モラン – Morko – Groke

モラン(英語:グローク/Groke)について

 

モラン(英語:グローク/Groke)は孤独と冷たさの象徴です。モランが歩いた後は凍り、花々は息絶え、木々の葉は落ちてしまいます。モランが一度でも座った場所は何も生えなくなるのです。モランの姿形はとても恐ろしく彼女の体は大きな塊で長いケープもしくは緩い皮で覆われています。(本当は何で作られているのか明らかになっていません)そこからはモランの足をみることはできません。

モランは大きな鼻をもっておりとても輝く黄色い目とシャープな歯を持っていて、ムーミン谷の端にあるロンリーマウンテンに住んでいます。暗闇に住んで居ますが、常にランプの灯りに魅了され、もしランプが灯されていることがあればモランは近づいてくるのです。

Groke 'Who will comfort Toffle?'

Groke ‘Who will comfort Toffle?’

オリジナルのムーミンの本の中でモランの性格は少し異なります。「楽しいムーミン一家」ではモランはとても邪悪で短い言葉を発します。しかしその後の本では話すことをしなくなり、恐ろしい声でモゴモゴと何かを発するだけになります。

ムーミンママはモランについて話すべきではないと思っています。それはそうすることでモランはますます大きくなってあなたの後を追ってくるからです。モランのことを憐れに思っても同じです。ニョロニョロと同じようにムーミン谷の住人はモランの住んでいる世界は分からないのです。そして少なくともニョロニョロには仲間がいますが、モランには彼女の生活をシェアできる仲間は存在しません。

しかし、「ムーミンパパ海へ行く」の本の中ではトーベ・ヤンソンはモランをより近づき易いキャラクターとして描いています。この本の中でムーミンママはモランは危険ではなく、ただ他の人を怖がらせているだけだと説明します。もちろんモランは他の誰をもを嫌っていますが、他の人を傷つけようとはしていません。ただ彼女の永久の寒さによって、永遠に一人ぼっちで寂しくあるよう運命付けられているのです。そしてのこの本の終わりにムーミンの優しさによってモランはすこしだけ暖かくなります。最後に分かったのはモランはただ友人が必要だったことです。

オリジナルではトーベ・ヤンソンはモランのキャラクターを—その風貌は非常に男性的ですが—女性として描きましす。しかしトーベは一度、男のモランがいたと述べています。この女のモランと男のモランが出会った時、彼らはお互いを温め合いました。それによって2つのモランはたくさんのベイビーモランを作るのです!”モリテール/Moriter”とトーベが呼ぶその小さなモランたちはとても暖かかったのでした。

この二人のモランと小さなモラン達のストーリーはオリジナルのムーミンの本には登場しませんが、トーベが彼女の友人に書いた手紙の中にのみ存在した話でした。

モランはしばしば私達の中に皆が持っている暗い考えと記憶を表すものとされます。憂鬱と悲しい記憶は私達の気分を沈め、モランのように心を寒くさせます。このモランは気をつけないと、、ムーミンママが一度言っていたように、どんどん大きくなってしまいます。ではなんでそんなに大きくなってしまうのでしょう、それは他の人から気づかれない事、理解されない事、そして十分に愛されない事が理由かもしれません。

 

[inarticle]

 

 

Groke 'Moominpapa at Sea'

Groke ‘Moominpappa at Sea’

Groke is the ultimate symbol for loneliness and coldness. When Groke walks, the ground under her freezes, flowers dies and trees lose their leaves. Nothing will ever grow in a place where Groke has once sat. Groke’s appearance is scary; her body is like a big lump that is covered either by a long cape or loose skin (which one, we are not totally sure). You can’t see Groke’s legs at all.

Groke has a wide nose, piercingly shiny, yellow eyes and a sharp set of teeth, and she lives in the Lonely Mountains on the outskirts of Moominvalley. Groke lives in the darkness, but is endlessly fascinated by lamps. Anytime there is a lamp burning, Groke is coming closer.

In the original Moomin books, Groke’s character changes a little. In ‘Finn Family Moomintroll’, Groke is thoroughly evil and talks in short sentences. In the latter books, Groke loses her ability to talk, and just mumbles in a horrifying voice.

Moominmamma thinks that you should not really talk about Groke at all – otherwise Groke just grows bigger in size and starts following you around. The same happens if one starts feeling sorry for Groke. Just like with the Hattifatteners, the other residents of Moominvalley can’t fully understand the world in which Groke lives – Groke is always an outsider no matter what. But at least Hattifatteners have each other’s; Groke does not have anyone to share her life with.

In the book ‘Moominpappa at Sea’, Tove Jansson makes Groke a bit more approachable. In this book, Moominmamma explains that Groke is actually not dangerous, only horrifying. Even though Groke does not like anybody, she does not wish harm to others. Because of her eternal coldness, Groke is doomed to be forever lonely. At the end of the book ‘Moominpappa at Sea’, Groke warms up a little because of the kindness of Moomintroll. Finally it becomes known that Groke was just someone who needed a friend.

Originally Tove Jansson created Groke as a female character, even though the behavior and appearance are more male-like. However, once Tove Jansson has said that there exists a certain ‘herr-marra’, a male Groke. So when the female Groke and male Groke meet, they warm up together. As a consequence the female Groke and the male Groke produce a bunch of small baby Grokes, ‘moriter’ as Tove calls them, and the babies are totally warm. (This story of the male Groke and the Groke-babies cannot be found in the original Moomin books – it is present in one of the original letters that Tove sent to one of her readers).

Groke is often thought to be a symbol for the internal dark thoughts and memories that we all have inside us. Depressing and sad memories pull us down and make us feel cold inside, just like Groke. The ‘grokes’ inside of us often grow bigger and haunt us if we are not careful. How come these ‘grokes’ then develop? There can be many reasons – it can be because we haven’t been noticed or understood or loved by others enough.

Sources: Happonen, Sirke: Muumiopas, Wikipedia
Copyright pictures: © Moomin Characters

[inarticle]