フィンランド へヴィーメタル その1 フィンランドメタルの歴史(History of Finnish Heavy Metal)

最近のフィンランドの輸出アイテムのひとつとして数えられるヘヴィーメタル。

ロックを聞く人や音楽に詳しい人であれば、年々フィンランドのヘヴィーメタルバンドが国際的に活躍してきているのを知っていると思います。いわゆる北欧メタルという流れの1つに含まれますが、フィンランドでこんなにヘヴィーメタル、この結構マニアなジャンルのバンドが現れるんでしょうか!?

まず第1回目としてフィンランドのヘヴィーメタルの歴史について書いてきたいとおもいます。

今回はロックの歴史やヘヴィーメタルの音楽的ルーツ等からではなく、社会的な側面を中心に考えてみたいと思います。

フィンランドメタルの始まりは1980年半ばに遡ります。その頃、「ヘヴィーメタル」という言葉はフィンランドの音楽メディアではあまり良くない印象がありました、それはその恐ろしい出で立ちによってバンドではなく、しばしばピエロや道化者というレッテルを貼られており、多くのバンドはその言葉に括られたくないと思っていました。

しかし、ハードロックのジャンルは社会的にも認められており、多くのバンドはハードロックバンドとして活動していました。(例えば1980年に結成された伝説的なバンド、ハノイ・ロックスなどは5年間の活動に関わらず、そのファッションや親しみやすいロックな曲がスキッド・ロウやガンズ&ローゼスなどの多くのフォロワーを生み出しました)

また、1980年代のフィンランドの音楽シーンでは多くの批評家達がフィンランドのヘヴィメタは他の国のバンドより劣っていると考えられていました。「フィンランド出身のヘヴィメタバンド=イケてない」が共通認識だったようです。当初はその怖い出で立ちがフィンランドの国民性に合っていないと考えられていました。(しかしながらそれは全く違っていた!ということが90年代以降証明されます)

また1980年代はフィンランド社会もその好景気に後押しされ、裕福な人と貧しい人の差、いわゆる格差も存在しませんでした。そのような社会状況では怒りや主張などヘヴィーメタルを後押しする環境もあまり無かったといえます。もちろん、80年代にはアイキャッチャーにあるストーン(Stone)のような人気を博すバンドも現れます(ジャンルはいわゆるスラッシュメタル)そして、その短い活動期間にも関わらず、ストーンは後の90年代のフィンランドに出てくるバンドに影響を与えました。

そして、1980年代が後半に差し掛かった時、ヘヴィーメタルが国際的にもブームになり、アメリカのAnthrax(メタリカ、メガデス、スラッシュと並んでスラッシュメタルのBig4と呼ばれた)のようなバンドが頭角を表してきます。そしてその音楽シーンの流れの中でヘヴィメタファッションやヘアスタイルはそのままフィンランドの若者のブームとなります。そしてこれらの流れはフィンランド社会でもヘヴィーメタルが許容される後押しとなります。

そこから数年が過ぎた1990年代の始めからフィンランドのヘヴィメタの黄金期は始まり、多くのバンドが現れてきます。当時に世界的な経済も停滞しており、フィンランドも同様でした。そして社会的にはこれらの雰囲気がヘヴィメタを後押しした理由の1つと考えられています。

有名なフィンランドのヘヴィメタバンドには・・・HIM、ネガティブ、チルドレン・オブ・ボドム、69 Eyes、ナイトウィッシュ、アポカリプティカ、などが挙げられます。彼らは1つのヘヴィメタルというジャンルに括る事のできない色々なジャンルを生み出していきます。

次回のブログではなぜフィンランドでメタルが支持されるのか、またどのバンドが人気があるか?ブログしたいと思います。(シリーズのブログになりそうです)

Amorphis

Amorphis アモルフィス
1990年に結成されたフィンランドのメロディックデスメタルバンド。当初はメロディックデスメタルを演奏していたが、次第にフィンランドの民族音楽を取り入れ、哀愁溢れる独特のヘヴィメタルを完成させる。

 

Over the years Finland has become a true power in the international heavy metal music scene. Let’s look back at the history of Finnish heavy metal, and how this music genre became such an international superpower.

The true beginning of the Finnish heavy metal music can be dated back to the middle of 1980s. There had been some smaller heavy metal groups before, but these groups were very marginal. In the early 1980s, the term “heavy metal” had a bad image in the Finnish music media – heavy metal bands, being theatrical as they were, were often considered as ‘clowns’ – not something that many bands wanted to be associated with. Instead, many groups publicly labeled themselves as “hard rock” (“hard rock” was a much more socially accepted music genre at that time) rather than labeling themselves as “heavy metal”.

Official Finnish music critiques in the 1980s also used to think that our own heavy bands were inferior and of less quality than international bands – “If it’s made in Finland, it can’t be good”, was the general approach. Ironically, during these early stages, heavy metal was generally not considered “suitable for the Finnish mentality” – not by the official music critiques nor the general public – maybe it was the dramatic theatrical part that felt uncomfortable. Well, the history has proven itself wrong..:)

It was not only the press (newspapers and music magazines) that weren’t convinced; ironically it was also the Finnish public that had hard time embracing heavy metal. Maybe it was the general good conditions of the 1980s – Finland was enjoying economic boom and gaps between the rich and the poor were not that wide. There was not that much reason for angst, and not much room for heavy metal to grow.

Everything changed, however, towards the end of 1980s. At the end of 1980s, international music scene became dominated by massively popular heavy metal bands such as Anthrax. Finland followed suit, and suddenly heavy metal fashion (clothes, hairstyle, etc…) had become the number one youth fashion trend in our country. The heavy metal fashion dominance was of course combined with a newly found momentum and general acceptance of heavy metal among the mainstream audience.

A few more years passed, and finally from the beginning of 1990s, the Golden Age of Finnish heavy metal started! The age was ripe, and new bands were appearing with a fast rate. In the beginning of 1990s, world economy was in a state of depression, and this melancholic atmosphere further contributed to the spreading of heavy metal, both in Finland and abroad.

The most internationally known Finnish heavy metal bands include HIM and Negative (love metal), Children of Bodom, 69 Eyes, Nightwish and Apocalyptica, just to mention a few. Finnish heavy metal bands cannot however be labeled under just one name – there are so many varieties. In my next blog posts I plan investigate why heavy metal is so popular in Finland, and also to take a closer look at most successful Finnish heavy metal bands of all time.

Sources: Gullsten, Tomi: Metallille menetetyt : suomalainen hevimusiikki Soundissa, Rumbassa ja Suosikissa 1980-luvulla (Pro gradu-tyo). Nikula, JOne: Rauta-aika: suomimetallin historia 1988-2002.

Copyright pictures: (c) www.imperiumi.net

Anthrax (from USA)

Anthrax (from USA)

Hanoi Rocks

Hanoi Rocks

HIM

HIM

Negative

Negative

Children of Bodom

Children of Bodom

69 Eyes

69 Eyes

Nightwish

Nightwish

Apocalyptica

Apocalyptica