Juhannus – ミッドサマー フェスティバル – Midsummer Festival

昨日のブログをみてくれた人は知っているかと思いますが、ミッドサマーのフェスティバルを意味するユハンヌス(Juhannus)の週末ですが、なんとフィンランドでは雪が降っていました!変な気候が続いているみたいですが、今日はユハンヌスの伝統についてブログしたいと思います。

ユハンヌスは太陽が一日中沈まない白夜を祝うことです。フィンランドでは毎年太陽が最も高い位置にあるとき、正式には6月の20日〜26日の土曜にこのフェスティバルを行います。(今年は今週末)

Juhannustaikaユハンヌスはマジックの連続です。伝統的にフィンランド人は町を抜け出し、湖の側にあるコテージに行き、泳いだり、サウナに入ったり、釣りやバーベキュー、ビールを飲んで楽しみます!そしてユナンヌスコッコ(Juhannuskokko)と呼ばれるたき火をして悪いスピリットを取り除きます。実際に大昔のフィンランド人は太陽がその一番の高さにある時、悪いスピリットは落ち着かなくなるため、その時を見計らって火を照らし騒ぐ事で悪いスピリットを追いやる事ができると考えていました。これが元になりユハンヌスはとても騒がしいお祭りとなったといわれています。

ユハンヌス(ミッドサマー)の夜には人々はいろんな呪文を使って将来の穀物はどれくらいよく収穫できるか、この人の将来のパートナー(お嫁)はどんな顔をしているのかなど見ようとしていました。そして有名なミッドサマーの呪文(Juhannustaikaと呼ばれる)の1つには、7つの異なった花を集めて、枕の下に置いて寝ると夢の中で将来のパートナーの顔を見る事ができるといわれるものがあります。また、他の有名な呪文には井戸の中や湖・池の水面を洋服を全くつけないで覗いてみるとそこには将来のパートナーの顔が移るというものです。女性の場合には左足に靴下を逆さまにして履いて寝ると将来の夫の顔を寝ている間に見るという習わしもあるのです。

それではみなさん、Happy Juhannus!!

 

Juhannuskokko - Midsummer Bonfire

Juhannuskokko – Midsummer Bonfire

Some of you may have noticed my previous blog post about the weather conditions in Finland right now (it’s snowing!), even though it’s Juhannus (Midsummer Festival) tomorrow! All in all, I thought that I should write a post about our Juhannus traditions in general, things that we normally do on this special day.

Juhannus is a celebration for white nights or nightless nights, when the sun does not set at all for the whole night. We celebrate it every year when the sun is at its highest point – officially Juhannus falls on a Saturday between 20 June to 26 June (so this year Juhannus is this coming weekend).

Juhannus is full of magic! Traditionally we Finns escape from cities to the country, to our summer cottages by a lake. And we swim, go to sauna, do some fishing and barbequing, and drink some beer! And we lit bonfires, Juhannuskokko’s, to keep the bad spirits away. Ancients Finns used to believe that when sun was at it’s highest, the spirits started getting restless, and therefore it was important to light fires and to make a lot of noise to keep the bad spirits away. That’s why Juhannus is typically a very loud festival.

At Juhannus (Midsummer) night, Finns do all kinds of spells to see the how successful the future crop will be or to see the face of one’s future spouse. One of the most famous Juhannustaika (Midsummer Spell) is to collect seven different flowers and to place them under one’s pillow. Then the face of one’s future fiancée will appear in a dream. Another famous spell is to look down on a well, or the surface of a lake or a pond (preferably without any clothes on), and in the reflection you will see your future fiancee’s face. Ladies can also see one’s future husband’s face by wearing a sock on one’s left leg upside down while sleeping.

Happy Juhannus, everybody!

Sources: Wikipedia, various other Internet sources
Pictures: Wikipedia Creative Commons, Tunturisusi