スポンサー

メソメソ- Surku – Sorry-oo




メソメソ(Soory-oo / Surku) はムーミン谷の冬(1958)にすこしだけ登場する茶色の小さい犬、赤いケープを安全ピンでとめて纏い、赤いハットを被っています。メソメソははとても寂しく、孤独な生き物で、とても心配性で臆病なため顔はしわしわになっています。普段はトゥーティッキと一緒に住んでいて昼は彼女の家のクローゼットで眠り、夜になると山へ出かけていきます。

毎夜メソメオは山にのぼりオオカミのように遠吠えをします。そしてメソメソの本当の願いは大きくて強いオオカミになることで、またオオカミの群れの一員になりたいと思っています。オオカミになりたいと強く憧れていますが、同時にオオカミをとても恐れていました。

メソメソの願いとは逆にオオカミたちは群れに受け入れようとせず、変わりに食べてしまおうとしました。「そうなら食べてしまっていい、僕のはどうしようもないから」とメソメソはオオカミにいいます。しかしヘムレンが角を吹きオオカミたちが恐れて逃げていった事でメソメソは助けられます。そして最後にメソメソは自分の夢を諦め普通の犬として生きて行く事にしたのです。

オリジナルコミックシリーズのKuvitteluleikki(1956年出版)でメソメソは自分の最大の秘密を隠そうと一生懸命でした。その秘密とはメソメソは猫が大好き!だったのです。彼は長い間この秘密を隠し続けなければいけませんでしたが、最後にこの秘密をムーミンママニ打ち明けます。そうするとムーミンママは彼のために一緒に遊ぶ猫を見つけてくれます。(しかし、その猫は本当は犬でムーミンママが猫のように見せかけ犬を変装させていました)ただ、メソメソはこの新しい仲間が出来てとてもハッピーでした。

 

Sorry-oo is a small, thin, brown-colored dog of Moominvalley that appears for instance in Moominland Midwinter (ムーミン谷の冬,1958). Sorry-oo wears a red cape that is attached with a safety pin and a red hat. Sorry-oo is a sorrow-minded, lonely creature, and because he worries so much、his face is filled with wrinkles. Sorry-oo lives together with Too-Ticky – during daytime, Sorry-oo stays in Too-Ticky’s closet and sleeps, and during nighttime he heads off to the mountains.

Every night Sorry-oo climbs up a mountain and howls like a wolf. The deepest wish of Sorry-oo is to be a big and strong wolf himself, and to be a part of the wolf herd. Sorry-oo is going through a certain kind of identity crises, because even if he wants to be a wolf he is also afraid of them.

But to the deepest regret of Sorry-oo, the wolves don’t want to accept him and just want to eat him. “Well, in that case, please just eat me, there is not much I can do about it”, says Sorry-oo to the wolves. Hemulen comes to rescue Sorry-oo by touting a horn, and the wolves get scared and run away. In the end Sorry-oo gives up his dream of becoming a wolf and feels new kind of freedom to be just a regular dog.

In one of the original comic strips Kuvitteluleikki (published 1956), Sorry-oo tries very hard not to spill out his deepest secret – Sorry-oo loves cats! Sorry-oo is miserable because he has to hide his love for cats, but finally Sorry-oo tells his secret to Moominmamma. Moominmamma gets Sorry-oo a ‘cat’ to play with – a creature that is actually a dog that Moominmamma disguised as a cat. And so Sorry-oo becomes happy!

Sources: Happonen, Sirke: Muumiopas. Wikipedia.
Copyright pictures: © Moomin Characters.

Surku2 Surku3

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です