjoying the atmosphere and great music. There are no negative feelings present. Metal music touches people’s hearts, and  it is nice to share the experience together with people who have similar interests. Heavy metal community can be incredibly strong, and unlike many other subcultures (such as hip hop, etc…) where members often get bored and return to the mainstream after a few years, metal dudes are likely to stay part of the community for several years if not decades.

Finland is one of the very few countries where the state officially recognizes the value and importance of heavy metal. The Finnish state officially supports (and funds) export activities of our most important metal bands – in the eyes of the Finnish state, heavy metal is as important to Finland’s culture as classical music or design are, and should therefore be protected and promoted. This is quite unheard of elsewhere in the world where heavy metal is often considered as ‘satanic’ or ‘bad’, and inferior to other art forms such as classical music or design.

There are other examples too on how heavy metal influences Finnish culture today. There is for example a children’s own heavy metal band, Hevisaurus. It’s quite a funny concept: Hevisaurus players are dinosaurs dressed up in heavy metal clothes. They play heavy metal inspired kids rock – spreading death and destruction among the Finnish youth! Just kidding! Even if the Hevisaurus band play kids metal music, they actually talk about going to bed early at night, etc…typical kids stuff. I attach a YouTube video link for a Hevisaurus performance in case you are interested to see the band in action.

Another interesting fact – did you know that in Finland you can also enjoy a heavy metal church? And that this church is actually a real service to God organized by the official Finnish Lutheran Church? Well, the first ‘Metallimessu’ (Heavy Metal Church) was organized in 2006 in the beautiful Temppelinaukio Church in Helsinki. The event was a massive success – more than 1000 people showed up and not all people could even fit into the church. In ‘Metallimessu’ you can hear God’s word included in metal music: traditional hymn lyrics are incorporated with heavy metal guitar riffs.

The organizers of ‘Metallimessu’ deeply emphasize that ‘Metallimessu’ is not a concert; it is not a spectacle, not a gig. ‘Metallimessu’ is a service for God that is meant to bring God closer to an average person. ‘Metallimessu’ has received very little critique over the years; in fact quite the opposite is true –its organizers have been receiving awards for their work in increasing  popularity of the Lutheran Church in Finland. If you are interested in ‘Metallimessu’, check out the attached YouTube clip.

Sources: Wikipedia. www.metallimessu.com