Why Finns love heavy metal?

「なんでヘヴィメタはフィンランドで人気があるの?」

これは日本に来て聞かれる質問のひとつですが、これまでなぜかとは考えた事はありませんでした。調べてみたので、私なりの考えも含めてブログしてみたいと思います!

800_lippuja_torillaもちろん最初に思いつくのはフィンランドや北欧のその暗いて寒い気候です。殆どの人はフィンランド人はさぞかし長くて暗い冬を耐え忍んでいるんだろうと思うらしいのですが、私達の心にはこれらの天気は故郷の天気として受け入れ、好きだ思う気持ちがあります。(特に私はオウルというフィンランドでも北部の出身なので、この思いが強いです)もちろん、北欧の家具デザインが発達した理由の1つとして長い冬のためどうして室内で快適に気持ちよく過ごすが考えるがその背景にあったように、フィンランドの冬がミュージシャンや他のアーティストに影響を与えた事は少なくないと思います。そしてこの暗くて寒いイメージがヘヴィメタを受け入れる事の1つの理由ではないかと思います。

また、ほかの文献や本を読んでみるとフィンランドのカレヴァラもヘヴィメタを受け入れる背景のひとつに挙げられています。カレヴァラとは壮大な物語の民族叙事詩です。フィンランドヘヴィーメタルには神話的な要素がスタイル、音楽に取り込まれており、重要な部分を担っています。そのようなことから国民全体にあるカレヴァラのバックグラウンドがヘヴィーメタルというジャンルを受け入れる事のできる理由とされています。

Kantele

Kantele

Amorphis

Amorphis

実際にこのカレヴァラとの関連性をみるには、たとえばアモルフィス(Amorphis)の例があります。かれらは「My Kantele」という曲を作っており、バンドのキーボード奏者のサンテリ・カリオは「特にカレヴァラのクレルボはとても考え深い男で自分たちのようなヘヴィーメタルを演奏する精神・考え方にぴったり合っている」などと述べています。(*Kantele / カンテレとはフィンランドの民族弦楽器でフィンランド国民の象徴としてみられています)

そして2つめにフィンランドのヘヴィメタはカレヴァラだけではなく、クラシック音楽にもルーツを持っています。クラッシックとヘヴィーメタルの分野は全く異なっているのになんで共通点があるのか?ひとつはその音楽にテクニカルな要素がある事ではないでしょうか、もしスキルが無ければクラシックのバイオリンとヘヴィメタの速いギターリフは弾く事ができません。その音楽のテクニカルな部分と知的な部分は多くの場合リスナーに音楽を聞くため集中力を必要とさせる、つまりそれらの音楽を受け入れる背景がリスナーにないと人気がでたり、簡単に受け入れられる事にはならないのです。そしてまた、アメリカのロックがブルースをベースに成り立ったのに対して、フィンランドにはそのブルースのアイデアが伝統的になく、クラシックの要素がよりベースになっていることも挙げられます。

フィンランドは才能のあるミュージシャンを育てるシステムが確立されています。世界的に有名な音楽学校であるシベリウスアカデミーだけではなく、国がサポートしているオープンカレッジ(フィンランド語:Kansalaisopisto )のシステムがあります。これにより、たとえばラップランドの田舎に住んでいる人でさえも、きちんとした音楽の教育を受ける事ができるのです。そして今日のように偉大なヘヴィメタバンドが生まれる基盤となっています。

もし、アモルフィスの映像をみて興味を持った人は是非、今月末5月25日に開かれるフィンランドのメタルバンドが出演するLoud & Metal attack (http://www.creativeman.co.jp/artist/2013/05loudattack/)を先入観無しに見に行ったりしてみてはどうでしょうか??

それでは次回のブログまでKeep Rockin’ !!

アンナ
アモルフィス:My Kantele オフィシャルクリップ

 

Why heavy metal is so popular in Finland? People often ask me this question in Japan. It’s of course impossible to give a straightforward answer, but I thought I should take up the challenge and explore the topic further. Here is what I found out.

The first thing that comes to mind is of course our cold and dark climate. Most foreigners assume that we Finns suffer because of the weather, but actually I think that deep down we do love our dark and cold winters. I think that a certain kind poetry can be found in the dark (please note that I originally come from Northern Finland, so I am used to the Finnish winters since I was born.) Finnish wintertime can indeed can very inspiring for musicians and other artists alike.

I believe that if we didn’t have winters, Finnish people would suffer – we just can’t be in a “happy-happy summer” mood all the time. It’s not our nature. We like dark and cold. That’s why we as a nation love heavy metal too.

Many sources also credit Kalevala as a reason for heavy metal’s popularity in our country. It is true that many similarities can be found in heavy metal and Kalevala – both portray magnificent, epic tales. Heavy metal is a music genre where mythology plays a particularly important role, and therefore the ancient tales of Kalevala can be deeply inspiring to the metal musicians of our country.

The most evident connection between Finnish heavy metal and Kalevala can be found in band ‘Amorphis’, who has released songs with titles such as ‘My Kantele’. The keyboard player of Amorphis Santeri Kallio has said: “Kullervo of Kalevala was a rather thoughtful fellow – so Kalevala suits perfectly to the mindset of heavy metal dudes like us”.

The lyrics of ‘My Kantele’ by Amorphis have been taken directly from the English translation of ‘Kanteletar’. In this song, Kantele was portrayed as an instrument for sorrow and destruction, which can therefore be understood as a clear reference to death metal. Amorphis with its Kalevala-themed songs and albums was hugely popular particularly in Central Europe, where the group sold hundreds of thousands of records. I’ll attach a YouTube link of the song ‘My Kantele’ by Amorphis is you are interested in investigating further.

Finnish heavy metal does not have roots only in Kalevala, but also in classical music. How is it then possible that these two music genres that on the surface look so different, are in fact so much alike? Both genres require technically very strong musicians – if you are not technically good, forget about playing a classical violin or the fast speed guitar riffs of heavy metal. Both genres often use the higher note spectrum. Both heavy metal and classical music can be also considered quite difficult to listen –they both have many technical layers and intellectual threads so that the listener usually needs to concentrate in order to feel it or to understand it.

Finland has a great system for producing talented musicians – not only do we have world-class music universities, such as Sibelius Academy, but we also have a state supported Kansalaisopisto system (an open college system) with various music classes available in practically every village. This has made it possible that people living even in the smallest villages of Lapland have been able to acquire themselves a good basic music education – and so is a nation of heavy metal bands born.

As a nation, we Finnish also share a deep, dark sense of humor. And let’s be honest – if you are a heavy metal fan, you better have a pretty twisted sense of humor too! And I think there is always a certain kind of honesty and courage found in metal music that is also very typical for us Finns as a nation – heavy metal fans just do things differently. We Finnish are brought up this way – just be who you are, don’t pretend to be anything you are not! And stay strong and keep rocking!

Anna

Sources: Wikipedia. Various other internet sources.